ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2021/2/28  22:03 | 投稿者: Author

まず、雅(が)王女、エイ異人(えいいじん)の兄、子ケイ(しけい)に、范雎の娘の偽物と、ばれてます

エイ異人(えいいじん)お衣装が、黒に。

ようやく秦(しん)にたどり着いたエイ異人(えいいじん)と、呂不韋(りょふい)。長いことエイ異人は、趙(ちょう)で人質だった訳ですから、門番とて、エイ異人(えいいじん)のお顔等、わかりませんね。偽物と疑われます。更に兄’子ケイ(しけい)にまでも。そこに、夏姫がやってきて、事なきを得るエイ異人(えいいじん)。

エイ異人(えいいじん)の父安国君(あんこくくん)の正室、華陽(かよう)夫人に、ご挨拶をするエイ異人(えいいじん)。エイ異人は、華陽(かよう)夫人の、出身国の楚の文字を取り「子楚(しそ)」と、改名すると話し、華陽(かよう)夫人を、大いに喜ばせます。

その後、ばったりエイ異人(えいいじん)と会う、悪運強しの雅(が)王女。エイ異人(えいいじん)は、何も、言いませんでしたけど?

趙(ちょう)では・・・「小春(しょうしゅん)を、返せ」と、逸王子。死んだはずの小春が、馬車から降りて、姿を現します。李皓ラン(りこうらん)もでてきて、逸王子に諦めるよう説得。逸王子は、諦めて、引き上げます。護衛をしてた高昊陽は、毒矢に倒れ亡くなります。まさか、亡くなるとは。

虞平のばか息子、虞浩は、李皓ラン(りこうらん)に仕返しするのを、待っていたようです。虞浩は、民衆を煽り、李皓ラン(りこうらん)に、危害を加えます。しかし、民衆が李皓ラン(りこうらん)と、小春(しょうしゅん)に、趙(ちょう)を裏切る事はしてないし、秦(しん)の王孫のれっきとした妻なのだと、言われると、民衆は引きます。

李皓ラン(りこうらん)の自宅にまで、やってくる虞浩。しかし、小春(しょうしゅん)に、殴られ、残念ながら亡くなります。申し訳ございませんが、自業自得です。


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ

2021/2/26  20:27 | 投稿者: Author

家具職人役:パク・ミンジョン 『空から降る一億の星』『浪漫ドクターキム・サブ』『六龍が飛ぶRoots of the Throne』

ケビンは、パク・ジンソクが済州島へ行くと知り、チェ・スアに教えます。チェ・スアとしては、ヒョウンが、国際学校など行ってない事が、パク・ジンソクにばれないようにしなくては、なりません。

そして、やってきたパク・ジンソクはチェ・スアに「ミジンの付き合っている男が誰かわかった。ジェアだぞ」等と、聞いてもないのに、自分から話します。パク・ジンソクは、完全に浮気がバレた男のあるあるの展開。チェ・スアのキョトンとした顔に、面食らっているパク・ジンソク。

チェ・スアが聞いてもないのに、ミジンからおかずをもらっただの、自分からペラペラ話ずパク・ジンソク。普段は、チェ・スアに命令しかしないのに、余計な話しをし、どう見ても不自然なパク・ジンソクは滑稽です。しかし、俺様のパク・ジンソクは今、自分がみっともない状態なのは、わかっていないでしょう。

チェ・スアは「あなたにとって私は何なの?」と、パク・ジンソク聞きます。「夫婦は、少し寂しいくらいの方が良い」と、相変わらず身勝手な、持論を並べるパク・ジンソク。別居は、浮気をするパク・ジンソクにとって、都合がいいからでしょう?そんな、パク・ジンソクをチェ・スアは見かぎったでしょうか?

ミジンは、先輩のヒョンジュに、パク・ジンソクとの事を知っていると事を話されます。ヒョンジュは、チェ・スアに謝るように言いますが、ミジンは結婚前の事と言うのが有り、謝る気は無いんですよね。

ジウンの話から、ソ・ドウが済州島にいると知るミジン。おそらくミジンは、チェ・スアも済州島にいるとわかったでしょう。偶然なんだけどね。

離婚の準備ができたキム・ヘウォンは、ソ・ドウに「そっちに行こうか?」と、電話をします。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/2/26  14:04 | 投稿者: Author

仕事中、捻挫したナナ。シンティエンが心配して駆け寄ります。歩くナナに付き添うシンティエンは「俺に、体重かけていい」と、言います。自分を心配してくれるシンティエンを、ナナは見つめます。

病院での診断は、骨肉腫再発とナナは言われたようで、ナナをおんぶするシンティエンは、激しく動揺します。落ちつかないシンティエンに「父さん」と、冷静になるように、ナナは言います。初めて、ナナは。シンティエンに父さんと言ったかな?

そして、ナナは、シンティエンに「約束して」と、言います。「うん。なんでも約束する」と、シンティエン。ナナは「この事を、誰にも言って欲しくないの。特にチンヤンには」と、言います。シンティエンが困惑していると「約束したでしょう」と、ナナ。シンティエンは、約束します。でも、シンティエンは、チンヤンには言っちゃいそう。

食事会の日、ハンションは、アハイが、記憶喪失かどうか、確かめるため、弟分を準備。「俺が、タオルを落としたら、合図だ」と、段取りを確認するハンション。

トイレで、ハンションとヤーヌオが鉢合わせ。ヤーヌオはハンションに「ジャールイ兄さんが、仕事休んでいて、連絡も取れない」と、言います。ハンションは「俺の潔白を証明してくれただけだ」と、知らぬ存ぜぬ。

ようやくアハイに会えたシンティエンは、抱きあおうとしますが、アハイは後ずさり。まだ、慣れていませんね。

食事中、ズーフォン母が、それぞれ、人物を、アハイに紹介。アハイはハンションを見てしばらく考えた後「見たことある」と、言います。タオルに手をかけるハンション。ハンションはタオルを落とそうとしますが、アハイは「茶館の駐車場で」と、言います。ギリ、タオルを落とすのを止めるハンション。あの時、アハイは、ハンションをちゃんと、見てたのかよっ


人気ブログランキング




0
タグ: 台湾ドラマ

2021/2/26  12:27 | 投稿者: Author

姉の件に関して、瓔珞は傅恒に「宴にいたのは、皇族だけ。皇族の格好では、ばれる。着替えたのでは?だから、犯人は、皇族かも?」と、言います。どうやら傅恒は、真犯人について、当たりはついている様ですが、瓔珞の身を案じて、伏せている感じなんですね。瓔珞は、それを察して「私、1人で探す」と、言います。

ある夜、雨が降る中、皇帝の弟であり、うつけ者で有名らしい弘昼や、他、皇族達が、城内を歩いていると、雷と共に、壁に乱れ髪の女が現れます。その幽霊に、弘昼は「あの女だ」と、腰を抜かし、発狂します。傅恒達が現れ、傅恒は壁を触ります。弘昼には「何もない、壁だ」と、説明する傅恒。

瓔珞に会うと、傅恒は「壁に、粘着物が付いていた」と、細工が、瓔珞である事を見抜いていました。傅恒はあくまでも、瓔珞の身を案じて「あの人は、陛下の弟だ。よほどの事が無い限り何も手出しは出来ない」と、言います。それを、無視して、歩く瓔珞。

さすがにうつけの弘昼でも、おかしいと思い、幽霊が現れたあたりの壁を触ります。そこに、傅恒が現れ「あの日、私は、母の急病で急いで着替えた」と、ねたは上がっている事を、弘昼に告げます。

皇后の前で、弘昼は「瓔珞さん、あなたのお姉さんの名誉を回復させてやる。側室にしてやる」と。それと、金子を弘昼は用意しました。弘昼からすると、痛くもかゆくも無い感じ。腸が煮えくり返る瓔珞は「姉は、無縁仏に入れられている。殺してなくても、無垢な姉を汚したのだから、殺したのも同じ」と、言います。

すると、瓔珞の父が現れ、弘昼は、仕事を与えると言うのです。「これで、名誉回復が出来る」と、言う父に「姉さんの死と引き換えに?」と、瓔珞。瓔珞としても、全く、納得がいかずとも、これ以上どうこうできず、この場では、矛を収めるしかありません。

瓔珞達が出て行った後、皇后も、傅恒に、これでいいのかと、納得いかない言葉を発します。傅恒は「私は、何があっても、あの者を守る」と、何度も言います。その傅恒の様子に、予想外だからか、皇后の侍女も驚いた表情。


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ

2021/2/26  9:31 | 投稿者: Author

ジンスは、カン・ミソンに「家政婦が、ダビンを引きずるのを、管理人さんが見たんだ。クビにしろ」と、教えます。しかしジンスは、カン・ミソンに「何?急に、ダビン思いなった?」と、言われ、取りつく島もありません。

出かけようとするミオクは、勤務時間のはずなのに、家政婦さんが買い物に出かけるのを目撃し、ジンス宅へと行くと、散らかり放題。家政婦さんが帰ってきて、ミオクが文句をつけると、家政婦さんは電話で、カン・ミソンに「今日限りでやめて、家政婦のマッチングサイトにここでは、仕事をしない方が良いと、書き込むわ」と、強気な態度。

呑んだくれている家政婦さんは、ダビンのお迎えにも行きません。家出するダビン。家政婦さんの電話で、慌てて、カン・ミソンが帰ると、酔った家政婦さんだけがいて、ダビンがいません。皆で、ダビンを探す事に。ダビンが無事なら、いいけど、家政婦さん、警察にお世話にならなきゃいけない事案。

パク取締役から、チョン・インスクがハンソンアパレルの代表を辞めたと、聞かされるカン・ミリ。カン・ミリは、パク取締役に、チョン・インスクが今、どこにいるかを聞きます。チョン・インスクは、入院している母の元へ行っていました。チョン・インスクの姿を見て、隠れるイノ。

母親は、チョン・インスクに「スンヨンはどこだ?ジョンスに探せと、イノが言われた」と、言います。家族のために、スンヨンを捨てた身のチョン・インスクとしては、耐えられず「一緒に死のう」と、言います。そこに、カン・ミリが現れ、チョン・インスクを連れ出します。

2人の姿を写真に撮る人物が・・・。その写真は、ドジンに・・・。ドジンは、それを、ヘミに見せます。おそらく写真はイノが撮ったんでしょうね。イノは、ドジンの手先かしら?この写真を見たヘミは、女のカンで、何か、気づいた様です。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/2/25  20:56 | 投稿者: Author

また、嚴藝文さん、他の役で出てたわ。

寝ている嘉明(ジアミン)。目覚めると、両親、祖母が見ていました。家族は、嘉明(ジアミン)が、陳嘉玲(チェン・ジアリン)の破談を知っていたのかと、いう事。江顯榮(ジャン・シエンロン)から、結婚式の招待状が来ているけど、新婦の名前が、陳嘉玲(チェン・ジアリン)では、無いので、間違えていると・・・。

家に帰り、家族からその事を聞かされた陳嘉玲(チェン・ジアリン)は、不思議と、悲しさが無い事に、自身で、驚きます。陳嘉玲(チェン・ジアリン)か、誰か、言っていたけど、江顯榮(ジャン・シエンロン)もう、結婚って、早くね?

家族としては、陳嘉玲(チェン・ジアリン)を心配し、仕事や、結婚相手を紹介しようとします。

祖母に呼び出されていくと、陳嘉玲(チェン・ジアリン)は、お見合いを次から次へと、させられます。ちなみに、その場所は、このドラマでも、床の間がある和室だわ。ここに、なんと、蔡永森(ツァイ・ヨンセン)までも、来ました。「好きかもしれない」とか言う蔡永森(ツァイ・ヨンセン)。案外、こっちと、陳嘉玲(チェン・ジアリン)は、くっついたり?

回想・・・ピアノを習う陳嘉玲(チェン・ジアリン)。先生がスパルタ。家で、練習していても、母親が、ガーガーうるさいしで。父親が母親に「優しく教えろ」と、言うと、母親に「じゃ、あなたが教えてあげて」と、言われます。陳嘉玲(チェン・ジアリン)から、ピアノの先生に厳しくしないように言ってと、頼まれた父親。

ピアノの先生に父親が言おうとすると、先を越され「嘉玲(ジアリン)は、才能がある」と、言われて、それ以上言えなくなります。家での練習では、母親より、父親の方が、一生懸命になるありさま。結局、やめた陳嘉玲(チェン・ジアリン)。

家族が鬱陶しくなった陳嘉玲(チェン・ジアリン)は、台北に帰る事にします。その道すがら、子供の時、ピアノをやめたりで、思えばあれぐらいから、何にもできない自分だったと、陳嘉玲(チェン・ジアリン)は、考えます。陳嘉玲(チェン・ジアリン)は、なぜか蔡永森(ツァイ・ヨンセン)の選挙事務所へ。そこで、陳嘉玲(チェン・ジアリン)は、酔い潰れます。


人気ブログランキング




0
タグ: 台湾ドラマ

2021/2/25  15:36 | 投稿者: Author

スーパーで、ギルヨン親子をやり込めて、気分爽快のドヒ達。スギョムと、ヒスは「勉強」だと、言って、ジョンヘがラーメンを食べたがっても、付き合わず。一杯やりたいドヒ達は、ミスクに電話をします。ペク・ヨンピョ教授がいないと知ったドヒ達は、食品を持って、ミスクの家へ・・・。

2人が来ると、スヨンは出かけます。ドヒとミスクは料理。2人は、ジョンヘに簡単な事はやってみたらと、玉ねぎを持ってこさせると、皮が付いたままで「洗いました」と、言われます。その後、ジョンヘに玉ねぎの皮を剥かせると、殆ど無くなっていました。ジョンヘに、唐辛子を混ぜさせてもらおうとすると、どさっと入れるしで・・・。

ジョンヘは、お金持ちの家の娘で、お金持ちに嫁いでいるので、料理が出来ないのは既定路線だけど、韓国には、家庭科って言うのは、無いのかな?

酒盛りが始まると、ミスクは「私に良い母親がいたら、良い母親になれたのかなと、思う。私、両親を知らないの。18歳まで養護施設にいたの」と、自分の事を話します。2人は、「ミスクは、良い母親よ」と、元気付けます。

ドヒは、ミスクに思っている事を、大声を出して言うように言います、むしろ酔っているジョンヘが「ビョンス馬鹿野郎」等と、言います。

すると、来ないはずのペク・ヨンピョ教授が帰ってきてしまいます。ペク・ヨンピョ教授はドヒの顔を見て「どこかで見たような」と、言います。ジョンヘが「ケンケン相撲」と、言ってしまいます。ミスクは「不思議な巡り合わせね」と、誤魔化し、2人は、帰ります。

ホン校長は、ヒギョンに、ペク・ヨンピョ教授が来るからと、花束贈呈と、お茶汲みを頼みます。ヒギョンは「私、体育教師なんです」と、言っているのに「きれいな、格好してこいよ。正装で」と、ホン校長。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/2/25  14:22 | 投稿者: Author

ナナは、母親のお墓参り。チンヤンも来ています。ナナは、母のお墓に「私は元気にしてるわよ。今、あの人と一緒に住んでるの」と、語ります。ナナは、シンティエンを父親だとは、まだ、言えないんですね。そして、ナナは、チンヤンに手招きして、近くに来てもらい「友達のチンヤンよ。無口だけど、優しいの」と、母親に紹介します。はい、チンヤンは無口ですね。

ズーフォンと、ヤーヌオは、お揃いのスーツを着て、食事。高級店に気後れするヤーヌオ。ズーフォンは「父親の事で、母さんからの、お礼だ」と、言います。さらには、ズーフォンは、ピアノを弾いてくれます。曲は、このドラマでかかる劇中歌でしたね。その後、街を歩く2人は、手をつないでいました。

お茶を飲むズーフォンの母親とシンティエンは、アハイが見つかって、行方不明のチンヤンの親も見つかるかも?と、話します。アハイの記憶喪失を理解するシンティエン。シンティエンは、アハイの歓迎会をやろうと、ズーフォンの母親に話します。

ハンションに、アハイの歓迎会の話が来て、先日、ズーフォンにお金を借りにいった時「おじさんがいれば、融資受けられるのに」と、話したのに、ズーフォンがアハイは戻った事を話していなかったので、俺を騙したなと、思います。ハンションは、アハイが本当に記憶喪失なのか、気になります。

ズーフォンは、ヤーヌオとブライダルショップへ行き「両親の結婚30周年を祝うんだ。母さんのドレスを選んでくれ。俺は、父さんのを見てくる」と、言います。ドレス選びに心をときめかせるヤーヌオ。ヤーヌオは、思わずドレスを自分の体に合わせてみたりしています。ズーフォンに声をかけられると、慌てて、見立てている振りをするヤーヌオ

2人のなり初めを聞くヤーヌオ。「母さんから、告白したんだ。父さんは緊張して、はい、しか言えなかったって」と、ズーフォン。ヤーヌオは「ズーフォンは、女から、告白されたい?」と、聞きます。ズーフォンは「そういうのは、男からした方が良い。愛をきちんと告白する」と、答えます。ヤーヌオは「僕は、どっちでも良い」と。


人気ブログランキング




0
タグ: 台湾ドラマ

2021/2/25  12:45 | 投稿者: Author

舒貴人を使い、皇后を罠にかけようとした高貴妃でしたが、瓔珞の機転で、見事な返り討ちに遭い、皇太后の怒りを買うはめに・・・。罰として、舞台は壊され、舞の衣装も燃やされてしまう高貴妃。しかし、衣装の一つだけ「これだけは、見たりもしませんから」と、高貴妃は、皇太后の侍女に必死に頼み込みますが、結局は燃やされてしまいます。

皇后は、元はと言えば、自分が舞をしたからであって、自責の念に駆られていました。これからは、後宮を引っ張るものとして、やっていかねばならないと、瓔珞達、侍女に話すのでした。

しくじった(予定通り)舒貴人は、跪いて、高貴妃の許しを請います。高貴妃は「謝ったからって、許されない」。確かに。ってか、舒貴人を駒にする高貴人が間違っているのは?舒貴人は「やり手の瓔珞を敵に回すより、仲間に引き入れるのはどうでしょうか?」と、提案します。

お前が言う事と言えば、その程度かよっ!むしろ、相手にしない方が、傷口が小さく済むのでは?ってか、高貴妃もそれに乗っちゃうのかよっ!

そして、2人は、張女官を呼び出し、瓔珞が、紫禁城の入った訳を知ります。張女官は、その事を、瓔珞に言いはしませんでしたが「儲秀宮には、気をつけるように」と、言います。

そして、儲秀宮に呼び出された瓔珞は、姉を襲ったのは、傅恒であり、皇后が隠蔽したと、証人まで用意されて、高貴妃と舒貴人から、告げられます。ってか、したり顔で、事の経緯を説明する舒貴人が、うざいんですが・・・。高貴妃から、毒薬を渡される瓔珞。

傅恒が、長春宮を訪れ、皇后と、傅恒にお茶を出す瓔珞。すれ違った純妃は何かを察し、傅恒が飲もうとする茶飲みを払います。そして、純妃は「瓔珞から、儲秀宮と同じ香りがする」と、言います。瓔珞は、皇后にお出しした、お茶を飲み干して、身の潔白を証明します。

事の経緯を説明した瓔珞は「皇后様は、私に字を教えてくださるお優しいお方です。毒は捨てました」と、言います。瓔珞は悩んだけど、2人の優しさを思い出せば、答えは出ますよね。

純妃は、皇后に瓔珞をそばに置くのは、危険だと忠告しますが、皇后は「決めたの」と、毅然と断ります。瓔珞がいて身が危険なのは、皇后では無く、純妃自身では?


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ

2021/2/25  9:52 | 投稿者: Author

ヘミは、カン・ミリから、ドジンを解雇され、会長のジョンスに文句も言うも「カン・ミリが言っている事は正しい」と、取り合ってもらえません。ヘミがいなくなると、会長のジョンスは、パク取締役に「全く女ってやつは、なんで、こう面倒なんだ」と、愚痴をこぼします。ってか、その腹黒女を引き入れたのは、会長のジョンス自身じゃ?

ヘミは、腹を立てて、ドジンに、カン・ミリの事を調べるように言います。今度こそ、バレちゃうかしら?

ハン・テジュは、傷心で、別荘にいるのかしらね。カン・ミリは、チョン・インスクに、ハン・テジュの居場所聞きますが「知らない」と、言われます。

チョン・インスクは、別荘を訪ねてきます。チョン・インスクは、カン・ミリの事を「かわいそうな子なのよ。私は目の前にいても、娘に気づかなかった。私が、あなたに言わない様に言ったの。あの子を責めないで」と、ハン・テジュに説明をします。

アメリカに戻るトルダムキル出版のキム・ウジンは、カン・ミヘに会います。したかったスケートデートを楽しむカン・ミヘ。ソルロンタンの駐車場で、カン・ミヘは、キム・ウジンに「私を愛しているでしょう?子供を作りましょう」と、言います。え?カン・ミヘ、色んな事をすっ飛ばしてますけど?これを、聞いていたパク・ソンジャは倒れます。

カン・ミリは、カレンダーを見ていたので、妊娠したでしょうか?そこに、ハン・テジュから呼び出しの電話がかかってきて、別荘へ。憔悴のハン・テジュは、カン・ミリに「なんで、僕と結婚したの?」と、聞きます。ハン・テジュは「何で、母さんが実母だと言ってくれなかったんだ。僕は、その程度?信用していないんだな」と、言います。

カン・ミリは「あの女が代表で来た時と、あなたが新入社員で来た時が同じだった。私は、あの女が憎くてたまらなかったけど、それ以上にあなたが悩ましかった。愛し始めてしまったから。この日が来るのは、覚悟していた。仕事を整理する」と、別荘を出て行きます。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ