ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2021/4/8  18:33 | 投稿者: いい加減人

ソ・ジョンウォン役:チ・ヒョヌ 『ロマンスは命がけ!?』『イニョン王妃の男』
カン・イヌク役:リュ・スヨン 『マイ・プリンセス My Princess』
チュ・ヘラ役:ワン・ビンナ 『人形の家〜偽りの絆〜』『欲望の仮面』
ハ・ソンホ役:コ・ジュウォン 『ヘチ 王座への道』『がんばれチャンミ!』
キム・ボンウ役:パク・サンシン 『レディの品格』
ユン・マリ役:パク・ハナ 『たった一人の私の味方』『人形の家〜偽りの絆〜』

これ、原作は、日本なんですね。

冒頭、なんか、逃げるところとか『人形の家』に、似てると、思ったら、パク・ハナだし。

で、このドラマにワン・ビンナも出てるのよね。

冒頭、とある家に、男性二人が別々に到着して、銃声が聞こえてきたけど・・・。ありゃ、カン・イヌクと、ソ・ジョンウォンが到着したのかしらね。で、ユン・マリが自殺しようとしたとか?

カン・イヌクは、韓国有数の(ドラマでは枕詞)財閥ゴンハグループの社長らしくて・・・。妻のユン・マリとしても、お金に不自由は無くても、カン・イヌクの束縛が・・・。

カン・イヌクから逃れたいからでしょう。“人生を変える手術をする”と、言う整形外科医のソ・ジョンウォンに顔を変える手術を、ユン・マリは依頼します。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/4/8  13:43 | 投稿者: いい加減人

乾隆帝は、優しい純貴妃が、悪辣だとはと、がっかりし、純貴妃を降格させ、冷宮に幽閉させます。帰り際、皇后は、瓔珞に「助けたわよ」と、言います。瓔珞は「淘汰されれば、皇后が得だから」と、一蹴します。皇后、恩を売る必要有るかしら?

あまりの落胆に乾隆帝は、傅恒の同僚に「女とは、二つの顔を持つのか?」と、聞きます。「妻がいない私には、わかりません」と、傅恒の同僚。乾隆帝はさらに「令妃に導かれた感じがする。まさか?」と、その後は、続けませんでした。多分、富察皇后の復讐のために、瓔珞が、朕に近づいたのだろうか?と、思ったんでしょうね。まぁ、そうなんですけど。

純貴妃の元を、皇后が訪れます。純貴妃は「火事の時、燃えやすい炭にしたのは、皇后だった」と、言います。どうやら、皇后も一枚噛んでいたようですね。皇后は「証拠は有るの?善人面の富察皇后が嫌いだった。派閥に属さない私を、再三あなたは私を引き入れようとした。皇后と高貴妃との間で、私は潰れそうだった」と、言います。

純貴妃は「私と、瓔珞の仲を激化させたわね」と、言います。皇后は「焦れば、尻尾出す」と、言います。純貴妃は「わざと、瓔珞は陛下との乗馬を吹聴したんだわ」と、気づきます。そして、純貴妃は「皇后は私を駒にしたのね。傅恒への想いを知って、私を利用したんだわ」。皇后、にやけながら「可愛さ余って憎さ百倍」と、言います。

純貴妃「私は、一生償いきれない罪を負った。でも、もうすぐ富察皇后に会える。皇后、私にお別れを言いにきたのね」と、言います。純貴妃、わかってましたね。皇后は、火がついた蝋燭の芯を切ります。最初の頃はわからなかったけど、これ、人が亡くなると、やっているんですね。

純貴妃は、凧糸で首を切られたと、乾隆帝に連絡が入ります。まさに、瓔珞が殺したと言わんばかりの、凶器。なのに、瓔珞は、今でも、凧造りをしていて、乾隆帝は腹を立てます。

眠れない瓔珞は「腑に落ちない」と、言います。愉妃が、連行される時、第五皇子に何か耳元で囁いていたのを、思い出した瓔珞は、第五皇子に会い聞きます。愉妃が「今後は、令妃に従いなさい」と、言っていた事を聴いた瓔珞は愉妃の真意を知り、愉妃に会いに行きます。

紫禁城を出る愉妃は、瓔珞に「私は受けた恩は返す。道理は知っている。純貴妃に近づいたのは、証拠を集めるため。弱い母はこうするしか無かった。最後に、膝付いて挨拶をさせて」と、言います。瓔珞は「挨拶なんて良い。あなたは強い母親よ」と、言います。

それでも、跪いて挨拶する愉妃はもう紫禁城には、戻れないし、第五皇子をよくよくお願いすると、言う気持ちでしょう。あの宮中で、信用できるのは、瓔珞だけでしょう。瓔珞なら、第五皇子を悪いようにしないと、わかっているのでしょう。愉妃、あまりにも切ないです。

皇后は、皇太后に親蚕礼の許可を得ようとします。しかし、皇太后から「今年は、干ばつとかもあって中止。それでもやろうと言うのは、許可でなく、事後報告だ」と、皇后は言われます。涙を浮かべながら、帰る皇后を目撃する弘昼。ただ、皇后としては、弘昼に涙目を見せたかったんじゃないかな?


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ

2021/4/8  13:04 | 投稿者: いい加減人

前回の最後、倒れたボンイル。いろいろ有って、倒れたのかな?ボンイルは救急車で運ばれます。着いた病院は、セユンが働いているところらしいですね。

医師国家試験を控えるヨンジャを思い、ハナは帰るように言います。病院に残りたいヨンジャでしたが、いったんはタクシーに乗り帰ります。しかし、その車中で、ボンイルの容態を聞くと、戻るヨンジャ。

翌日目覚めたボンイルは、自分の病院を気にしますが、ヨンインは「立ち退きの話が出回って、患者さんは転院した。午前中はその手続きだった」と、言います。そんな事を言うなと言う顔をするハナですが、ヨンインは「どうせ、バレるんだし」と、言います。その通りです。ボンイルみたいに隠そうとするより、良いと思います。

ヨンジュが病室にいるので「試験はどうした?」と、ボンイル。「放棄した。1年後に受ける」と、ヨンジュは言います。何をやってるんだと、言う感じのボンイルに「どうせ、受けに行ったところで、集中出来ずに落ちる」と、言います。落ちるかどうかは、わかりませんが、ボンイルの事が気になり、気もそぞろになるのは間違いないでしょう。

ボンイルは「どこまで、悪い親にさせる気だ。お前のために・・・」と、言います。勝手に、ヨンジャの将来のためと、隠蔽しているのに?

ボンイルが倒れたと聞いて、喜ぶテソン。マジ、怖い。ビルをまだ出ていかない人がいると聞くと、テソンは「故障して、改装するからと言え」と、言います。故障してないのに、故障と言って、追い出すのは、韓国では違法行為ではないのですか?

病室で、ボンイルとハナが、ビルを買い叩かれた話しをしているのを、病室にやってきたヨンジャが聴いてしまいます。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/4/8  10:11 | 投稿者: いい加減人

役人役:ハン・チャンヒョン 『医心伝心〜脈あり!恋あり?〜』『イニョン王妃の男』『負けたくない!』『ボスを守れ』

放免になったワルは、御堂でウンボと対面します。王イ・ギョンも来ています。王イ・ギョンにワルは、チャヒョンに言われて、仁王山へ行ったら、捕まった事情を説明します。そこで、銃使いがなくなる間際に「ケ、ケ?ケピョンとか言っていました」と、言います。「ケピョンとは、人の名前なのでは?」と、話すワル。

王イ・ギョンは、ワルに義禁府の羅将に指名し、親迎の殺害事件の犯人捜しと、義禁府にいる間者を探す様に言います。

ペク・チャヨンに会ったウンボは「王様は、父を殺していなません。なぜ、嘘をついたのですか?」と、聞きます。ペク・チャヨンは「事実だけだ。王がお前の父を殺した。大義のためだ」と、言います。「その大義とは一体何なのですか?」と、ウンボ。これで、ウンボは、ペク・チャヨンに不信感でしょうね。

ヨンジは、父親で左議政チョ・フンギョンと手下ケピョンの会話を、立ち聞きし、チョ・フンギョンが、王イ・ギョンを狙った事を知ります。驚いたヨンジは、ケピョンに「これが、ばれたら私は王様のおそばにはいられない」と、涙ながらに話します。ケピョンは「そうはなりません」と、慰めます。

大妃の命令で、女官がウンボに文を届けます。そこには“その者が、お前の父を殺した”と、書かれていました。困惑するウンボ。その様子を見ているヨンジ。

翌朝、その女官は毒殺されていました。毒が、ウンボの荷物から出てきます。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ