ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2021/4/22  20:54 | 投稿者: いい加減人

ん?このドラマって、全何話なのかしらね?それと、唐突に話が、昔も戻ったり、現代に戻ったり。畑の風景が素晴らしいですね。

美しい女性チャオジュン、前回も幼い頃、ハーフの容貌、父親がいないせいで、いじめられていましたけど・・・。

前回、軽トラ(?)が壊れたチャオジュン。通りかかったジュンロンが直そうとするも、余計に壊すパターン

それで、自分のバイクにチャオジュンを乗せて、ジュンロンは走らせます。「ウォークマンで聞いてるの?」と、ジュンロン。ジュンロンは「台北から、戻ってきて、よそ者扱いだ」と、言います。チャオジュンは「恵まれてるくせに」と、バイクをおります。ちなみに、ジュンロンのヘルメットにはタケコプターの様なものが、付いています。

子供の頃・・・チャオジュンは母に「パパが欲しい」と、言うと、追い出されます。お腹が空いたチャオジュンはよろず屋で盗みをしますが、ジュンロンの祖父に怒られるどころか、お菓子を渡されます。余談ですが、よろず屋にはMeijiの冷蔵庫だか、冷凍蔵ショーケースがあるわよね?

雨が降ってきて、象の滑り台で雨宿りをしている最中に寝てしまうチャオジュン。ジャン神父に声をかけられ、チャオジュンは、教会へ。風貌が似ているジャン神父がパパだと、思うチャオジュン。チャオジュンはジャン神父に「私のパパ?」と、聞きますが「違う」と、言われます。ジャン神父から「これがパパだ」と、外国人歌手のカセットテープを渡されるチャオジュン。

だから、チャオジュンはウォークマンで音楽を聴いているんでしょうね。

それと、子供の時、チャオジュンはジュンロンの竹トンボを壊してしまっているんですよね。それが、今、ジュンロンのヘルメットのタケコプターに、つながっているのでしょうか?

CM明けのジュンロンのバイクシーンは、今回のところの様ですね。


人気ブログランキング




0
タグ: 台湾ドラマ

2021/4/22  18:48 | 投稿者: いい加減人

看病人役:キム・ジュア 『たった一人の私の味方』『甘くない女たち〜付岩洞の復讐者〜』『黄金の私の人生』

ユン・マリは、ソ・ジョンウォンの家を出て、引越し先を見つけます。

最後の夕食で、ソ・ジョンウォンはユン・マリに「新しく生きるには必要だろう?」と、お金を渡し「それと、身元引き受け人も必要だ」と、いいます。それと、ソ・ジョンウォンは、自分名義のスマホを渡します。

ソ・ジョンウォンは、ユン・マリの顔をウ・ハギョンにしたのは、サイコだけど、まぁ、優しいっちゃ優しいわね。まぁ、ユン・マリがウ・ハギョンに見えるからなんだろうけど。

引越し先で、外を眺め「お母さん、近くで見守っているよ」と、ユン・マリは言っていたので、もしかしたら、今の居場所から母がいる介護医療院が見えるのかな?絵を描き始めるユン・マリ。それと、母にもユン・マリは会いに行きました。ユン・マリの顔は変わってしまったのに、母は、それでもなんとなく、ユン・マリだとわかるのでしょうか?

チョリョンの調査で、ウ・ハギョンとチュ・ヘラが、知り合いで、同時期にワンピを買ったと、カン・イヌクは知ります。

顧客が持っている雑誌の表紙を見たチュ・ヘラは、ユン・マリの夫のカン・イヌクが、ゴンハグループの人だと知ります。

ソ・ジョンウォンに会いにきたユン・マリ。ちょうど、外に、チュ・ヘラがいて、カン・イヌクが声をかけます。慌てて、チュ・ヘラがユン・マリ達の方に視線を送ります。ユン・マリの方に、カン・イヌクが鬼の形相でやってきて、ユン・マリは後退りをし、ソ・ジョンウォンはユン・マリを庇おうとします。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/4/22  14:57 | 投稿者: いい加減人

この話の中で、初めて、順嬪がいらっとする人だわ。

順嬪は、傅恒の傷をえぐり瓔珞との駆け落ちを勧めます。順嬪を“扉どん”する傅恒。怒っている傅恒だけど、顔がどあっぷで、よかったわぁ〜。話の内容なんかどうでも良いわ。

寵愛を失い、衰弱し、水を欲しがる瓔珞に、盗人太監が渋々持ってくると、突然、袁春望が現れ、阻まれます。

弱っている瓔珞に、警備が手薄になる日まで教えて、傅恒との駆け落ちを唆す順嬪。

水をかけられ、乾隆帝の前で起こされる海蘭察。さすがに、海蘭察としても、明玉の死は傷心の様で、やけ酒飲んで、宿直なのに、寝ていた様です。「無骨者で何も知らない私が、ここまで失意になるのは、初めてで」と、海蘭察。そんな海蘭察だから、明玉は好きになったのよ。

乾隆帝は、海蘭察に、戦さ場での仕事を与えたのでした。乾隆帝は「そんなんでは、明玉に馬鹿にされるぞ」と。いいこと言う乾隆帝。

傅恒が、乾隆帝に拝謁すると、順嬪が現れ「令妃は心を決めた様よ」と、耳飾りを見せます。

乾隆帝に拝謁した傅恒は、本当に言いたいことが何かあるのに、言わず、戦況だけを伝えて、出て行きます。乾隆帝は、海蘭察に「傅恒の記憶力は?」と、聞きます。「抜群です」と、答える海蘭察。乾隆帝は「傅恒は、昨日の奏上を持ってくるのを忘れた」と、言います。傅恒の様子がおかしいことに、乾隆帝は気づいているんですね。

善人ぶって、乾隆帝に、傅恒と、瓔珞の駆け落ちを教える順嬪。


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ

2021/4/22  14:13 | 投稿者: いい加減人

カン・ジウク宅で、見事、鉢合わせのヨンジャとイェラ。ここぞとばかりに、イェラはホテルでの写真を見せて、ヨンジャに「友達といたのよね」と、言います。ヨンジャは「ホテルにいたのは事実です」と、言います。会長は、ヨンジャに「一緒に食事を」と、言います。

ソンジェがホテルで、イェラの友達が「お金貰えた。結婚すれば、もっともらえるって」とか言ってる光景を見ていましたけど。どうやら、証拠捏造の写真を友達に頼んで、イェラはその写真を見せた様ですね。

帰る時一応ヨンジャに「送る」と、言うイェラ。ヨンジャはバスで帰るからと、断ります。すると、ヨンジャがバス停まで歩いて歩いていると、車できたイェラは「逃げられると思ったの?」とか相変わらずイミフ。「どうせ、口裏合わせてもらえるとは思ってなかったけど、まぁ、証明できたわ。会長が私の味方なんだから」とか、喚いて、立ち去ります。

ヨンジャは「医学部6年通ったけど、あれは、どんな病名かわからない」と、独り言。火病では無いでしょうか?

カン・ジウクは、イェラを「信頼できない」と、会長に言います。会長は「悪いところばかり見ないで、心を開くんだ」と、言います。へぇ〜、カン・ジウクは、一応、もう、イェラを信頼してないのね。あのまんま、案外、騙されて、話が続くかと思ったけど。

ヨンインには結婚したい人がいるけど、ハナには反対されているし、ヨンジンには「愛されて結婚した方が良い」と、言われます。ヨンインは男性について「プライベートなことだから言えない」と、いうので、ヨンジャは「愛しているのね」と。

職場で、イェラは、ヨンジャに「無断早退したわね。ハンドグループの食事には行かせない。残業して」と、言います。すると、ソンジェが現れ「無断早退、無断欠勤したのは、マネージャーの方だろう。ヨンジャさん、食事に行ってきてください」と、言います。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/4/22  10:40 | 投稿者: いい加減人

宮殿を出ていくウンボに、大王大妃は「そなたは自白した。私も、そなたの父親を罪人にしてしまったことを謝る」と、いいます。大王大妃、なかなかですね。

女官の手引きで、宮殿を出るウンボ。しかし、途中でウンボがおかしいと気づいた時は、すでに、女官達に囲まれ、醤庫に閉じ込められてしまいました。

クォン・イクスは、王イ・ギョンに、カン・イスが疑われた時、女官殺しの時、真の黒幕はチョ・フンギョンだと明かします。なるほど。な〜んか、前半、もやっとした感じで見ていたけど、ようやくここでだわ。

ウンボが門を出ていない、行方不明になったと聞いた王イ・ギョンは、ウンボをを捜すため内禁衛を動員します。だが、ウンボがなかなか見つからず不安が増す王イ・ギョン。

そして、大君イ・ジェファは政変を起こそうとして、宮殿に乗り込みます。王イ・ギョンが、予測して、守りを固めていたため、大君イ・ジェファは失敗に終わり、反乱軍の兵は、大半を失います。

王イ・ギョンは、大君イ・ジェファが引くのが早いのが気になり、追います。ちょうどそこ頃、自力で脱出したウンボの前に、大君イ・ジェファが現れます。ワルも現れ、ウンボを守ろうとしますが、斬り付けられます。王イ・ギュンが現れますが、大君イ・ジェファに、ウンボと手負いのワルを人質に取られ、連れ去られてしまいます。

ウンボは、ヨンジに「あなたが、王様を思う気持ちだけは、本物だと思った」と、言います。そう、そこ。ヨンジは「私を壊したには、あなた」と逆恨み。

大君イ・ジェファは。ウンボを使い王イ・ギョンひとりを誘き出そうと考えます。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ