ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2021/6/11  21:24 | 投稿者: いい加減人

医師役:ヨ・ホミン 『オクニョ 運命の女(ひと)』『龜巌ホジュン伝説の心医』『武神WARRIOR K』『パダムパダム』

このドラマでいちばん最初に出てきたピストルの音の場面。最終回に出てくるんですね。

家に帰ったカン・イヌク。へスクに、カン・イルグクを告発したことを責められると「秘書で、前妻がどんな死に方をしたか知っているのに、後妻になった。お金のために、暴力に耐えている」と、言い返すカン・イヌク。

カン・イヌクは、銃を持ち出すと、ちょうど、カン・イルグクが帰ってきて、これまた「全てを、失わせた」と、言われます。カン・イヌクは、カン・イルグクに銃を向け「僕がこうなったのは、父さんのせいだ」と、言います。「お前は俺にそっくりだ。妻に手を挙げる俺を見て、自分もそうなった」と、カン・イルグク。

ユン・マリを誘拐し、別荘(?)へと連れて行くカン・イヌク。ユン・マリと心中をしようするカン・イヌク。隙をついてユン・マリがカン・イヌクから逃れた時、カン・イヌクは、プールに落ち、この時、銃が暴発したんですね。これが、おそらく、一等最初の場面でしょう。

やってきたソ・ジョンウォンが(場所がなんで分かったのかは、謎)ユン・マリを抱きしめます。プールに立ったカン・イヌクは、ソ・ジョンウォンに銃を向けますが、それに気づいたユン・マリが盾になったため、撃たれます。そして、警察がやってきて、銃を向けられたカン・イヌクは「生まれ変わったら、愛し方を知りたい」と、銃で自殺します。

へスクとインサンは、家から逃げます。

銃で撃たれたユン・マリの手術は成功したようで、ソ・ジョンウォンとユン・マリお互いに「悲しくても、愛する」と、言います。ってか、それ、むしろ、カン・イヌクの様な。ユン・マリの手術をした医師役の俳優さん、なんか、太ったみたいだったけど?


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/6/11  20:05 | 投稿者: いい加減人

如懿の元に、毓瑚(いくこ)がやってきて、凌雲徹の出世は、乾隆帝も考えていたと話します。それは、凌雲徹に、冷宮での如懿を、乾隆帝が身守らせていたからだと、事情まで毓瑚(いくこ)は、如懿に話します。

花房(かぼう)で、上司から叱られている衛エン婉(えいえんえん)を、凌雲徹は見かけます。衛エン婉(えいえんえん)は、凌雲徹に対しての態度を後悔しているようなことを、凌雲徹に話します。衛エン婉(えいえんえん)の仕事を手伝う凌雲徹。

凌雲徹は、如懿に会うと、衛エン婉(えいえんえん)を、花房(かぼう)からの、異動をお願いします。如懿はしっかり「やけ酒飲んだのに?」って。だけど、如懿は「今は、人がいないから、むりだけど、時期がきたら考えてみる」と、凌雲徹に言います。

乾隆帝は、如懿に、冷宮で作っていた小物入れや、手巾の刺繍は、全て目を通していたことを話します。それと、海貴人が、冷宮へ江与彬を行かせられる様にしたのも「朕だ」と、乾隆帝。

迎春の宴で、乾隆帝は、后妃達に、真珠を贈ったのに、慎嬪(しんひん)には、辰砂でした。なんで?と、言う感じの慎嬪(しんひん)に、毓瑚は、証言した太監の家族には、慎嬪(しんひん)から、銀子が送られていたと、調査でわかったことを話します。「違います」と、言う、慎嬪(しんひん)。

海貴人は、あの時、辰砂をわかるように仕込むことができたのは、慎嬪(しんひん)だったと、話します。マイ嬪は「私の子を殺したの?」と、慎嬪(しんひん)に、平手打ち。

その後、如懿の前で、乾隆帝は阿ジャク(あじゃく)に「ひとりで、できるものではない」と、言いますが、阿ジャクは「私ひとりでやりました」と、言います。冷宮で如懿に砒素を盛ったのかを、阿ジャクに聞く乾隆帝。「それは、違います」と、言う阿ジャク。

すると、ここで、阿ジャクは侍女に「慎嬪(しんひん)は、如懿が死ねば良いと、言っていました」と、裏切りに遭います。阿ジャクは、如懿に向かって「頭の良い私をねじ伏せようとしていた」とか、とんでもない勘違い。乾隆帝には「真心で接していたのに」と、阿ジャク(あじゃく)。

しかし、乾隆帝から「お前のは、真心で無く、邪心だ。この3年、夜伽のことを話せ」と、言われます。阿ジャク(あじゃく)は「寵妃と言われているのに、陛下とは何もなく、夜伽の時は、跪いていました」と、言います。阿ジャクとしても、これを、如懿に明かさなきゃいけいないのは、屈辱でしょうね。

黒幕を明かさなかった阿ジャク。毓瑚から、乾隆帝と如懿に、慧貴妃の父親が、阿ジャク(あじゃく)の、兄弟を監禁していると、伝えられます。慧貴妃が皇后にくっついていることを考えると、皇后が黒幕と思うふたりですが、皇后の処罰は、後宮の乱れになると、乾隆帝。

李玉から、毒を飲まされる阿ジャク。


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ

2021/6/11  18:05 | 投稿者: いい加減人

え〜、ミランが、ナ家にやってきて・・・な、訳ですが・・・。まぁ、説明の必要の無い位、予想通りの展開で。まぁ、ミランの方は、ヨンインのことだけで、頭にきてるのに、ヨンジャを見て、この家の人間は、ウチの邪魔をするのか?って感じだったけど、むしろ逆です。

ヨンインと結婚をしたいソノは、ボンイルに「おじさんもお願いしますよ」と、言います。これで、ヨンジン達は、なんで、ふたりが知り合いなんだ?と、なる訳です。

ミランがソノを連れ帰った後、ヨンジンが、話の整理をして、ヨンジャとミランがなんで知り合いなんだ?ってのも有るんだけど、一番の問題は、ボンイルが、え?工事現場で働いてるの?ってことです。立場ないボンイルですが、もう、嘘はつけません。

ヨンジャ達の部屋で、姉妹が話していると、セユンが入ってきます。ヨンジンから「なんで、お父さんが、工事現場で働いてるのを教えてくれなかったの?」と、言われて、セユンは「なんで知ってるの?」と、なります。

テソンとジスクは、因縁の間柄の様で、あの調子で、テソンはジスクに「会長のところで、うまいこと隠れていたんだな」みたいなことを言います。テソンは、会長が退院するまでの間に、ジスクを追い出そうと考えます。そう、うまくいかないと思いますけどね。

テソンは、ボンイルを待ち伏せしてまで、今度は「引越せ」等と、言います。そこにちょうど居合わせるヨンジャ。テソンが「末の娘に妊婦が死んだことを言うぞ」と、ボンイルに脅しているところをヨンジャは聞いてしまいます。ふたりが揉み合っているのを、通りかかったソンジェが止めます。ソンジェがデパートの室長と知るボンイル。

テソンは、亡くなった妊婦について、調べようとします。テソンが先に、ヨンジャとソンジェのことを知ることになるかしら?


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/6/10  19:45 | 投稿者: いい加減人

ユン・マリを探すソ・ジョンウォン。そこには、警察がいて、ソ・ジョンウォンが聞くと「銃の暴発があった様だ」と、聞かされます。

病院に運ばれたカン・イヌクは「妻は、どこだ?」と、ユン・マリの行方を気にします。

目覚めたユン・マリは、看護師さんから「救急車の中で、意識を失ったんです」と、言われます。

カン・イヌクから逃げようとするユン・マリ。自分を探すカン・イヌクの姿を見て、ユン・マリを隠れます。カン・イヌクは傷の影響で、倒れます。

ユン・マリは、靴下のままの足で、歩き、その姿をちょうどソ・ジョンウォンが見つけます。この時、一瞬、ユン・マリが元の顔になりました。自分の病院で、ユン・マリを寝かせるソ・ジョンウォン。

カン・イヌクは「目の手術をしないでくれ」と、騒ぎまくり、注射で眠らされしまいます。目覚めたカン・イヌクは、ユン・マリを探すため、ソ・ジョンウォンの病院へ。病院が入るビルの前で、チュ・ヘラに出くわすと「マリさんは、家にいる」と、カン・イヌクは言われます。「いつもあなたは、嘘をついている」と、カン・イヌクはビルの中へ。

チュ・ヘラから、連絡を受けたソ・ジョンウォンは、エレベーター前で、カン・イヌクの前に立ちはだかります。ふたりは、屋上で、押し問答。カン・イヌクはわざと、ソ・ジョンウォンが自分をビルから突き落とて、殺す様に仕向けます。やってきた、ユン・マリは、ソ・ジョンウォンを止めます。そのうち、警察がやってきました。

クズだったハ・ソンホは、警察で証言をしてくれた様で、ソ・ジョンウォンは感謝します。ハ・ソンホは「まだ、伝えてないことがある。ハギョンが事故に遭った時、一緒にいたんだ。お前の顔を見るのは辛かった」と、言います。「過ぎたことだ」と、ソ・ジョンウォン。

ユン・マリへの暴行が明るみになったカン・イヌクが、警察を出ると、待ち構えていたマスコミに、カン・イルグクの不正を告発します。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/6/10  19:04 | 投稿者: いい加減人

海貴人は如懿に「誰が、毒を」と、心配します。如懿は海貴人の侍女を下がらせた上で「冷宮を出るために、自ら飲んだのよ」と、言います。そばににいるズイ心も、うなずきます。すると海貴人も「実は、私もなのよ。こうして、お姉様のお役に立てて良かった」と、言います。如懿は、そんなことをして、お腹の子は大丈夫なのかと、心配します。

海貴人は「見て欲しいの」と、大きくなったお腹を如懿に見せ、できた痣は消えないのだと、話します。それと、自分の子は、如懿に育てて欲しいと頼みます。

慈寧(じねい)宮を訪れる如懿。挨拶に来た如懿に、皇太后は「自力で、冷宮を出るとは、大したものだ」と、言います。皇太后は、これが如懿の自作自演とわかっていたんですね。それと、皇太后は「後宮には、皇后、慧貴妃といるが、花は一輪だけでなく、何輪あっても良い」と、言います。皇后を牽制しろと、言う事ですね。

如懿が冷宮を出たことで、慎貴人(しんきじん)は不安になります。

宴の席で、乾隆帝は、如懿の潔白と、慎貴人を慎嬪(しんひん)に格上げを言います。その帰り、自分を追い抜かして行く慎嬪(しんひん)に、文句を言う嘉嬪。同じ嬪だと主張する慎嬪に「同じ嬪でも、宮殿持ちとは違う」と、張り手の嘉嬪。これを、静観している如懿と海貴人。

宮殿に戻ると、如懿は慎嬪のことを「裏切りをして、寵愛を得ているのだから、あれぐらいの罰はつきもの」と、海貴人に話します。

乾隆帝の寝床で待つ慎嬪(しんひん)ですが、乾隆帝に床から出る様に言われます。実は、この3年乾隆帝と慎嬪(しんひん)は、何もなかった様ですね。慎嬪(しんひん)は、表向きでは寵妃(ちょうひ)と、言われているのに・・・。でも、全然、可哀想じゃ無いわよね。

乾隆帝は「偽証して、主に濡れ衣を着せたのだから、これぐらいの罰を受けるのは当然だろう?お前を、そばにおいたのは、利用するためだ。そうしなければ、殺されていた。黒幕を言うんだ」と、慎嬪(しんひん)に、言います。「偽証などしていません」と、慎嬪(しんひん)。

外で、聞いている李玉は、にんまりします。


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ

2021/6/10  18:39 | 投稿者: いい加減人

会長が入院している病院で、テソンとジスクが顔を合わせると、お互いに驚いた様な顔をします。

ジスクがいなくなると、テソンは、ヨンジャにジスクのことを聞こうとしますが、その時、ちょうど、イェラとミランが現れ、聞くことはできませんでした。イェラは、ヨンジャに「何?おじいさんにお見舞いするために、休憩を長く取ったの?」と、いつもの、言いがかり。ヨンジャは「別の用です」と、言います。

ヨンジャは、セユンから「調べたら、運ばれた妊婦が亡くなった様だ」と、聞かされます。ヨンジャは、ボンイルが、自分に言わずに、ひとりで抱え込んでいたのかと、悲しみます。

ヨンジャが落ち込みながら、病院を歩いていると、テソンからまた「あの女を知っているのか?」と、聞かれます。ヨンジャは「会長の専属の看護師さんです」と伝えるます。

テソンを見たジスクの方は、かなり動揺して、座り込んでいました。

テソンは、ジスクについて、調べます。

家から抜け出せない状態になっているソノですが、ヨンインの職場に現れます。ヨンインは呆れて「あなたのお母さんの言うとおり、職場を変えなくちゃね」と、言います。ヨンインは、ミランに知らせようとしますが、ソノが「やっとの思いで、出てきたんだ」と、言います。

ヨンインの後ろを歩くソノは、とうとう、ヨンインの自宅に到着。ハナ達に「ヨンインと結婚させてください」と、土下座をして、頼みます。止める様に言うヨンイン達。そこに、ミランが入ってきます。さらには、ヨンジャ、ボンイルが帰宅。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/6/9  20:10 | 投稿者: いい加減人

カン・イヌクから渡された離婚届を、ユン・マリに渡すソ・ジョンウォン。中身を確認したユン・マリは意外そうな顔をしていたけど、カン・イヌクが、まさかこれを用意するとは思っていなかったんでしょうね。

ユン・マリ母を、ソ・ジョンウォン母の元へ連れて行く日、ソ・ジョンウォンに、カン・イヌクから電話がかかってきます。ユン・マリと電話を替わる様にカン・イヌクからいわれたソ・ジョンウォンは、スピーカーフォンに。「裁判所には、ふたりで離婚届を出そう。僕の考えが変わる前に」と、カン・イヌク。

仕方なしに、行くことにしたユン・マリに、ソ・ジョンウォンは、GPS付きのスマホを渡します。ユン・マリは、母を、ソ・ジョンウォンに託します。

呼び出されたレストランへと行ったユン・マリ。「最後の食事だ」と、言うカン・イヌクに、ユン・マリは「治療をして」と、言います。カン・イヌクは「治療をするよ」と、言い、ユン・マリは「待ったけど、あなたは変わらず、疲れた」と、言います。正直、同じことの繰り返しが、ここへ来て、出てきています。

裁判所の前まで来たふたりですが、ユン・マリのスマホが鳴ったことで、気分を害したカン・イヌクは、スマホが入るユン・マリのカバンごと、後部座席へ放り投げ「遊園地へ行こう」と、車を別の方向へ。

河原の様なところで、ユン・マリに「僕を愛していた時があっただろう?」と、カン・イヌク。「一度もない」と、ユン・マリ。カン・イヌクは、ユン・マリの顔を愛したんじゃないと、証明するために、見えなくなる様、目を銃で撃ちます。意識が戻ったユン・マリは、血を流して倒れいてるカン・イヌクのスマホを使い、救急車を呼びます。

GPSで、ユン・マリの居場所に来たソ・ジョンウォンですが、ユン・マリの姿は無く、カン・イヌクの車だけ。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/6/9  19:25 | 投稿者: いい加減人

石材店役:アン・スホ 『カンテク 〜運命の愛〜』『世界で一番可愛い私の娘』『たった一人の私の味方』

ガンドゥとムンス、ふたりでお昼を食べに行ったりで。ガンドゥは、ムンスに好意を抱きつつも、事故のことを忘れて、笑っているムンスを見て、不公平だとも感じます。

ユテクは、マリのクラブに来て、マリに、ガンドゥのことを聞きます。「お金で動く人」と、言うマリ。なんか、マリは考えがあって、こう言っている様な雰囲気だったけど?

ユテクに呼び出されたガンドゥは、慰霊碑再建の契約書を見せられます。「これだけのために、呼んだのか?」と、ガンドゥ。ユテクは「なんで、俺が行かなきゃいけない。公平では、無いんだ」と、言います。

会議で、ムンスは、岩盤のことで、意見を言うと、ユテクにイチャモンをつけられます。ユジンにも咎められ、ジュウォンから、帰る様に言われます。荷物をまとめている時に、ムンスは、ガンドゥが廊下を歩いているのを目撃します。会議室を出た後、ジュウォンから「疑問に思うことは、この仕事では大事なことなんだ」と、ちょっと励まされるムンス。

ムンスは、落ち込んで、階段に座り込んでいると、ガンドゥが通りかかります。ムンスは「さっき見た気がしたの。やっぱり居たんだ」と、言います。ムンスはガンドゥから「家で飲もう」と、言われたらしく、ついてきたら下宿なので、若干、引きます。その下宿先の屋上で、飲むふたり。

ガンドゥは、ムンスを見て、笑顔になっている時がありますけど、そのことに、本人は気づいているのでしょうか?

慰霊碑を再建のため、石材を見に行くガンドゥと、ムンス。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/6/9  18:42 | 投稿者: いい加減人

如懿が、冷宮を出るらしいと、噂が出て、如懿の排斥を狙った人たちは、如懿を殺さねばとまで、思います。

如懿も出られそうだと、話を聞き、これまでの経緯から、座して待つことはしないと考えていました。

診察に来てくれた江与彬(こうよひん)に、如懿は「あれをお願い。あなたしか手に入れることができない」と、言います。

冷宮にいる如懿とズイ心が、砒素(ひそ)に倒れます。

知らせを聞いた慎貴人(しんきじん)は「毒婦は死ねば良い」と、言います。それを、幕の向こう側から、ギョロ目で見ていた乾隆帝は「自分が何をしたか考えるんだ」と、慎貴人(しんきじん)を叱責します。

急いで、冷宮にやってきた乾隆帝は、如懿に「ここから出す。嫻妃」と、なんと、すでに、称号で呼ぶのでした。

海貴人の香に辰砂(しんしゃ)が、入っていたり、如懿に、砒素(ひそ)が、盛られていたりで、如懿に危害を加えてきた人らは、お互いに、誰が?と、疑心暗鬼になっています。まぁ、如懿も、海貴人も狙いはそこでしょうね。

如懿が冷宮を出ると聞いて、皇太后は「これで、再調査になるだろう」と、高みの見物の様です。

如懿が冷宮を出ると、乾隆帝が待ち構えていました。さすがに、3年も冷宮暮らしをさせられたので、如懿としても、乾隆帝に「私が、辛い思いをするとわからなかったのですか?」と、嫌味の一つも言いたくはなりますよね。乾隆帝は「まだ、即位してまもなかった」と、自分に力が無く、政治的にも押さえ込むことが難しかった事情を話します。

ちなみに、冷宮を出た如懿が階段登る場面、オープニングに出てきていますよね。


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ

2021/6/9  14:11 | 投稿者: いい加減人

カン・ジウクがが、ヨンジャの肩にもたれる姿を見たソンジェ。そのカン・ジウクは、ヨンジャに「もう、君を煩わせることはしないよ」と、言います。

会長をお見舞いしたソンジェが、病室を出たところで、カン・ジウクと会います。カン・ジウクは「僕と話をしないで、帰るつもりだったの?」と。ソンジェは「また、あとで、話をしようと思って」と、言います。カン・ジウクは悲しそうに「僕が、お祖父ちゃんに逆らったから、倒れたんだ」と、ソンジェに話します。

ヨンジャは、病院にいる先輩医師から「君のお父さんの病院から運ばれた妊婦さんが亡くなったのは、本当だった」と、聞かされます。ヨンジャは、信じられず茫然と病院のベンチに座っていると、ソンジェに声をかけられ、送ってもらいます。ソンジェから「何も、話さないけど、心配事でも?」と、言われるヨンジャ。

ヨンジャは、ソンジェの車を降りると、セユンに電話をして「家の外で話がしたい」と、言います。門の前で待つセユン。帰ってきたヨンジャから「5ヶ月くらい前、お父さんの病院で、何かあった?」と、聞かれ。セユンは「知らない。何かあれば、知ってるはずだが?」と、言います。多分、本当に知らないんでしょうね。

会長が目覚めます。

病室の外にいるジスクに、イェラとミランは「今回のことは、あなたの責任問題」と、言います。ジスクから会長が目覚めたことを聞かされると、急いで病室に入るふたり。

病院の廊下で会ったヨンジャと話しをするジスク。だれかを見て、ジスクは驚いた様な顔をします。それは、テソンでした。ん?なんでしょうね。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ