ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2021/6/30  20:17 | 投稿者: Author

資材を工事現場へと運んだガンドゥとムンス。ムンスは記念だと、牽引車と一緒に自分を写真に撮る様、ガンドゥにお願いします。

ムンスはもちろんですが、ガンドゥもその写真を見て、にやけます。

ワンジンと病院にいたムンスは、ちょうど薬屋のおばあさんに会います。薬屋のおばあさんは、ムンスを自宅へと連れてきます、そこには、ガンドゥもいて、おばあさんに「なんだよ、呼び出して」と、言います。そして、ガンドゥとムンスはお互いに見て、あれ?と言う感じに、なります。

お互いが知り合いだったのだとわかったおばあさんは、ガンドゥにムンスを送っていく様に言います。おばあさんは、ふたりを引き合わせようとしたんでしょうね。ガンドゥとムンスは、お互いに離れ難く、バス停で手を握ったまま、バスを何台か逃します。そして、とうとうふたりでバスに乗ります。

そんなこんなで、化粧をして出勤をするムンス。微妙に髪の毛の縛る位置も上がっていた様ですよ。事務所で、ジュウォンに「綺麗だ」と、ムンスは言われます。工事現場では、ガンドゥに「なんか、今日、違うな。可愛い」と、言われ嬉しいムンス。

工事現場の事務所では、事故の遺族でもあるイ課長が、ユテクと話しをしています。銀行の次長は納得しているのに、イ課長はそうで無い様なんですね。その後、イ課長が、ガンドゥと居合わせると、ガンドゥに「お前の親父が手抜き工事をしたせいだ。人殺し。お前も、また、何かやろうとしているのか?」と、言い、殴り合いの喧嘩に。ムンスが、ガンドゥを止めます。

事務所を出てから、ガンドゥが、ムンスの手をとりますが、ムンスは、ガンドゥに冷たい視線を送り、ガンドゥを振り払い、立ち去ります。

ガンドゥの父、チョルのせい?チョルだって、命令されて、仕事していただけよね?


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/6/30  18:58 | 投稿者: Author

第一皇子、純貴妃の息子の葬儀での騒動に対し、皇太后としても、如懿に牽制しなければならないのでしょう。皇太后は「叔母の烏拉那拉(うならな)氏は、執着があの末路。私は皇后では無かったが、今、こうして後宮を仕切っている」と、言います。如懿は「叔母が一族のため、私に皇后になれと言うのには、私も疑問に思うところがありました」と、言って、出て行きます。

如懿で出ていくと、ちょうど愉妃がきていて「私がしたことだと、皇太后に話してくるわ」と、言います。如懿は「あなたが、言ったところで同じこと。私のためにしたことだとはわかっているけど、もう、こんなことはやめて。あなただって、胸が痛むでしょう」と、言います。本当、愉妃としても。胸を痛めるところは有ったでしょうね。

皇太后は、乾隆帝に皇后を立てては?と、子供が多い純貴妃を勧めますが、乾隆帝は、孝賢皇后が亡くなってまだ日が浅いと、皇后のことを断ります。皇太后は、それでも、後宮を差配するためにも、皇貴妃でもいいから立てる様、言います。乾隆帝は、それを、如懿にしようとしますが、皇太后は「如懿には子供がいない」と、言います。

乾隆帝は「だからこそ、如懿がいいのです。一族の後ろ盾もいません」と、言います。しかし、皇太后は、如懿が重責を担えるのか、不安視します。すると、乾隆帝は「それならば、如懿が無能までのこと。母上、朕はもう子供では、有りません」と、言います。

こうして、如懿は、皇貴妃に、嘉妃も嘉貴妃に、だったかな?まぁ、嘉妃が昇格したかどうかなんか、どうでも良いけど。

進忠(しんちゅう)から、子供がいないと、昇格できないと、刺激された衛エン婉。先日、おばかを乾隆帝に披露して、お召しがなくなった衛エン婉が、考えることと言ったら、凌雲徹(りょううんてつ)を、呼び出すこと。しかも、ことが済んだら、凌雲徹(りょううんてつ)を、消すって算段。

変なお香のせいで、呼ばれた凌雲徹(りょううんてつ)は、意識朦朧とはしていましたが、そんなことはいけないとわかっているので、なんとか逃げます。衛エン婉は、まさか、凌雲徹(りょううんてつ)、ばらさないわよね?と、気にします。それより、お召しがないのに、衛エン婉が妊娠したところで、朕の子では無いとばれて、死罪に処される程の事だろっ


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ

2021/6/30  18:14 | 投稿者: Author

ヨンジャは、ヨンインが眼科を突然解雇された件で、テソンに抗議をしに行くと「わかったかこれで。お前が動くと家族に迷惑がかかる」と、言われます。ヨンジャは、それでも、黙ってはいないと、引き下がりはしません。

ヨンジャが、ボンイルの娘?状態のソンジェ。道端で、ヨンジャに会おうとしていると、ヨンジャがボンイルに「お父さん」と、言って、一緒にいる姿をソンジェは目撃し、疑問が、確信に変わり、愕然とします。

ヨンジャが、ヘソル化粧品を解雇されることになり、ほくそ笑むイェラ。

病室でセユンを、申し訳なさそうに見ているボンイル。そんなボンイルを見て、セユンは「お義父さんは、ひとりで家族を守ろうとしていたんですね」と、思います。

検診かな?で、病院を訪れる会長。付きそうカン・ジウクと、ジスク。そこで、ちょうど、ヨンジンが、カン・ジウクに気づき、声をかけ、セユンを夫で、ここで研修医をしていると紹介します。カン・ジウクは会長を紹介。病室に戻ってから、会長の主治医になれるかも?と、ヨンジンは、取らぬ狸の皮算用をしています。

セユンの方は、病室を出て、カン・ジウクに会い、ヨンジャが大怪我をするところだったと、テソンが危険なことをする人物であることを教えます。セユンは、これまで、目立つ存在では有りませんでしたが、家族のことを大事に思い、的確に行動出来る、頼りになるヨンジンの立派な旦那様ですね。

そして、とうとうテソンは、亡くなった妊婦の夫が、ソンジェであると知り、ヨンジャとソンジェ、ふたりをいっぺんに呼び出し、話しをすることに。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/6/29  19:54 | 投稿者: Author

ユン・ソンハと言う名前で、ユ・ジナのピアノ講師をしているイ・ギョンハ。パク会長宅で、イ・ギョンハが、何か埋められてある木の近くを掘っていると、コ・ナギョンが帰ってきてしまい、何をしているのかを聞かれて「土が好きなもので」と、答えるイ・ギョンハ。流石に、コ・ナギョンも怪しみます。そりゃ、イ・ギョンハは、ここ掘れワンワン状態なんだもの。

そして、レッスンをしたイ・ギョンハは「視覚障害があるイ・ギョンハと言う友人がいる」と、自分のことを友人と言って、ユ・ジナに話します。

ユ・ジナは、収録に行かないほど、動揺した様で、離れで酒を飲んでいます。心配したパク会長が「引退して、私のそばにいろ。前の人の時は、引退しても良いと思っていたのに、なんで、引退しないんだ?」と言います。「愛して無いからよ」と、ユ・ジナ。

次のピアノレッスンで、ユ・ジナにイ・ギョンハはつい「顔色が悪いですね」と、言ってしまいます。「見えないのに?」と、すかさずユ・ジナ。「具合が悪そうな人は、だいたいそうだから」と、誤魔化します。ユ・ジナは、イ・ギョンハに「イ・ギョンハの居場所を知らない?」と、聞きます。「知りませんが、親しい人に聞いてみます」と、イ・ギョンハ。

ヒョンジョンはホン・ユニに別れを告げます。ホン・ユニは、そのことを、ギョンジャに相談。こちらも、めんどくさい女だなぁ。

ヒョンジュンは仕事に必要と理由をつけて、チョン・ヘダンに、ブランド服を何枚もプレゼントをし、高級レストランへ。しかし、チョン・ヘダンに「高い」と、言われ、食堂へ。コーヒーも缶コーヒーで、ベンチで話しをすることに。ヒョンジュンは「こんなハズじゃなかった。この間の返事は?付き合うって話し」と、言います。

しかし、チョン・ヘダンに「付き合っている人がいます」と、言われ、撃沈してしまうヒョンジュン。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/6/29  18:19 | 投稿者: Author

ジュウォンは、心労が重なり、倒れそうになるのを、ガンドゥが助けます。

ムンスは、ヨンチョルから、ガンドゥが怪我をしたと聞かされ、心配し、下宿先で待ちます。ガンドゥが帰ってくると、ムンスは「電話に出てよ」言います。しかし、ガンドゥのスマホは、充電が切れていた様です。「怪我は?」と、ムンス。ガンドゥは「怪我してない」と、言います。ムンスは、あちこちガンドゥが怪我をしていないかと確認します。

そこに、ムンスには、ワンジンから電話がきます。ムンスにヨンドゥは「10分経ったら、入ってきて」と、言われていた様で。ムンスは、ワンジンの家で、シニョンと「出てけ」「出て行かない」で、カバン(かな?)で、引っ張り合い。そこに、ヨンドゥが入ってきて、シニョンが手を離したので、ムンスが頭をぶつけます。

心配するワンジンは「この子、頭を打って、記憶を無くした事があるのよ」と、言います。ガンドゥは、これで、ムンスの事情を知った様な顔をしていました。

この後、ガンドゥの下宿先の屋上で、ムンス、ワンジン、シニョンそしてサンマンも含めてパーティーをします。このシーン、ウープニングに有りますよね。この時、ムンスが、サッカーの話しをし、それは、事故現場で、ガンドゥが、ムンスに話したものでした。すると、ガンドゥは幻聴が聞こえてきて、その場を離れます。幻聴は、多分、当時のムンスの彼氏の声ですよね?

どうやら、そのムンス彼氏が亡くなり、ヨンドゥは罪悪感で、苦しんでいた様ですね。ヨンドゥの責任では無いのに・・・。

ガンドゥとムンスで、資材を探しに行きます。資材を見つけ出したものの、そのコンテナをどう運ぶんだ?と、なりましたが、なんと、ムンスは牽引免許を持っていたんですね。その資材を、ムンスとガンドゥで、工事現場へと、運んできました。現場には、岩盤を調べようとしているジュウォンもいますよ。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/6/29  13:51 | 投稿者: Author

孝賢皇后(こうけんこうごう)の葬儀で、涙を見せない2人の皇子。すると、乾隆帝は2人に「なんで、涙を流さない」と、言います。第一皇子は「父上が悲しんでいるので、しっかりしようと」と、言います。乾隆帝は「皇太子を狙っているのか?」と、蹴り飛ばして激昂。

驚いた純貴妃は、自分の息子をかばいますが、乾隆帝からさらなる怒りを買い「2人には、皇太子の資格は無い」と、嘉妃の息子、第四皇子が脚光を浴びることになります。あまりの衝撃に倒れる純貴妃。ってかさぁ、乾隆帝も、孝賢皇后葬儀中に、何をやっているの?ひと段落してから、2人に愉ても良いのでは?

第一皇子の件は、嘉妃自身が仕掛けたことですが、純貴妃の息子は、嘉妃にとって、漁夫の利だわ。まぁ、葬儀の件で、嘉妃は、純貴妃に神輿担いだから、漁夫の利でも無いのかな?

意識を取り戻した純貴妃は、皇太后に助けを求めに行きますが、門前払い。侍女から「雨が降りそうだから、膝まづいている皇子達を助けに行きましょう」と、言われ、純貴妃はそちらへ。皇太后は、侍女に「自滅した人を助ける必要は無い」と、話していました。

孝賢皇后(こうけんこうごう)が、生前、純貴妃を皇后にとしていたと、情報が漏れているのは、純貴妃の、侍女や太監が、吹聴したからでは無いかと、乾隆帝から疑いの目を向けられ、純貴妃の、侍女、太監で、追放される人が・・・。あれほど、孝賢皇后(こうけんこうごう)の死後、純貴妃を妃嬪達は、よいしょしていたのに、一転して、潮が引いたように誰も寄り付かなくなります。

如懿は、倒れた純貴妃のために、侍医が診られる様に、手配してくれたようです。

第四皇子から「父上から褒められました」と、聞かされ、野心が抑えきれない嘉妃。ふたりの会話を誰かが、聞いてたら良いのに。

如懿が上を眺めている場面、オープニング に出てきていますよね。やってきた愉妃をとがめる如懿は「情も無くなったら、何もかも無くなる」と、言います。愉妃は「お姉さまは、情に流されやすい」と、言います。宮中では、策も必要だけど、如懿の言う情も大事よね。


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ

2021/6/29  13:13 | 投稿者: Author

ヨンジャを助けたセユンが、車にはねられ怪我を負います。

連絡を受けたテソンは、なに〜?と、思ったものの、直接それは、自分が指示したことでは無いし、ボンイル側には、警告になっただろうとほくそ笑みます。

ヨンジャは、ふと、あの時、テソンの秘書が車で走り去っていたのを、思い出していました。はい、私も、あの時、一台の車が走り去っていたけど誰かの車?とか、気になっていました。血の気の多いヨンジャは、テソンに怒鳴り込みに行こうとしますが、むしろ被害者のセユンに「証拠がない」と、窘められます。

テソンは、会長からの追求に、自分の方がボンイルに脅されていて、最近知ってたことで、秘書がしたことだと、主張します。

会長からそれを聞かされたカン・ジウクは自分でテソンに問いただそうとしますが、会長から「全て納得と言う訳では無いが、ここらで終わりにしよう。イ社長は、会社に尽力してきた人だ」と、言います。信じることと、盲目的なのは、違うのでは?

ヨンインから、テソンの力で、眼科を解雇になったことを聞かされたヨンジャは、またも、家を飛び出していきます。正直、ヨンジャのこういうところもどうかと思うわ。家族中から自重する様に言われているのに・・・。

カン・ジウクは、一連のことを納得できないと、ソンジェに話します。カン・ジウクは「ナ・ボンイル院長は、イ社長に脅されて、お金を渡されたんだ」と、言います。ここでようやくソンジェが、え?何?その名前?と、なり、カン・ジウクの話しの内容は上の空。

ソンジェが、ヨンジャは、ボンイルの娘?と言う感じで歩いていると、ちょうど、また、テソンに抗議しようとやってきたヨンジャと出くわします。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/6/29  7:30 | 投稿者: Author

何も話さないファンに、チョン・ソンジュン刑事は「動機がわからなかった」と、話します。そして、チョン・ソンジュン刑事は呪いが動機だったと話し、ファンをタグ付したことを話します。さすがに慌てたファンは、プログラマーに電話をして、自分をタグから、外す様お願いします。「タグ付されていませんよ」と、言われるファン。

「騙したな」と、チョン・ソンジュン刑事に怒るファンですが、後の祭り、それが、動機だと言ったも同然です。

フォレスト、上場当日、大規模儀式会場に現れるイム・ジニとソジン。余談ですが、生意気な、ジョンフンもいました。オオトモ、多国籍の巫女で、結界を作った様ですね。チン・ソンジュン会長が現れ、儀式が行われます。イム・ジニがスマホから、チン・ソンジュン会長の写真を出し、ソジンは、チン・ソンジュン会長の持ち物のボールペンを取り出し、謗法を始めます。

会場に、チョン・ソンジュン刑事らも現れます。イム・ジニはタタグ付されていましたから、様子がおかしくなります。実は、ジョンフン、チョン・ソンジュン刑事もタグ付されていたんですね。その他、タグ付された人たちの様子がおかしくなります。しかしソジンの謗法が勝り、チン・ソンジュン会長は亡くなり、炎上。タグづけされた人達は大丈夫です。

ファンも捕まりました。

ソジンは、養護施設のベットにいて、職員の話しによると「生きてはいるが、目覚めないのです。原因がわからないとか」と、説明を受けるイム・ジニと、チョン・ソンジュン刑事。意識の無いソジンに話しかけるイム・ジニは「あなたに似合うと思って」と、コートをあげます。

「普通に生きて」と、部屋を出るイム・ジニ。ソジンは目から涙が溢れています。養護施設から立ち去るイム・ジニ達。子供が、ソジンの部屋に入ると、ソジンはいませんでした。イム・ジニからのコートは無くなっていた様でした。ソジンは意識のないフリをしてたんでしょうね。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/6/28  20:48 | 投稿者: Author

記者役:イ・ドヨン 『Queen for Seven Days七日の王妃』『猟奇的な彼女』『今週 妻が浮気します』

図書館のオープニングイベントに、作家モルペウスを呼びたいキム・ミソ。しかし、まだ、モルペウスに連絡が取れている訳では無いので、そのことを、キム・ミソは、イ・ヨンジュンには言えません。

イ・ヨンジュン家族は、ソンヨンも含めて、食事。ソンヨンとイ・ヨンジュンには、ワダカマリがある様で、ソンヨンから殴られるイ・ヨンジュン。

そして、イ・ヨンジュンは、なぜかキム・ミソ自宅前で待っていました。そんな事も知らず買い物から帰ってきたキム・ミソは、驚きます。イ・ヨンジュンの口が切れている事に気づき、キム・ミソは、自宅で、イ・ヨンジュンの傷の手当てをします。そして、キム・ミソは「ラーメン食べますか?」と、聞きます。

即席ラーメンを食べるイ・ヨンジュンは「添加物いっぱいの食品だが、食べよう」とか、相変わらずうざい事を言いますが、美味しく食べます。

イ・ヨンジュンは、ラーメンを食べるという事は、特別な仲なのか?と、ユシクに相談します。いつもの様に、そうじゃない?と、気の無い回答のユシク。

イ・ヨンジュンとしては、もう、恋人気分なのか、翌朝は、キム・ミソの自宅前に、車で来ていました。キム・ミソは秘書なので、自分が運転をしようとしますが「僕が運転する」と、イ・ヨンジュン。まぁ、イ・ヨンジュンなので、自分が用意した飲み物を、キム・ミソに飲む様、強要に近いところもあったりしますが・・・・

キム・ミソの方も優しさを見せるイ・ヨンジュンのことを考え、頭がボーッとなっています。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/6/28  20:13 | 投稿者: Author

毓瑚から、素練が亡くなった現場にあったかんざしを見せられた乾隆帝は、それが純貴妃(じゅんきひ)の物とわかります。毓瑚も乾隆帝自身もそれが、証拠にはなりませんが、純貴妃(じゅんきひ)に疑念は湧きます。

しかも、純貴妃(じゅんきひ)が、皇后の葬儀で、仕切り、嘉妃(かひ)が、したがっている現状を目の当たりにしていると、乾隆帝は皇后に疑いを持ったのは、間違いだったのでは?と、ひとり罪悪感を抱きます。それを払拭するかの様に、皇后の葬儀を盛大に行う乾隆帝。

ある時、如懿は、第一皇子が自分が思うほどに、如懿を大事にはしておらず、野心があることを知り、衝撃を受けます。

次期、皇后は、純貴妃(じゅんきひ)だと、妃嬪(ひひん)達は、媚を売ります。

皇后争いには、興味が無い如懿に代わり、自分の息子まで使って暗躍する愉妃(ゆひ)。わざと、純貴妃の息子の前で、自分の息子に「葬儀で涙を見せないほうが、皇太子になれる」と、言います。

それを、純貴妃(じゅんきひ)に、話す、彼女の息子。純貴妃は「愉妃(ゆひ)は、慎ましいと思っていたけど、裏の顔があるのね」と、言います。ちゃうわ。あなたの息子を行きずり下ろそうとしてるんですわ。

それと、愉妃(ゆひ)は、自分の息子から、乾隆帝にある話させることで、第一皇子が皇太子の座に意欲があることに、気づかせます。

嘉妃(かひ)は、第一皇子に「あなたの母親を殺したのは、皇后」と、吹き込みます。


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ




AutoPage最新お知らせ