ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2021/6/2  20:36 | 投稿者: いい加減人

落とした鉢植えが割れる、ソ・ジョンウォン。ユン・マリが、カン・ジウクから暴力を受けましたよと言う、暗示?

暴力を振るったカン・ジウクは、ユン・マリに「頼むから、そばにいてくれ」と、その様は、まるで子供。愛情に飢えていると言うことなんでしょうね。

レストランで食事のユン・マリと、カン・ジウク。カン・ジウクはネックレスをユン・マリにプレゼントし「変わる努力をしてるんだ」と、言います。それが、暴力亭主の常套句。そのネックレスを「つけてあげるよ」と、ユン・マリに言うカン・ジウク。

ユン・マリは「トイレ」と、言って逃げます。もちろん、チョリョンもついていきます。レストランに、実は、チュ・ヘラもいて、ユン・マリに気づき、追います。

洗面所で、ユン・マリの上着を脱がしたチュ・ヘラは、その傷跡を見て、また、ユン・マリが、カン・ジウクから、暴力を受けていることに気づきます。しかし、チョリョンが声をかけてきたりで、ユン・マリが、チュ・ヘラに、何かを伝えたりは、できません。

黙っていることなどできないチュ・ヘラは、それをソ・ジョンウォンに伝えます。これまた、見過ごせないソ・ジョンウォンは、カン・イヌクの家へ。ソ・ジョンウォンはスマホを録音にして、ポケットにしまい、部屋に入り、カン・イヌクを殴り「痛いだろう?」と。

カン・イヌクは、弾を一発込めた銃を頭に押し当て「マリがいないと生きていけない」と、ロシアンルーレット、引き金を引きます。外れ。もう一発。外れ。今度は、顎下から銃を押し当て引き金を引くカン・イヌク。外れ。すると、ソ・ジョンウォンは、愛とはそうやって、証明するもんなんだと、ロシアンルーレットに参加し、外れ。

泣きながら、腰を抜かしているユン・マリを連れ出し、自分のコートをかけてあげるソ・ジョンウォン。しかし、カン・イヌクの部屋に連れてこられた母を、テレビ電話で、見せられたユン・マリは戻るしかありませんでした。引きずり出されるカン・イヌクですが、見ている私は落ちたコートが気になります。そこに、録音したスマホが有りますよね?


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/6/2  19:55 | 投稿者: いい加減人

昨夜(前回の最後)だいぶ、ムンスは飲んでいたので、お酒臭くないか、気にしていたけど、ガンドゥに「匂う」とか言われて・・・。

会社では、なんか、ムンスは、ソミと険悪な雰囲気になっていたけど、前回、何か有ったっけ?

ユジンは、ムンスが、ジュウォンを好きなのか、気になる様ですね。

岩盤等を調べるため、現場確認をしに行くムンス、ソミ、ユジン。現場についてから、ユジンは、他のところに行ってたけど・・・。ムンスをひとり、調べに行きます。そこが、立ち入り禁止区域と知るソミ。

調べている最中、ムンスはスマホを取り出し、写真を撮ろうとしますが、風が吹き、書類が飛ばされ、地下水がある穴に書類が落ちます。それを拾おうとしたムンスは落ちる訳です。ってか、外で、書類を確認するなら、バインダーで止めるなり、ホッチキスでまとめるなり、しておくほうが、無難よね?

ドボンしてしまったムンスは、手を伸ばすも、自力での脱出は、不可能。「助けて」と、ムンスは声をあげますが、そのうち、崩落事故を思い出し、恐怖心が襲いかかります。ムンスは何もできず、ただ、座り込んでしまいます。

事務所に、ソミしかいないことに気づいたガンドゥが、ムンスを探しに行き、救助します。ガンドゥは、ソミに「一体何が有るか知らないが、いくら嫌いな相手でも、立ち入り禁止に人を行かせないだろう」と、言います。

ムンスには、以前、怪我した自分を助けてくれたお返しだと、ガンドゥ。知っていたのかと思うムンス。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/6/2  18:58 | 投稿者: いい加減人

皇后達に虐げられた海貴人は、冷宮にいる如懿を訪れます。如懿は、海貴人に「泣き言を言わず、自分の助けになる人の力を借りて、身を守らないと。あなたが幸せなら、私は安心できる」と、言います。

雨の中、泣きながら歩く海貴人は、安華(あんか)殿に、たどり着きます。そこには、慧貴妃がお参りをしていて、侍女との話し声が、海貴人に聞こえてきます。雨が降っているのに、かき消されることなく、聞こえるのかな?とか見ながら、思ったけど・・・。まぁ、それは、良いとして、皇后のために、慧貴妃が、如懿を陥れたことを、海貴人は知ります。

如懿の励ましより、このことが、海貴人に火をつけたかもしれません。

侍女が海貴人に葦を持ってきます。海貴人は「風流が有って良いわね。飾りましょう」と、言います。それと、海貴人は、皇太后のために、乾隆帝が布団を作っていると知ります。

そして、繡坊を訪れた海貴人は、女官達にあれやこれやと、布団のための助言をします。これを、外から見ていた乾隆帝。ってか、出入り口には、御簾がかかっているのに、本当は外から見えないはずなんだけどね。何のための御簾よ。その様子に、乾隆帝は大層気に入り、海貴人に「今まで、冷遇していた」と、繡坊を出る時は、海貴人と手を繋いでいましたわ。

で、乾隆帝は「延禧宮へ行く」と、言っていたのに、海貴人は、何で、布団で簀巻にされて、運ばれているのかしら?

具合が悪かった第二皇子が、亡くなります。具合は悪かったものの、急死だった様です。呼吸に良くない葦の花粉を吸ったとか何とか、言ってたけど?気になったのが、まさか、海貴人が、第二皇子の死に関わっているの?はっきりとそういう描写があるわけでは無くて、ただ、海貴人が葦を「飾ろう」と、言っていただけで、匂わせなんだけど・・・。なんか、気になるわ。


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ

2021/6/2  14:24 | 投稿者: いい加減人

社長室に会長が現れたので、テソンは、秘書に、ヨンジャのことを、また後でみたいな感じで言います。これで、ヨンジャは戻ることになり、ここでヨンジャとボンイルが会うことはありませんでした。

会長にボンイルとは良い関係なのだと、嘘を言うテソン。

社長室を出たボンイルがデパートの中を歩きます。ここで、ボンイルがヨンジャと会うのかと思ったけど、会ったのは、ソンジェでした。ボンイルは、ユチェは、元気かと気にしますが、ソンジェの方は気まずそうでした。

ソンジェがひとり座っていると、ヨンジャがやってきます。まだ、お互い関係性がわかっていませんから、ソンジェは、悪い人では無いけど、気が重い人と会ったと話します。ヨンジャは「相手にも、その気持ちは通じていますよ」と、言います。

ホテルでの、アメニティがヘソル化粧品だと知ったイェラは、また、何かを思いついた様です。

その化粧品を、ただ、バイク便でホテルに届ければ良いだけなのに、ヨンジャを行かせるイェラ。これは、ヨンジャとカン・ジウクが食事をするとイェラは知ったので、おそらく邪魔するためでしょう。しかも、イェラはホテルの人に、ヨンジャにそれを、配らせることまで、命じていました。

ホテルに到着してから、それを配る様言われるヨンジャ。

イェラは、わざと、ソンジェに、ヨンジャがホテルに行ったから、迎えに行ったらどうかと言います。ヨンジャを待つカン・ジウクには「ヨンジャは室長と付き合っているんだから、来ない」と、イェラは言います。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ