ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2021/6/7  20:21 | 投稿者: いい加減人

宮中で、中元節が行われる中、皇太后に太監が「紙銭(しせん)を冷宮で燃やしています」と、知らせてきます。冷宮にやってきた皇太后に、如懿は「紙銭(しせん)は、燃やしていません。皇太后に孝行していたのです」と、言います。皇太后の侍女がその燃えかすを見て、皇太后に「紙銭(しせん)では、有りません」と、伝えます。

にもかかわらず、太監は「紙銭(しせん)のはずだ。なぜ、紙銭(しせん)を燃やさない。今日は、那爾布の49日だろう?」と、言います。はい、ここで、如懿、皇太后、見てる人も気づきます。何で、皇太后で側仕えをしている太監が、那爾布の49日を知っているのだろう?と・・・。皇太后は「私より大切にしている主がいる様だ」と、言います。

この様子を見ていた吉太嬪が、皇太后に襲いかかります。身を挺して、皇太后を守る如懿。太監は罰を受けることになり、吉太嬪は、死罪に・・・。太監も、燃やしているのが、紙銭(しせん)じゃ無いとわかったらなら、余計なことを言わなきゃ良いのに、墓穴掘ってるね。

皇太后も、毓瑚から報告を受けた乾隆帝も、この件の黒幕が、皇后であることは、察していました。

海貴人(ハイきじん)は、見事、ご懐妊。

ある日、江与彬(こうよひん)の診察を受ける如懿。この時、腕輪が床に落ちます。オープニングに出てきている画像ですね。すると、腕輪の中から、丸い薬の様な物が出てきます。それを、調べた江与彬(こうよひん)は「妊娠しない薬です」と、教えてくれます。

これは、如懿がお輿入れの時、皇后から、慧貴妃共に贈られた腕輪でしたよね。皇后の悪辣さを、改めて感じる如懿。さらには、江与彬(こううよひん)は、慧貴妃が、健康を害していることも、如懿に話し、薬に何か入っていると、伝えます。口外しない様に言う如懿に、宮中での行動を心得ていると言う江与彬(こうよひん)。


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ

2021/6/7  17:53 | 投稿者: いい加減人

警察で鉢合わせとなるボンイルらと、テソンら。お互いに、子供同士が付き合っていることを知ります。ここでは、テソンより、ミランがあの調子でワーワー言ってましたわ。ハナも、ミランの、あのワーワーには負けてるかも?いや、口では、ハナは、ミランに負けないかも?

ミランは、ただ、ワーワーでしたが、テソンは、にやけていたので、この状況を利用しようと目論んでいるのかもしれません。

家で、ヨンインは両親に「ソノのお父さんとは知り合いなの?」と、聞きます。ハナは「知らない」と、バレバレなのに、しらばっくれますが、ボンイルは「この先、会いたく無い人だ」と、まぁ、それなりに、本当のことを言います。

レストランで、カン・ジウクが、ヨンジャに「イェラさんとは、別れた。ヨンジャさんが好きだ。考えて欲しい」と、言います。困惑のヨンジャ。ちょうど、イェラは、ふたりが一緒のところを見て、いきなり、ヨンジャに水をかけます。ヨンジャ以上に、立腹のカン・ジウクがまず、イェラに「ヨンジャさんに謝ってくれ」と、いいますが、まぁ、拒否されます。

ヨンジャに嫌な思いをさせたく無いカン・ジウクは、嫌がるイェラに「帰ろう」と、無理やり、レストランを出ます。

ヨンジャから電話がかかってきて、ソンジェは「今、本を読んでいた」と、読んでいなかったのに、本を手にとっちゃったりして。テレビ電話でも無いのに、何も、本を手に取ること無いじゃん。そして、呼び出されたソンジェはヨンジャから「いつものお返し」と、飴を渡されます。

イェラは、ヨンジャの家の前まで来ていました。帰ってきたヨンジャとイェラは口論。これをお庭に出てきたヨンインが、話し声を聞いて、門から出てきて、ヨンジャに加勢。さらには、ヨンジンも出てきて、まさかの三段落ち。イェラは、帰るしかありませんでした。

カン・ジウクから「イェラさんとは別れる」と、言われたのがショックだったのか、会長は、会長室で倒れます。これも、韓国の十八番。カン・ジウクに罪悪感を抱かせるパターンでしょうね。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ