ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2021/7/1  20:54 | 投稿者: Author

今回、ジンダーが明かりを見ているシーンが出てきましたが、これ、CM明けとかに出てきてますよね?

ジュンロンとチャオジュンは、一人暮らしの人達のための、食堂をオープンさせることにします。よろず屋の隣にね。

ジンダーは、ジュンロンに恋のチャンスを掴み取る様に言います。

ジンダー過去・・・。紹介をしてもらった女性はあの後、ジンダーの家を訪れ「映画を見たかった訳では無いの。わざわざ紹介してもらったの」と、打ち明けます。

その後、ジンダーのお店のオープンため、手伝うその女性。ジンダーの息子の面倒も見ている感じです。ジンダーとしても、その女性に感謝をしつつも、インユェイを忘れることは、出来ません。また、その女性も、ジンダーのその気持ちは充分に知っているのです。

ある時、女性は、ジンダーに本を返し、自転車で帰ります。本には、手紙が入ってあり“今まで、ありがとうございます”と、書かれていました。ジンダーは後を追い、その女性を自転車に後ろに乗せて、送ります。

現代・・・ジュンロンは「じゃ〜、ばあちゃんは本当のばあちゃんじゃ無いの?」と、聞きます。ジンダーは「本当のばあちゃんだ」と、言います。今まで、ジュンロンは知らなかったんですね。「インユェイさんに会いたい?」と、ジュンロン。「いや」と、はぐらかすジンダー。

台北に行くべきかで悩むフォンユーを、リャンジンは花火に誘います。そこで、ファンユーは大声で言ったことは「あなたが好きです、ジュンロン」でした。

わかっていることとは言え、傷心のリャンジンは、ジュンロンをよろず屋のテラスへと誘います。このふたりのシーンも、オープニングだか、CM明けに出てきていますよね。傷心のリャンジンに、ジュンロンは「花火のたびに、フォンユーは、リャンジンを思い出す」と、言います。

台風が来る日ジンダーは、ジュンロンとチャオジュンをわざと、ふたりきりにさせます。ジンダー、ヨン、ミャオゴンの3人が軽トラに乗ってるシーンも、CM明けに出てきていますよね。

仕事の後、チャオジュンを引き止めたいけどできず、帰してまうジュンロン。その後、チャオジュンに電話しても、つながらず、雨風強い中、ジュンロンはよろず屋を飛び出していきます。


人気ブログランキング




0
タグ: 台湾ドラマ

2021/7/1  13:21 | 投稿者: Author

金川(きんせん)の戦勝を願い、高僧の安吉(アムジ)大師を迎え、祈祷しています。如懿は、頻繁に安華(あんか)殿に、通っている様です。

皇后座の狙う嘉貴妃(かひき)は、一計を案じます。

ある時、翊坤(よくこん)宮に、白装束の男が現れますが、取り逃します。如懿はズイ心に「変ね。侍衛がいたなんて。それで、取り逃すなんて」と、言います。「ちょうど、巡回中だった様です。皇貴妃になったので、警備を強化しているのかもしれません」と、ズイ心は言います。

嘉貴妃(かきひ)の宮殿に、乾隆帝が呼んでいると言われ、赴く如懿。すると、如懿と安吉(アムド)大師の私通を疑われる様な、文が出てきます。

女官の調査は皇太后に任せる乾隆帝。

皇太后侍女が、女官達を調べます。ちょうど、嘉貴妃の宮殿を調べている時に、嘉貴妃(かきひ)に、虐げられている氷を運ぶ女官が、数珠を身につけているのを見咎めます。その女官は「お守りにしたい」と、安吉(アムジ)大師の弟子から、数珠を貰ったのです。

「これで、女官が翊坤(よくこん)宮の刺客に件に女官が関わってないことが証明された」と、乾隆帝に話す皇太后。

火に油を注ぐことにした嘉貴妃(かきひ)。

100回鞭打ちの刑になる氷運びの女官に、看守は安吉(アムジ)大師の弟子を守りたいだろう?と、あることを吹き込みます。

鞭打ちを受ける氷運びの女官は「皇貴妃は、もっと、不埒なことをしている」と、大声で言います。

また、如懿、はめられました。


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ




AutoPage最新お知らせ