ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2021/7/21  21:11 | 投稿者: Author

近所の子供は、村に残りたいのに、両親は、無理やり台北へと連れて行きます。寂しそうに見送るおばあさん。その様子を見ていたジュンロンは、過去、自分を置いて、両親が、台北へ行った時のことを思い出していました。

この場面は確か、前にも出てきていましたよね?それで、思ったんだけど、前回のチャオジュン母が若い時、美容院で、金持ち男を勧められたシーンも、前に出てきていましたよね?

残された幼いジュンロンを、ミャンゴンだったかな?が、アジョンとリャンジンに「友達になってやれ」と、言います。これも、前に出てきたいた様な気がするけどなぁ〜。こうして、村に慣れたジュンロンですが、両親は、ジュンロンを台北へと呼び寄せようとします。ジュンロンは「おじちゃんといる」と、ジンダーに、村から離れることを嫌がります。

現代に戻り、虚しさで、ジュンロンは公園の鳥の乗り物に向かって「なんで、僕の意見も聞かず、皆、勝手に決める」と、話しかけます。

台北のチャオジュン。エンペイと一緒に住んでいる雰囲気では、無いですね。コンビニ(セブン)で、ばったりリャンジンに会うチャオジュン。リャンジンは嬉しそうに「フォンユーは、まだ、台北に慣れていないから、たまに来るんだ。これ、フォンユーの兄、アジョンからフォンユーにと頼まれたんだ」と、果物をチャオジュンに見せ、あげようとしますが、断られます。

それと、リャンジンは、フォンユーと映画を見に行くんだと言い「一緒にどう?」と、言いますが、チャオジュンは「お邪魔虫になりたく無いわよ」と、断ります。その後、チャオジュンはフォンユーが、別の男といるのを目撃します。そのフォンユーは、リャンジンに「仕事」と、デートを断ります。

チャオジュンは前に働いていた日本食レストランで、働いています。村に残って料理をしているジュンロン、台北で料理をしているチャオジュン、お互いに一緒働いているかの様に、思わず呼び合っています。

チャオジュンのお祈りのシーン、オープニングに出てますね。


人気ブログランキング




0
タグ: 台湾ドラマ

2021/7/21  20:13 | 投稿者: Author

ガンドゥは、慰霊碑のことも、ユテクとの契約に盛り込んだのでしょうか?

ムンスにガンドゥは「今晩、会おう」と、言います。「今、会ってるじゃ無い」と、ムンス。ガンドゥは「多分、カッコいい俺が見られるから」と、言います。

ガンドゥは、サンマンを引き連れ、正装で借金取りの元へと行き、借金を返済します。出てきてから、サンマンにガンドゥは「お金の力はすごいな。あいつらの態度が違っていた」と、言います。

その後、おでんを食べるふたり。おでんは「おでん」と、そのまんま言っていました。サンマンは、ガンドゥに「今まで良い行いをしてきたらだ」と、言います。

ガンドゥの部屋で待つムンスは、ふと、ジェヨンに言われたこと、薬屋のおばあさんが言っていたことを思い出し、ガンドゥが飲んでいる薬を探します。ムンスが見つけたところで、ガンドゥが帰ってきて、慌ててカバンに薬を入れます。ガンドゥは、その事に気づいていない様です。スーツを着たガンドゥは「カッコいい俺が見られると言っただろう?」と、言います。

笑顔で頷くムンスは、まじまじとガンドゥを見ます。そして、良い雰囲気になったところで、サンマンが現れるパターン。

崩壊事故の遺族に会う、ムンスとガンドゥ。その帰り、バス停で待つムンスが寒そうにしているので「寒いのに、なんで薄着なんだ?」と、ガンドゥ。「一応、きちんとした姿の方が良いと思って」と、ムンス。ガンドゥが自分のコートを、自分にかけようとするのでムンスは「あなたが、寒くなるからいや」と、言います。

すると、ガンドゥはムンスの後ろに回りコートで包んであげます。

案の定の展開で、風邪をひいたムンスは、ガンドゥからの電話に「アイスが食べたい」と、言います。アイスを届けようとするガンドゥは、ムンスのスマホに電話をしますが、ムンスは食事のため、自室から出ていました。

ムンスの家の前に着いたガンドゥは、以前ムンス母が、自分の顔を見て、嫌そうな顔をしたのを思い出し、正面を切って入ることができず、配管や、樋の様なものを使い、ムンスの部屋がある二階へと上がります。自室に戻ったムンスは、ガンドゥから電話が有ったことに気づき、電話をします。すると、近くから呼び鈴がするので、ムンスが窓を開けると、ガンドゥがいました。

ガンドゥは「格好良く、アイスだけ置いていこうと思ったのに」と、言います。そのうち、ムンス母がやってきて、慌てて、布団の中に隠れるガンドゥ。ムンス母が去り、布団をめくるムンス。キスをするガンドゥ。すると、ムンスは、自分に口を押さえ「あなたに風邪をうつしてしまう」と、言います。「俺に全部うつせ」と、言って、もう一度キスをするガンドゥ。

こう言うのいいね。

ムンス母は、事故現場に新しくショッピングモールができると知り、その前へと行きます。ムンス母は、ムンスがガンドゥと共に、そこで働いている事を知ります。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/7/21  19:20 | 投稿者: Author

乾隆帝からの寵愛を取り戻すため、レイ妃は崑曲(こんきょく)の練習をします。通りかかった如懿は、第十皇子が亡くなって喪中なのに、何事かと、新参者女官を通じてレイ妃を叱責し、第十皇子の霊前で、跪く様に言い渡します。

まさか如懿に聞かれるとはと、レイ妃が歩いていると、進忠が現れ「凌雲徹が戻ってから、俺を遠ざけたな」と、言われます。どうやら、崑曲(こんきょく)の練習が、如懿に聞こえる様にしたのは、進忠の仕業の様です。進忠は、舒妃のことに関して「これまで、張り巡らしてきたことの、とどめをさせ」と、レイ妃に言います。

お参りをしている舒妃の元に、レイ妃が現れ、そもそも不審がられます。レイ妃は、乾隆帝から飲まされていた薬は避妊薬だったと、舒妃に教えます。信じない舒妃に「都で一番の町医者に調べてもらった」と、紙を見せるレイ妃。そこには“妊娠しにくい薬が入っている”と、書かれています。この辺りのレイ妃、オープニングに出ていたわね。

慌てて、乾隆帝の元を訪れた舒妃は、ことの真意を確かめます。乾隆帝は、最初こそしらばっくれますが、認め「後悔している。そなたの体調が戻ったら、やり直そうと思っていた。しかし、そちから見限られた様だな」と、言います。

絶望した舒妃は、寝所にひとりで入り、火を放ちます。余談ですが、消化の場面、すでにこの時代に、消火ホースが、存在しているんですね。井戸もポンプでした。やってきた如懿は、炎上している舒妃の寝所を見て、衝撃で倒れます。その後、如懿は、公主を出産しますが、心臓が弱い様ですね。

舒妃のことを、侍女に調べる様に言う皇太后。

皇太后の寝所で、レイ妃は跪いています。レイ妃は「私の様な者には、何も出来ません」と、言います。皇太后は「いいや、お前に様なおなごが、他の妃嬪と争わないはずが無い。舒妃への避妊の薬の知っていたのは、陛下と斉侍医。私も薄々知っていた。舒妃はお前と話した後、陛下に問い詰めに言った、お前が避妊薬のことを話したんだ」と、言います。

皇太后は侍女に「今まで、保管していたものを出して」と、言い、侍女は、それをレイ妃に見せます。皇太后は「それは、お前が、舒妃に飲ませていたものだ」と、言います。皇太后は、大事な舒妃を守るために、余計な薬の事を、ちゃんと調べていたのかな?そして、皇太后はレイ妃に、その薬を一言「飲め」と、言います。

今風で言うなら、まさに、皇太后は、ラスボス。


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ




AutoPage最新お知らせ