ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2021/7/23  18:42 | 投稿者: Author

幼いジュンロンは、ジンダーに「お父さん達は、僕に会いにこようとしたから、死んだの?」と、聞きます。ジンダーは「それは違うよ。大雨だったから、事故に遭ったんだ。誰のせいでも無い」と、言います。幼いジュンダーは、両親の死を、自分のせいでは無いかと、小さな胸を痛めていた訳ですね。「誰も死んで欲しく無い」と、ジュンロン。

学校に行く様にジンダーが言っても、行かないジュンロン。アジョン達が、遊びに誘っても、ジュンロンは行きません。すると、先生とアジョン達、クラスメートがよろず屋へやってきて「今日は、ジュンロンが先生だ。よろず屋のことを教えて」と、言います。

得意げになって、よろず屋のことを話すジュンロン。近所の人達も食事を作り、皆で食べます。こうして、ジュンロンは両親の死から、立ち直っていたんですね。

今度は、生前、ジュンロン父が送った、中秋節で食べる月餅がジンダーの元へと届けられました。中にはカードが入っていて“月餅はまだ、食べないで。中秋節で帰ったら、一緒に食べよう”と、書かれていました。ジュンロンは幼いながらにも、ジンダーの気持ちを察し「本当は、僕よりお祖父ちゃんの方が、悲しいんでしょう?」と、後ろから抱きつきます。

寄り添うふたり、このシーン、なんとも言えませんね。

ジュンロン父は、ジュンロンにギターを弾いてくれて、そばには、ジュンロン母でしょうね、一緒に居ます。唄っていたのは『大きな古時計』でしたね。英語でした。そして、現代、ジュンロンはギターを持っています。そこに、チャオジュンから電話がかかってきて、ジンダーは「俺の料理はまずいから、皆、君を恋しがっている」と、話します。

ベンツの車が一台、昔、ジンダーがインユエと住んでいた家に前の停まります。その車からお年を召したご婦人がひとり、降りてきます。おそらく、インユエでしょうね。


人気ブログランキング




0
タグ: 台湾ドラマ

2021/7/23  18:10 | 投稿者: Author

ヨンジャは、自室で、ウナ百貨店で働いていることを、セユンに話します。ヨンジャを心配するセユンですが「家族に手を出さないことを条件に、働いているの」と、言います。セユンは、テソンのことなど、信じられません。

ふたりが話していると、ヨンジンが入ってきて「何、私に内緒で、ふたりで話しているの?ヨンジャの彼氏のことを相談されているんでしょう?」等と、言います。

ハナは、ボンイルに、ジスクと会ったことを話し「ヨンジャも知っていいるみたい」と、話します。ふたりは、何か、警戒している様ですね。

ソンジェは、ガプチョルのスマホを眺め、電話帳に載っているテソンに電話をしてみます。すると、テソンは、相手がガプチョルだと思い、恫喝します。これで、ソンジェは、テソンがガプチョルを転院させたと、知ります。

テソンは、ガプチョルの家族に電話をしてみると、ガプチョルは意識が無いと、言われ、今、電話してきたのは、誰?ってな感じになります。

ヨンジャは、病院前で、搬送車を見つけて、転院した人のことについて質問をします。ヨンジャはソンジェに、ガプチョルが転院した場所は、簡単には見つからないだろうと、話します。

カン・ジウクは、テソンに「信頼関係が崩れたから、イェラさんとは、結婚しない」と、言います。そんなカン・ジウクに、テソンは「亡くなった妊婦の夫は、ハ室長だ。事故とは言え、その時、関わったのは、まだ、学生のヨンジャだ」と、暴露して、カン・ジウクの動きを封じようとします。その事実に、驚くカン・ジウク。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ