ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2021/7/26  20:10 | 投稿者: Author

チャオジュンが働く大村武のお店に、フォンユーが、リャンジン以外の男性と来ていました。

フォンユーに声をかけるチャオジュン。ふたりは、お互いに近況を話しながら、フォンユーの家へと歩きます。フォンユーの家に着くと、チャオジュンはそのまま帰るの様な雰囲気はありましが、彼女もためらいながらも「あの人のことを好きなの?」と、聞きます。

フォンユーも、おそらく、チャオジュンが何を言いたいのかは、わかっていたでしょう「好き」と、答えたあと「リャンジンは好きじゃないの」と、言います。気づくと、荷物を持ったリャンジンがいました。

食べ物を、フォンユーの家に置くリャンジンに「こんなことやめて」と、フォンユー。リャンジンは「わかったよ。フォンユーを好きにならない」と、立ち去ります。フォンユーとしても、リャンジンが良い人なのは、わかっているから、持て余してしまったのかもしれません。

酔って、そのまま草むらで寝らたらしいリャンジンは、ジュンロンに起こされます。リャンジンとしても、子供の頃から、フォンユーを好きで、諦めきれないですよね。

ジュンロンが乗る軽トラと、すれ違う黒い車。やはりでした。前回出てきたご高齢の、女性が、以前、ジンダー達が住んだ家の前に立つ場面がまた出てきました。

会社で、同僚が、フォンユーが付き合う男性は、妻帯者だと、話しているのを偶然、耳にしたフォンユー。フォンユーは相手の男性にラインで“これで、終わりにしたいです。会社を辞めて、故郷に帰ります”と、送ります。相手の男性は“なんだ?振り回して”って。そりゃ、あんただよ。


人気ブログランキング




0
タグ: 台湾ドラマ

2021/7/26  19:29 | 投稿者: Author

キム・ミソは、イ・ヨンジュンに、ソンヨンの記憶を取り戻してあげたいのだと話します。

その後、キム・ミソがひとりで歩いていると、雨が降ってきて、現れたイ・ヨンジュンが、自分の上着を傘がわりにしてくれます。東屋の様なところで、雨宿りをするふたり。すると、クモを見て、怯えるキム・ミソ。イ・ヨンジュンがクモを追い払ってくれます。キム・ミソは「誘拐された時の、お兄ちゃんを思い出してしまうんです」と、話します。

翌朝、イ・ヨンジュンは仕事のため戻りますが、キム・ミソには、研修旅行を楽しく様にメールします。

イ・ヨンジュンは、キム・ミソを自宅によび、バーベキューをしてくれることになったのですが、お肉がコゲコゲで・・・。ピザを取ることに。ピザを食べながら良い雰囲気になるふたりですが、イ・ヨンジュンは、またも、トラウマで、その先には、いけません。

そんな雰囲気なところに、ユシクがやってきて、慌てるふたり。ユシクも空気読んで、気まずい雰囲気に。

会社で、キム・ミソは、ユシクに、昔、イ・ヨンジュンが、誘拐されたことについて、聞きます。ユシクは、そのことを、イ・ヨンジュンから聞いては無い様ですね。イ・ヨンジュンの足首にある傷のことも「留学した時に、ちょっと見ただけだ」と、ユシク。「多分、誰かに縛られたんじゃ無いか?」と、詳しくいことはわからない様ですね。

母親に、過去を思い出そうとしていることを話すソンヨン。母親は「そんなことはない。誰から聞いたの?」と。ソンヨンは、それが、キム・ミソであることを話します。ソンヨンと、イ・ヨンジュン、どちらかが、記憶違いなのでしょうか?

余談ですが、グィナムは、相変わらずジアにケチなことを言っていたわね。研修旅行でのリボン探しで、ふたりは1位になって、PCを一台ずつもらえるんだけど、グィナムはジアに「俺の方が、リボンを見つけた数が多かった」だの、なんでしょう?


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/7/26  18:49 | 投稿者: Author

乾隆帝を飽きさせないレイ妃。そこは、あちらと同じでしょうか?

皆が、木蘭囲場から、皇宮へと戻ってきます。レイ妃は、如懿の寝殿へと行き、勝手に木蘭囲場へと行った罰を受けたいと、申し出ます。如懿は、それならと、レイ妃の侍女も一緒に行ったのだからと、杖刑30回、レイ妃には、爪先を掴む刑。

レイ妃はともかく、侍女、お気の毒だわ。しかも、左右1回ずつ叩かれて、それが1回ぽいから、合計60回叩かれている様な感じがしましたわ。けど、レイ妃には、侍医を待ち構えさせる乾隆帝。

第四皇子の働きぶりを気に入る乾隆帝。そのため、嘉貴妃と第四皇子は、その増長ぶりが、すごくなってきています。

そんな時、第五皇子は、恒サクのことを心配し、ただ、乾隆帝に付き従う第四皇子と違い、乾隆帝に意見します。このことに、皇太后は「愉妃と皇后は、第五皇子を良い子に育てた」と、言います。

第五皇子自身、如懿に、第四皇子が、図に乗ってても、如懿の教え通り、冷静でいると、話していました。

皇族や、高官が、嘉貴妃の寝所から出てきたところを、乾隆帝と鉢合わせます。この人達が「これか皇后に会いに行くます」と、言うので、乾隆帝も順序が違うのでは、無いかと、思います。

それと、第四皇子は、和親王と飲んだとか言ってたわよね?和親王って、弘昼よね?

愉妃の甥とやらが、愉妃にたかりにきていましたわ。それ、レイ妃に見られているって言う・・・。


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ

2021/7/26  13:03 | 投稿者: Author

ユン院長役:チョン・ドンギュ 『医心伝心〜脈あり!恋あり?〜』『三つ色のファンタジー 君の恋愛実験』『被告人』
母役:チョン・アミ 『黄金の私の人生My Golden Life』『棘トゲと蜜』『仮面の王 イ・ソン』『ドクターズ』

ガプチョルの携帯電話を使い、テソンに電話をしたソンジェ。テソンに「だれだ?」と、聞かれて、名乗ったソンジェは「今から、行きます」と、言います。

そして、テソンにガプチョルの携帯電話を返したソンジェ。テソンは「そのまま返すのか?普通は取引するのに」と、言います。ソンジェは「どうやって、デパートの社長になったのかわかってきました。これ以上、人を苦しめず、私欲のために、行動しないでください」と、言います。

そんな、ソンジェにテソンは「このまま、常務のそばで働いているだけで良いのか?」と、言います。ソンジェは「会社は、会長や、常務のためにある訳ではありません。社員のためです」と、言います。腹の中で、テソンは「常務は引いたのに?」と。

カン・ジウクはソンジェに「ユチェが産まれたのは、ナ院長のところで?」と、聞きます。ソンジェがそれを認めると、カン・ジウクは「ヨンジャさんが分娩に関わった事は?」と、聞きます。ソンジェは「彼女は、ユチェがどこで産まれたか知らない」と、答えます。

ヨンジャのことが気になったのか、ジスクは、ヨンジャとお茶をします。ちょうどイェラが現れ、ヨンジャに無礼な態度をとります。するとジスクは「その、生意気な言葉遣い直さないと、恥をかくわよ」と、言います。ジスク言うねぇ〜。

ヨンジャとソンジェは、ガプチョルの転院先へと、行きますが、会えずしまい。帰る途中、ソンジェは、ガプチョルのベッドが、移動されてた事を、ふと、思い出したソンジェは、引き返します。ヨンジャとソンジェが、ガプチョルの病室に入ると、テソンが、ガプチョルと共にいました。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ