ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2021/7/28  20:38 | 投稿者: Author

よろず屋には、例のご高齢の女性が現れます。ジンダーがお水を用意している間、写真を見る女性。今の写真から、昔の写真に目を移す女性。その姿から、ジンダーは察しがついた様です。

若い時の姿で、よろず屋の前で、寄り添って座るジンダーとインユエ。この後ろ姿の場面、オープニングに出てきていますよね。余談ですが、ちょっと前から、アイスクリーム(かな?)のショーケースが、以前はMEIJIだったのに、変わっていますよね。

インユエを見送る時に、ジンダーが「インユエ」と、言ったので、やっぱりインユエだったかと、わかりました。車に乗ったインユエの脇にには、ご高齢の男性が乗っていましたが、おそらくご主人でしょう。インユエが「ありがとう」と、言うと、手を握っていました。インユエは、今まで、本当に、ジンダーとの間にできた子は、死産だったと思っていたのでしょうか?

ジュンロンが、よろず屋の前で、紙芝居をしていると、チャオジュンが姿を見せました。

よろず屋では、皆が集まり、食事。

よろず屋の電球を取り替えるジュンロン。考えてみれば、この明かりが、象徴的でしたよね。それと、いつでも待っていると言う気持ちが込められている様ですね。

幼いジュンロンが、ジンダーに「なんで、用九なの?」と、聞くシーンは、前にもあった様な。

もう、出てこないかと思ったけど、エンディングには出ていたので、もしや?と思いながら見ていましたが、エンペイが、よろず屋にいるジュンロンの前に姿を現しました。ジュンロンにエンペイは「大型モールの売り上げは良い。お前も10年後でもここでがんばれ」と、言います。

みんないい人たちだけど、エンペイほどいい人はいませんね。


人気ブログランキング




0
タグ: 台湾ドラマ

2021/7/28  19:52 | 投稿者: Author

父のお店の前でうずくまるムンスの前に、ガンドゥが現れます。ムンスは嬉しそうに「会いたいと思っていたら、来た」と、言います。「テレパシーだ」と、ガンドゥは、薄着のムンスにダウンをかけてあげます。ムンスには言っていませんでしたが、ムンス父がガンドゥに連絡をした様ですね。

ムンスの足元は、破れたサンダルで、ガンドゥは、ムンスをおんぶして歩きます。そのうちムンスは寝てしまい、ワンジンの家へ。ワンジンは気を利かせ、ジニョンと共に、外出し、ふたりきりにしてあげます。

ベッドに寝かされていたムンスが目を覚ますと、ガンドゥが外にいました。「なんで、そこにいあるの?」と、ムンス。「触れてしまいそうだから」と、ガンドゥ。ムンスは「事故のことを少し思い出したの。教えて」と、言います。ガンドゥは「無理して、思いださなくて良い。事故が無かったら、みんながうまく言っていた」と、いいます。

ここからが、もしも、事故が無かったらの場面。ガンドゥは、サッカー選手。それを共に、職場でテレビ観戦しているジュウォンと、ユジン。ヨンスは女優になっていて、ムンスも、スマホでサッカーを観戦。ムンスはドラマか何かの、美術担当。

現実に戻り、ガンドゥとムンス、お互いに好きだと言ってキス。

外に出かけたワンジン達。バリアフリーになってないお店の店員は、暗に車椅子のワンジンを断ります。だけど、そのビル、ワンジンの持ち物の様で、不動産屋さん(?)に電話をして「更新を考える」と、言っていたわ。

ムンスは、おそらく初恋の相手の家へ行き、その母に声をかけますが「ソンジェはこの家にはいない」と、言われます。「亡くなっているのに、まだ、生きているかの様に言うのね」と、その後、ガンドゥに話すムンス。

ジュウォンとユジン、結局、一晩過ごした様ですね。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/7/28  19:04 | 投稿者: Author

乾隆帝から遠ざけられた第四皇子には、縁談も次々と断られている様で、嘉貴妃に嘆きます。

乾隆帝は、第五皇子の永キ、に乗馬と弓を第八皇子の永センに教えてあげる様に言います。ちなみに、第八皇子の永センは、嘉貴妃(かきひ)の息子です。兄として、引き受ける第五皇子の永キ。

馬場では、密かに進忠の姿が・・・。

第五皇子永キが、第八皇子永センに乗馬を教えている時に、第八皇子が乗る馬が暴れ出したため、落馬し骨折してしまいます。慌ててやってきた嘉貴妃(かきひ)は、如懿と愉妃(ゆひ)に「第五皇子永キが、第八皇子永センを乗馬を教えていたのだから、第五皇子のせいであり、ふたりの仕業では無いか?」と、言います。

状況が状況だけに、如懿は反論することなく、冷静に「陛下に調査をお任せする」と、言います。

調査をする凌雲徹は、第八皇子が乗る鞍に、針が仕込まれているのを発見します。

凌雲徹が、如懿に調査の進捗状況を「事故の様です」と、報告します。李玉は、凌雲徹を人気のないところに連れて行き「結論が早のでは無いか?」と、言います。凌雲徹は、鞍に刺さっていた針を、李玉に見せます。李玉は「皇后に、影響が出てしまう。嘉貴妃(かきひ)は意地が悪い」と、言います。「ご明察」と、凌雲徹。

凌雲徹は「生きていたら、事故に遭うこともある」と、言います。李玉は「皇宮と言うところは、知ろうとすると、深みにはまる」と。ふたりで、如懿のために、これ以上の調査をやめることにします。

床でレイ妃は、乾隆帝に「嘉貴妃(かきひ)は、わざわざ、自分の息子に怪我をさせてまで、第五皇子を陥れ、第四皇子を救おうとしているのでは無いでしょうか?」と、言います。「憶測はやめろ」と、乾隆帝。

馬場で隠密に進忠に姿があったことから、おそらくこの件は、レイ妃の仕業でしょう。しかも、第五皇子永キが、第八皇子永センに教えている時に、落馬で骨折。レイ妃は、嘉貴妃(かきひ)だけでなく、如懿達も失脚させ一挙両得を狙ったのでは無いでしょうか?


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ

2021/7/28  12:59 | 投稿者: Author

前回、カン・ジウクとソンジェの話を偶然、立ち聞きしたイェラが、ヨンジャのところに乗り込んで行ったところで終わったけど・・・。今回の冒頭は、カン・ジウクとソンジェが話しているところに、イェラが入ってきたところから。

イェラからすれば、ヨンジャの弱みを握ったとばかりに意気揚々ですが、カン・ジウクからは、口止めをされます。すると、イェラは、黙っている代わりに、結婚を迫ってきます。

ヨンジャのところにやってきたイェラ。ヨンジャは「外で話しましょう」と、言います。それを見たカン代理は「社長令嬢に、よく、あんた態度をつけるわね」と、独り言。そう言うあんたは、イェラの悪事を知っているのに、黙ってますよね?それ、どうなんですか?

イェラはヨンジャに妊婦さんのことを言い始めると、ヨンジャが知ってる風なので「知ってるの?」と。ってか、正確には、ヨンジャは、その妊婦が、ソンジェの妻だと言うことは知らないのよね。そこに、ソンジェが通りかかり、イェラを止めます。

ソンジェの執務室で、イェラはソンジェに「ふたりをくっつけさせてあげるから、私と結婚する様に、ジウクさんに後押しをして」と、言います。しかし、ソンジェに「それは、ジウクが好きなんじゃなくて、ただ、ものにしたいだけだろう?」と、言われます。

一方、困り果てているソノは、ボンイルが働く工事現場へと姿を現します。カフェで話すふたり。ソノは、すがる様に、ヨンインのことを、ボンイルに話しますが「君が良い青年だとはわかっている。親の都合で申し訳ない。諦めてくれ」と、ボンイルに言われてしまいます。

ジスクは、テソンの社長室を訪れ、ボンイルにビルを返す様に言います。そこに、ミランが現れたので、とりあえず、ジスクはそこを出ていきます。その後、テソンに呼び出されるジスク。

イェラからの嫌がらせで、残業をしているヨンジャ。すると、テソンとジスクの話し声が聞こえ、テソンがジスクに手をあげようとする姿を見て、ヨンジャが止めに入ります。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ