ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2021/10/15  19:40 | 投稿者: Author

チョンドンは、ヨウォンが「チーム長が言ったんです。仲間を信じるって」と、言っていたことを思い出し、ヨウォンに電話をして「ヨウォンさんの言う通りかもしれません」と、言います。

レストランにいるスジは、ナム・イェソ作家の絵を買ったと知ってジフンに「ジフンさんは、肝心な時裏切る。私のファンだと言いながら、節操無いのね」と、言います。

その頃、ヨウォンは腸炎にかかったナム•イェソ作家の息子さんを、病院に連れて行ってました。やって来たナム・イェソ作家は、仕事にかまけて、息子達を、なおざりにしていたと、後悔します。

ナム・イェソ作家は、ヨウォンに「離婚調停中なんです。ふたり目が妊娠している時、夫の浮気がわかったんです。離婚調停にお金がかかって」と、身の上を話します。ヨウォンは、自分もシングルマザーなのだと打ち明け「ナム・イェソ作家は、頑張っている」と、励まします。

ユンギョンがジフンに「ナム・イェソ作家に、口止めはしたのよね」と、電話をしているのを、スジが聞いていました。

翌日、ヨウォンにはナム・イェソ作家から“恩返しをする”と、メールが来ました。それは、買収されたことを、ナム・イェソ作家は打ち明け、それが記事になっていました。

チョンドンからそのことを聞かれたジフンは「俺が、買収したんだ。処分は受ける」と、言います。

自宅で、ジョンスクといちゃついていたギュチョルですが。部屋からヨジュが出て来ました。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/10/15  19:07 | 投稿者: Author

衛兵に、高賓達を、宇文護が捕らえさせ、処刑しようとすると「やめろ」と、声をあげた皇帝。病気の振りをしていたことを明かした皇帝は、衛兵から抜き取った剣を、宇文護と内通している侍従に、投げつけ殺します。

逃げる宇文護を、守る楊素。宇文護は、やって来た皇后を人質に取りますが、楊堅達が現れ、宇文護と、楊素は捕まります。

宇文護の公開処刑場に、姿を現す独孤伽羅。宇文護は「やはり、お前が暗躍していたか」と、手錠がつけられている身で、独孤伽羅に襲いかかります。処刑される宇文護の姿を、なんと、宇文会が見ていました。生きていたん会。確かに、亡くなった場面は無いので、気にはなっていましたが。

それと、宇文会が、独孤伽羅に復讐を誓い紙銭を、崖の上から投げていましたが、これ、エンデイングに出ていましたよね。エンディングを見ながら、こんな場面あったっけっかなぁ〜とか思いながら見ていたのですが、こう言う訳だったんですね。それと、瀕死の宇文会を、宇文護は助けていたので、生きているのは知っていたんですね。

宇文護、排除に動いた臣下に、褒美を与える皇帝。独孤家は名誉が回復し、独孤信、独孤善は、官位が与えられました。

皇帝の元を訪れた独孤伽羅は、楊素の救済を求めます。それは、宇文護がもう終わりなのがわかっているのに、それでも、宇文護を守るとしたその義理堅さに、独孤伽羅は注目したのです。それも、そうだと考えた皇帝は、自ら牢に足を運び、楊素を釈放します。楊素に「何か、聞きたいことは無いか?」と、皇帝。楊素は「やり方が汚い。正々堂々と戦わないと」と、言います。

こうして、復讐を遂げた独孤伽羅は、政治には関わらなくなります。


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ

2021/10/15  18:17 | 投稿者: Author

チョン・セヨン(少女時代)役:パク・ハヨン 『ママ〜最後の贈りもの〜』『約束のない恋』『ミス・リプリー』

母・ヨンスクから妊娠を「誰の子なの?」と、聞かれて「ドユンさんの子」と、答えたミニ。しかし、ヨンスクから「堕ろしなさい。弱みは握られてくないの」と、言われます。ミニは「来月結婚する。ハネムーンベイビーってことにすれば、良いわ」と、答えます。

ドユンの母だと言って、ハジンの前に現れるファラン。ファランから、ドユンが、LK食品の社長の息子だと聞かされて、絶句するハジン。それをみて、ファランは「お芝居が上手いのね」と、言います。

ドユンにLK食品の社長の息子だと言う素性を隠していたのかと、問い詰めるハジン。ドユンは、10歳の時、ドッペが愛人を作り、家を出て行き、離婚に応じないマルスンと、二人暮らしなのだと、事情を話します。この後、ふたりは、キスシーンだけど、多分、これ、キスして無いですよね。唇が近づいたところで、アングルが変わっていますから。

レシピが採用され、喜んで、ドユンに電話をしたハジンですが「今日、お夕飯、少し遅くなる」と、言われます。ドユンは、ミニに誘われていたのでした。部屋のキーまで用意していたミニ。しかし、ドユンから、ハジンを紹介されるのでした。恥をかかされたミニは、誰かに電話をして、ハジンの調査をする様に言います。

ハジンと、ドユンの顔合わせ。ここで、ハジンとドユンは、親同士が因縁の相手なのだと、初めて知ります。マルスンはドユンがミエのドナーになろうと、検査を受けたと知り「息子から、腎臓まで奪うの?」と、ミエをビンタします。

ミニは、ハジンとドユンが、因縁の相手だったのかと、ほくそ笑みます。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ