ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2021/10/19  19:56 | 投稿者: Author

相変わらず、チョン・ヘダンは、私にきついことを言う等と好き勝手を、イ・ギョンスに言って、チョン・ヘダンと、別れさせようとするユ・ジナ。イ・ギョンスが「別れない」と、言っても「必ず別れさせる」と、ユ・ジナは、言います。

女たちで食事中、ホン・ユニの会話を、鼻で笑うユ・ジナ。離れに戻る様にギョンジャから、ユ・ジナは言われます。これに、コ・ナギョンが追い討ちをかけると、ギョンジャが気に障り、コ・ナギョンも部屋に戻る様に言われます。

コ・ナギョンは、パク会長に「ユ・ジナさんの息子さんは、お義母様とも、関わりがある」と、決定的なことは言わずに、ヒョンソンに戦略室に戻す様取引を持ちかけます。しかしパク会長から「君は思っていた人と違った様だ」言われるだけでした。

パク会長がイ・ギョンスに会うと言うので、心躍らせるユ・ジナ。

パク会長はイ・ギョンスに会い「息子として引き取る」と、話します。それを断るイ・ギョンスは「ユ・ジナを恨んでいるわけではありません。僕はチェ・ギョンエさんに支援をしてもらっていました。そのチェ・ギョンエさんの死に疑念が有ります」と、言います。

パク会長から、婚姻の色良い返事がもらえなかったユ・ジナは、それまで下手に出ていたのに、マウントを取り「あなたより、ヒョンジョンの方が良かった」だの、好き勝手なことを言って、家を出て行きます。

イ・ギョンスは、ユ・ジナと、チョン・ヘダンを呼んだ様です。ユ・ジナは「この人は、まるで夫の様な恋人と10年付き合っていた」等と言って別れさせようとします。しかし、イ・ギョンスは「ヘダンさんがたとえ子持ちでも別れない」と、言います。

チョン・ヘダンを家の前で待ち伏せしたユ・ジナは「私のモノマネして、稼いでるくせして」と、言います。チョン・ヘダンは「そう、それで、稼いでいる。でも、私から、誘惑したわけじゃない。私から、恋人を奪った代償だと思って」と、かつて、ユ・ジナから言われた言葉を、そっくりそのまま返すのでした。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/10/19  18:09 | 投稿者: Author

病室の前でチョンドンから「ヨウォンさんを思って、生き返った」と、言われたヨウォンですが、自分の腕をつかんでいるチョンドンの手を振りほどいて帰るヨウォン。

ヨウォンが家の前に着くと、ヨジュが現れ「お父さんが、女を連れ込んでいた」と、聞かされます。ヨウォンはさまざまな状況から、ヨジュの話に耳を傾けず「お父さんは、若い時、お母さんを亡くしてから、ずっとひとりだった。見守ってあげよう。話は、今度聞く」と、言います。ヨジュは「一緒に住んでないから、そんなこと言うだ」と、ぷりぷり。

一般的には、ヨウォンが言っていることが、普通なんだけど、ジョンスクに関しては、ヨジュの杞憂は正解。

ユンギョンはジェニーが臭いと気になり、犬小屋を洗う様に、家政婦さんに言います。家政婦さんが、犬小屋をいじると、なんと、指輪が出て来ます。ユンギョンが、チャンを泥棒扱いしたあの、指輪の様です。

イナムが、ソナをいじめていた相手を探し、謝らせようとしていることを知ったヨジュ。ヨジュはソナの職場へと行き、謝りますが、ソナに「もう来ないで欲しい」と、追い返されてしまいます。ヨジュは、一度謝った位じゃ、許されないと、納得します。

ヨウォンは、チョンドンのために、豆汁を水筒に入れて持っていきますが、なかなか渡せません。それどころか、スジから、うまく処理してくれたお礼だと、チョンドンに高級な拱辰丹を贈られて来たのを見たヨウォンは、気後れして渡せずじまい。帰る時、その水筒を落としたヨウォンは、チョンドンに拾ってもらいます。

これまで、何度も、倒れた自分を助けてくれたり、危ないところでチョンドンが助けてくれて来たことを思い出したヨウォンは、チョンドンに「私も青信号です」と、言います。ヨウォンを抱きしめるチョンドン。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/10/19  14:36 | 投稿者: Author

楊堅が悩む場面とか、エンディングに出て来ているのが、有りました。

やっぱりね。皇帝が飲んだお酒には、皇后が媚薬を仕込んだ様です。皇后は侍女に「手に入らないから、恋々とするのよ。皇帝を、独孤伽羅に差し出すわ」と、言っていました。

独孤伽羅の様子がおかしいと思う楊堅。そこに、高ケイがやって来て、独孤伽羅に「皇帝に乱暴されかけたと言うのは本当か?」と、聞きます。これで、事情がわかった楊堅は、皇帝のいる文昌殿へ押入ります。独孤伽羅は既に、結婚しているのに、自分の気持ちを、楊堅に言うなんて、皇帝、何考えているの?取っ組み合いになるふたり。

そこに、独孤伽羅と、高ケイが駆けつけ、なんとか、その場を収めます。高ケイがとりなしたことで、楊堅は不問に処されます。

斉を征伐するため、皇帝は、楊堅に、少人数で、先鋒隊で、城攻め、ろう城を命じ、自らも、出立すると、言います。

独孤伽羅は、これは、皇帝が戦を利用して、楊堅を殺そうとしていると考えます。楊堅はそれを否定します。ただね、思えば、これまで、皇帝は、自分に苦難の戦を強いて来たのを楊堅も感じていました。

独孤伽羅は、皇帝に楊堅に危険な戦をさせていると、問い詰めますが、案の定否定されます。皇帝は口では否定していても、腹の中ではそれを考えています。なんせ、皇帝ですから、なんでも出来ると考えています。

出立する楊堅の後ろから、独孤伽羅が抱きつく場面は、エンディングに出ていましたね。

晋城で、楊堅は、斉軍に包囲されてしまいます。


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ

2021/10/19  13:53 | 投稿者: Author

医師役:ソン・ソングン 『王は愛する』『棘トゲと蜜』『白詰草シロツメクサ』『黄金のポケット』『キャリアを引く女』

まだ始まったばかりだと言うのに、話が支離滅裂。

エコー写真を眺めるハジン。妹のセヨンが帰ってくると、ハジンはそれを隠しますが、隠しきれていません。それどころか、ハジンはちゃんと本にエコー写真を挟めば良いのに、挟んでいなかった様で、本を持って出かけますが、セヨンに気づかれます。セヨンは、その写真を、ドユンに見せます。

ドユンは、ドッペに財産相続放棄の書面を渡します。

ヨンスクから、書類を渡されるミニ。それは、まずい箇所は、ドユンに罪を被せる裏契約書でした。ミニは、それを持って、ハジンに会い、ドユンと別れる様に迫ります。困惑しているハジンに「私は、検察を動かして、ドユンさんの罪を長くすることも出来る。私がここまで出来るのは、失うものがないからよ」と、言います。

ハジンは、その後、ミニに会いに行き、承諾します。ミニは、ドユンが未練なく別れられる様に、ハジンから、それを仕向ける様に厳命します。ハジンがそこを出ると、ドユンから電話があり、早速、別れを告げます。ちなみに、この場所『甘くない女たち』で、よく、出て来た場所だわ。

その後、ハジンとドユンが会ったカフェ『凍える華』とかで、出て来た様な。ハジンは、ケータイをミニに繋げていました。ハジンは「子供は、堕す」と、言って、すがりつくドユンを振り払い出て行きます。自暴自棄の、ドユンは、荒い車の運転で、お約束の交通事故。

ファランは、瀕死のドユンを見てほくそ笑みます。ドユンに何か有れば、ミニもまずいんじゃ?


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/10/19  11:20 | 投稿者: Author

ステージを変えようと、ハルは病院に乗り込み、ウン・ダノのカルテを見つけ出し、破棄しますが、もう一度行くと、まだ、カルテがあったりして、何度も変えます、最終的には、別の人と入れ替え、ウン・ダノが手術をしないで済むことに。

ペク・ギョンは、ハルに、ウン・ダノを殺すのは漫画「凌霄花(ヌンソファ)/ノウゼンカズラ)」で、お前だと話します。信じられないハルですが、確かに、ギョン大君(テグン)から「俺の女に手を出してないと証明しろ」と、言われ、ハルがウン・ダノを刺していました。

ステージでは、ペク・ギョンが、ウン・ダノに母の形見の指輪を渡します。しかし、シャドーで、ウン・ダノは、それを、ペク・ギョンに返していました。

ジュダの祖母が手術することに。ジュダの祖母が、ウン・ダノのカルテとすり替えられた患者さんだったんですね。

チン・ミチェは、ペク・ギョンに「以前の漫画の世界では、お前のせいで、スヒャンは2度も死んだ」と、言います。確かに、チン・ミチェの過去で、スヒャンは、駆け落ちしようとして殺されていましたよね。あと、記憶のないスヒャンを、ギョン大君(テグン)は、殺していました。

それと、チン・ミチェは、ペク・ギョンに「ステージで死ぬと存在が無くなるが、シャドーで死ぬと、自我が無くなる」と、話します。

過去、ハルが、ウン・ダノを殺したかに見えましたが、ギョン大君(テグン)が、ハルの背後から、ハルが持つ刀で、ウン・ダノを刺したのでした。だから、ハルの手のひらに、傷が有ったんですね。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ