ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2021/11/22  20:47 | 投稿者: Author

チョンドンは、ふと、電話の録音データーが残っているかも?と、調べます。

ヨウォンに食べ物を届けにきたチョンドンは「復職できるかも?」と、話します。

金策に走るスジは、バッグ等を売ります。それでも、足りずジフンからもらった指輪をよりによってソナに「売ってきて」と、言います。嫌がるソナに「今、機嫌が悪いの。頑固な態度を取るのをやめて」と、スジ。

ヨジュは、イナムに「あなたのお母さんが、お姉ちゃんに、ボラムを引き取ると言ったらしいの。それで、お姉ちゃん眠れなかったらしい」と、言います。イナムは「母さんが?けれど、お義姉さん、ずっとボラムに会わせてくれなさそうだから」と、言います。思わず、ヨジュは「それは、うちの全財産が無くなったから」と、言ってしまいます。

チョンドンは録音データをビョンレと、ジフンに聞いてもらいます。チョンドンは「この声は、どなたか、分かりますよね」と、言います。頭を抱えるビョンレは、ジフンに「知っていたな」と、言います。

ジフンから、ヨウォンに謝るよう言われたスジ。一瞬は驚いたものの「謝ることなんて、なんてことない」と、言います。ジフンは「言っただろう。チョンドンはヨウォンさんのためなら、なんでもすると」と、言います。スジは「ポンチーム長に軽蔑されるわね」と。

ジフンは「チョンドンは、君が社長の娘だから、合わせているだけで、君の地位や、金には興味ない」と、はっきりと、スジに言います。スジは「だから、彼がいいのよ」と。

スジは、ヨウォンに謝りますが「目障りだから、海外へ行って」と、大金を差し出します。ヨウォンに断られると、お金をばら撒くスジ。傲慢キャラの十八番ですね、大金、ばら撒きは。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/11/22  20:00 | 投稿者: Author

ジュヒョク父役:チャ・グァンス 『王女ピョンガン 月に浮かぶ川』『マイ・ヒーリング・ラブ〜あした輝く私へ〜』

ジュヒョクは、本店からやってきたウジンがいて、落ち着きません。落ち着かないので、ジュヒョクは、ウジンを窮地に追い込んだりすることで、異動してもらおうと画策する有様。ちなみに、ウジンが「私がチャ代理の携帯を拾ったんです」と、言うので、なんでわかったのかを聞くジュヒョク。ウジンは待ち受けの画面を見たので、それでわかったと、説明をします。

明るいウジンは、好感度は高いですが、女子達は、ウジンは、男子に隙があるんじゃと、噂話。

皆が嫌がるクレーマー客を対応するウジン。それなりに対応、あしらったウジンですが、後日、クレーマー客なので、ネットに悪口書くは、難癖つけてきます。クレーマーが「九十度頭を下げて、申し訳ありませんと、3回言え」と、言うので、それを、実行するウジン。これで、このクレーマーが終わるといいのすが・・・。

ジュヒョクの両親が、結婚式でやってきたので、ジュヒョクと会います。ジュヒョクの家に行くのは、遠慮がちにしている両親ですが、ジュヒョクは自宅へと呼び寄せます。ヘウォンがいない間は、ジュヒョクの自宅を両親は、満喫していました。しかし、ヘウォンが、帰ってくると、状況は一変。

ヘウォンは、ジュヒョク母に「食材は、百貨店で買ってるんです」などと言います。挙句の果てには、家にジュヒョク両親を泊まらせるのでは無く「スイートルームを用意しますから」と、ヘウォンは言う始末。両親は、ジュウンの家に行ってもらことに。肩を落として出て行く両親。

ジュヒョクは「いつも、僕は義父母に会っているじゃないか?」と、言いますが、「これが、私」と、ヘウォン。ヘウォンがジュヒョクに、両親と会わせるをやめているなら、別にいいけどね。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/11/22  17:58 | 投稿者: Author

ファランを追うハジンを止めたドユンは「あの人は、会長の愛人だ。近づくと会長に君の存在を知られる。良いことはない。3ヶ月ここにいる間、会長に会わないように、僕がしてやる。大人しくしてるんだ」と、言います。

パク社長に、ファランの写真を見せて、自分達を追い払おうと、買収した人物かどうか、確認するハジン。パク社長は「違う」と、言います。ハジンは、写真のファランは、人違いと知り、ドユンは、自分を守ろうとしたのだと、感じます。

ハジンは、お礼も有ってか、ドユンにお茶のポットを渡しますが、迷惑そうに、捨てられます。その後、気になったハジンはポットを捨てられたゴミ箱を見ますが、ポットが有りません。

案の定、ドユンのところに、それが有りました。その後、空になったポットをナム室長が、ハジンに返しにいきます。ハジンがおどろいて「どこに有ったんですか?」と、聞きます。ナム室長は「空のなってます。社長のところにありました」と、答えます。

ドユンの言動が、一体なんなのか?推しはかねるハジン。

ハジンはセヨンに「ドユンさんは、私が妊娠したことや、名前もない子供が死んだことを知らないのよ。教えたほうがいいんじゃないかと思うの」と、話します。セヨンは「ドユンさんは知ってるよ。私がエコー写真を見せたの。喜んでいた。姉さんはその写真に元気ちゃんと書いていた。子供に名前は有った」と、話します。

ハジンは、ドユンと話をしようと電話をしますが、それに気づいたミニに阻まれます。ミニは、今、ドユンの気持ちを掴もうとしていているので、ハジンはさらに、邪魔な存在。そして、会社で、ミニは、ハジンに「社長は私の夫よ」と、言います。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/11/22  9:55 | 投稿者: Author

綾陽君のところへ戻ろうとするファンテを引き止めるユンジョ。ファンテは「ノクドゥは、逃げる俺を追って、何度も助けようとした、俺は、本名を取り戻したい」と、言います。ファンテは自分に本名があることを知っていたのですね。そうこうしているうちに、兵がやってきたので、ユンジョは、身を挺して、ファンテを守ります。

ファンテは亡くなっている兵士から、短刀を持ち去り、隠しもちます。

傷を負った兵士を、支えるノクドゥの背後から、弓を引こうをする綾陽君を見たドンジュは、立ちはだかります。驚いた綾陽君が放った矢は、ノクドゥの腕をかすめるに留まります。

自分を拒絶するドンジュに「たとえ抜け殻でも、そばにいさせる」と、綾陽君は言います。

ノクドゥとパク・ダノとの一騎討ちの場面から、それまで昼間だったのに、急に夜。その一騎打ちの最中、綾陽君が、ノクドゥに矢を放とうとするので、そばにいたファンテは持っていた短刀で、綾陽君に切り付けます。ノクドゥが劣勢になると、ムウォル団が現れ、綾陽君側が袋の鼠に。

ところが、今度は、崖から落ちた光海君が現れ、ノクドゥは逆心を抱いたと疑われます。光海君は、信じていたのにと、胸打ちを語り、ノクドゥもまた身分を偽って、父親である光海君に会ってみたが、何度も、自分を殺めようとしたことを知り、傷ついたことを話します。

ノクドゥに剣を向ける光海君を阻むために、弓を使うドンジュ。ノクドゥとドンジュは、王妃の手を借り、王宮を脱出することにします。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ