ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2022/1/13  20:02 | 投稿者: いい加減人

彼女役:陸メイ 『いつでも君を待っている』

大学時代・・・詮勝(中身は子維)、雨萱(ユーシュエン)のバイト先で、女友達が「友達が失恋して、自殺するとか言ってるけど、そんなの嘘よ」と、言います。詮勝(チュエンション)は、その子に友達のところへ行く様に言います。お店を出て、涙する詮勝(チュエンション)。俊傑(ジュンジエ)のことを、思い出したんでしょうね。

詮勝(チュエンション)は、友達の手を借りて、雨萱(ユーシュエン)の誕生日を祝おうとします。雨萱(ユーシュエン)の友達は、詮勝(チュエンション)に「お母さんの具合が悪いから、バイト代わって」と、頼みます。前述の理由は言いませんが、詮勝(チュエンション)は、断ります。

ところが、誕生日の雨萱(ユーシュエン)が、バイトに入ると言うので、彼氏と過ごそうとしている雨萱(ユーシュエン)を、そうさせるわけにもいかず、詮勝(チュエンション)が、入ります。しかし、バイト先に、雨萱(ユーシュエン)が、現れたので、ケーキを取りに行く詮勝(チュエンション)。

雨萱(ユーシュエン)は、彼氏に呼ばれて、出かけていきます。ところが、彼氏の隣には元カノがいて、ヨリを戻したことを言われます。雨萱(ウーシュエン)は、がっかりしてバイト先に戻ると、詮勝(チュエンション)が、廊下でケーキの蝋燭に火をつけて、雨萱(ユーシュエン)の誕生日を祝ってくれていました。

雨萱(ユーシュエン)は、子供の時、迷子になり、助けてくれたお兄さんがいて、必ずそのお兄さんみたいな優しい人と付き合おうとおもっていたと、話します。話の内容から、そのお兄さんこそが、自分だと気づく詮勝(チュエンション)。

韻如(ユンルー)の誕生日に、お墓参りに行く俊傑(シュンジエ)。俊傑(ジュンジエ)の回想・・・。韻如(ユンルー)は、俊傑(ジュンジエ)に「殺して」と、頼んでいたんですね。


人気ブログランキング




0
タグ: 台湾ドラマ

2022/1/13  16:20 | 投稿者: いい加減人

家に帰ると、酔っているマンソプはギュチョルに「イルナムとチャンさんは、結婚していたんだ」と、話します。

ヨウォンが家に帰ると、皆が、お茶の間で座っていました。ジヨンは「聞いたら、驚くわよ」と、呆れた様に言います。家族の前で、コンニプは「たとえ業務だったとは言え、イルナムとチャンはベトナムで結婚したの。皆、チャンを家族として扱って」と、言います。

ヨウォンに、土地の買収のことを、催促するジフン。そして、ジフンが「チーム長を呼んで」と、言うと、ヨウォンから「チーム長は、テヨン社にインタビューをしに行っています」と、言われます。

テヨン社で、ペ代理が倉庫を調べている間、チョンドンがパク社長に「一昨年は、ウチと取引をしていなかった様ですが、ウチはテヨン社以外から、仕入れていたのですか?」と、聞きます。「知るわけない」と、答えるパク社長。

ジフンは、ビョンレに「チーム長が、テヨン社を調べています。チーム長とヨウォンさんは、婚約をしています。ヨウォンさんは、亡くなったドンウ記者の妻なんです」と、話します。ビョンレは「炭酸水どころか、会社存亡の危機だ。やることは、ひとつしかない」と、言います。

ビョンレと、ジフンは、ヨウォンとチョンドンを呼び出します。ビョンレはヨウォン達に「実は、恥ずかしいことがある。産地偽装をしたことがある。炭酸水の事業が、うまく行ったら公表し、辞職する」と、言います。順番が逆だろ。ヨウォンは納得した様ですが、チョンドンの方はショックだった様です。

コンニプは、イルナムがチャンに「家族が大事だ」と、話しているのを聞いたり、サンムンが、実家のために、働いているのを目の当たりします。ヨウォンに、コンニプは「土地を売ろうと思うの」と、話します。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2022/1/13  12:53 | 投稿者: いい加減人

ガオンは、養父が韓国人で、韓国語を覚えた様です。ハジンは「本当の名前を教えて」と、聞きますが、ガオンは「ガオンの名前だと、誰もいじめないから、ガオンがいい」と、言います。ハジンは、ガオンを抱きしめ「どこへも行かせない」と、言います。チャン代表が、ガオンを虐待したわけではない様ですね。

ドユンは、ミニに「会社には戻らず家にいる」と、言います。

そして、ドユンは、マルスンの部屋へ行き、床にいる彼女に「母さん、本当のことを教えてくれ。ミニさんは、母さんの移植手術を知っていたね。持ちかけたのはミニさんだろう?」と、聞きます。マルスンは、それを隠すことなく、しかし「決めたのは私」と、ただ、事実だけを話すのでした。

ミニのところに現れたチャン代表は「あんたに言われて、ハジンの自宅から、子供を誘拐した。里親が、あの子を捨てようとするから、俺が、養子にした。俺が、連れてきた子は、ハジンとドユンの子だ」と、明かします。ミニは「どこにいるの?」と、聞きますが、チャン代表は「あんたの想像つかないところ」と、答えます。

今まで、もしや?と、言う感じはありましたが・・・。本人達気づいてないですけど、ハジンとガオン、既に親子の再会果たしていますね。そして、チャン代表の言う通り、ミニにはわからない場所に、ガオンはいますね。灯台下暗し。

セヨンを呼び出したドユンは、ハジンの元夫ムジンについて聞きます。セヨンは怒った様に「元夫なんて、会ったことない。全部、兄さんの妻が仕組んだことなの。あの女が姉さんに偽装結婚させて、子供は堕ろしたと姉さんが兄さんに言う様に、あの女が言ったの」と、言います。

あら?ハジンがセヨンにそれを話したシーンは、無かったけど、セヨンは全部知ってたのね。ってか、全部、ドユンに、セヨンは話しちゃったわよ。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2022/1/13  12:05 | 投稿者: いい加減人

ペク・リムがク・ジュンフィと同じ部署に入り、ジュンフィがチーム長になったのも有って、会食をしようとなるのですが、ク・ジュンフィはカードだけを渡し「皆で行ってきてください」と、なります。ク・ジュンフィは、元々、会食をしないのもありますが、今は、別れなきゃならないキム・チョンアのことで、頭がいっぱいだからじゃ無いでしょうか?

チョンアと写真展で会うク・ジュンフィは、彼女を見つめてばかり。穴が開きそうだわ。キム・チョンアは、パリの写真を見て、ク・ジュンフィに「いつか、一緒に行きたい」と、無邪気に喜びます。ク・ジュンフィはこれからのことを考えると、なんともいえない様な表情。

キム・ソラは、ムン・テランに電話をしますが、ムン・テランは電話に出ません。キム・ソラは一人で、レストランに入り、グルメ番組のリポーターのオーディションを受けるための練習をします。そこに、偶然、ムン・テランとムン・ジュニクが、入ってきます。ムン・ジュニクはキム・ソラに気付きませんが、彼女自身と、ムン・テランは気付きます。

その後、キム・ソラは、ムン・テランのお店で練習をします。ムン・テランは「君なりのリポートをすれば良い」と、勇気づけます。

ホン・ファヨンは、キム・ソラを自宅へ呼び出し「息子に近づかないで」と、警告。で、出てくる言葉が、ホン・ファヨン「あなたの妹、巡査だったわね?それ、ひとりくらい飛ばすの簡単なの」って。だから、キム・チョンアは関係ないじゃん。それに、ちょうど、この時、ト・ジヌが帰ってきてふたりの会話を聞くことに。

キム・ソラは「家族に手を出さないことを条件に、離婚しました。お義母さんがどう思うと、私は、9年間ジヌさんの妻でした。ジヌさんが寝ている間に、お金なんかもらえません」と、言います。

自分が寝ている間の真実を知ったト・ジヌは、キム・ソラを追い「君がいないと生きられない」と、言います。キム・ソラは「私とあの女に、同じイヤリングを贈っておいて。今考えても血が逆流する」と、言います。キム・ソラが嫉妬しているだろうことに、ト・ジヌはちょっとにやけていましたけどね。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ