ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2022/5/26  19:58 | 投稿者: Author

今回、韻錦(ユンジン)の母親の、再婚相手役に出て来た俳優さん『女医明妃伝』に出て来ていた人じゃない?時代劇と現代劇だと、雰囲気が違って気がつかないのが普通なのに、なぜか、この俳優さんは、わかったわ

母の再婚話が持ち上がり、悩む韻錦(ユンジン)。それは、病気で他界した父のことが気になるから。居安(ジョーアン)先輩は、自分の父親は出て行ったきり、帰ってこない、仕送りも途中で無くなった境遇を話し「君は、お父さんから愛されて育った」と、話します。

母親とその結婚相手に会うため、帰省する韻錦(ユンジン)に、居安(ジョーアン)先輩は、携帯を渡してくれます。郁華(ユーホア)は、韻錦(ユンジン)に、居安(ジョーアン)も連れていき、母親に紹介しないのかと、聞きます。韻錦(ユンジン)は「お母さんの結婚なのよ。やめておく」と、言います。

街中で、郁華(ユーホア)を見つけた程錚(チョン・ジョン)は、韻錦(ユンジン)を見かけない、どこにいるのかと、聞きます。答えないでいた郁華(ユーホア)でしたが「寮に行くぞ」と、言われては、答えるしかありませんでした。

実家の中庭で韻錦(ユンジン)が、母親と話しをしていると、塀の上の隙間から、ひょっこり覗き込んでいる程錚(チョン・ジョン)の姿が。一般人が覗き込んでいるが、映り込んでだのかと思ったくらい、程錚(チョン・ジョン)は、ひょこりだったわよ

なんせ、天敵の居安(ジョーアン)先輩が不在ですからね。程錚(チョン・ジョン)は、得意の押しです。母の再婚相手の仕事が急に変更になり、手伝う韻錦(ユンジン)と、程錚(チョン・ジョン)。なんか、元請が変わったとか、作業員さんは言っていたわよね。それと、程錚(チョン・ジョン)の父は建設業と言っていたわよね?もしかして、関係有るんじゃ?


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ

2022/5/26  13:23 | 投稿者: Author

ウンジョを送ったソクピョは「ここが君の家だ。一緒にいる人達が家族だ」と、もう一度、言います。

偶然、街でブシクを見かけたイヌは、話しかけます。微妙に、イヌの手をブシクは、振り払っていたわね。ふたりが一緒に歩く姿を目撃したソクピョは、その後、イヌに声をかけます。

イヌは、偉そうに「手短に」とか言ってるの。ソクピョは、ブシクとイヌの関係を問いただします。イヌは「もうすぐ結婚よ。あの女とは、ただの噂。私達は、長い付き合いなんだから」と、嘘ばっかり並べ立てます。もしくは、妄想?

ジョンスクに借金取りの催促の電話がかかって来ます。ミエが、事情を聞くと、設備の入れ替えで、お金が足りたくて、高利貸しから借りたんだとか。前は、ヘンジャから借りてたけど、今、金貸しをやってないからと。赤字で返せない。他に美容院ができたせい、初めて返金が遅れたのにと、嘆きます。

ビューティーセンターで、ウンジョとイヌが課題に取り組んでいると、イヌに電話がかかって来て、何やら、騒ぎで、飛び出していきます。ウンジョもカフェへ行き、ボグムに「あれ?先生は?イヌの電話が何か騒ぎなのが、聞こえて来た」と、言います。ボグムは「先生はいない。え?イヌは先生の娘なの?」と、話します。

イヌが、グンソプを連れて、美容院へ行くと、取り立て屋が、ソファで、麺を食べていました。暴れる取り立て屋。役立たずのグンソプ。ブシクを早く呼ぶ様に言われるミエですが「他に用が有って」と、適当に言うのですが、独り言では「危険なのに、ブシクを呼ぶはずないじゃない」と。その後、裏で、ヘンジャが元金だけを返せる様、取り立て屋に、取り計らった様です。

グンソプは、ヘンジャの金庫の暗証番号見事、当ててました。実印盗むんでしょうね。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2022/5/26  11:00 | 投稿者: Author

ボンリョンの婿を、キム一族は一族から選ぶ様に哲宗に迫ります。哲宗は、キム一族から選べば、彼らから利用されると、考え、チョンジュンとの結婚を許すことにします。

ボンリョンは、キム一族の屋敷に、キム・ジャグンらと共に、ヨンウン君も招待します。そこで、ボンリョンは、ヨンウン君の手首に、飲み物をかけます。痛がるヨンウン君にボンリョンは「痛いでしょう?氷酢酸を混ぜたから」と、言います。そして、ボンリョンは、ヨンウン君の手首を掴み「奴婢の印を焼印で隠して、それが化膿したんだわ」と、正体を暴きます。

キム・ジャグンは「なんだ?」と、驚きます。これは、ビョンウンが企んだことで、ボンリョンは「このことは、口外しないので、この屋敷から、私を出してください。秘密を口外した時は、私を殺してください」と、言います。

こうして、ボンリョンは出ていけることになるのですが、インギュがそれを止めようとして、チュンジュン達と剣を交えます。しかし、インギュがボンリョンを人質にするので、チョンジュンは刀を捨てます。チョンジュンに襲い掛かろうするインギュに、銃を向けるボンリョン。「撃てるのか?」と、インギュ。撃つボンリョン。

興宣君は、趙大妃に、ヨンウン君の手首を差し出し「大妃様の都正宮への執着が、招いたのです」と、言います。「手を結びましょう」と、趙大妃に言う興宣君。

母、娘と再会できたマンソクは、ボンリョンに感謝します。チョンジュンは、自分も、情報から、マンソクがしていたことは知っていたと、話します。

ビョンウンは、興宣君を殺そうとしますが、キム・ジャグン、ビョンハクはそれを止めようとします。ビョンウンは、ビョンハクに「お前が、興宣君と会っているのは知っている」と、言います。なんか、ふたりが会ってるのを、遠巻きで見ている人達がいたけど、あれは、警備じゃなくて、ビョンウンの監視だったんでしょうね。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2022/5/26  9:50 | 投稿者: Author

医師役:ナ・ジェギュン 『星になって輝く』『偉大なる糟糠の妻』『華政ファジョンThe Princess of Light』

写真を持って来た男(ソニに雇われた男)から、スジョンが20年前に亡くなっていると、聞かされて、ショックのあまり倒れるジニ。この状況に困惑したジウンは、自室でソニと話しをします。流石に、生きている人を死んだことにするのには、恐怖心があるジウンですが、ソニから「不安は取り除かないと。あなたが姉さんの娘になれば良い」と、丸め込まれます。

ジニの身に何が起きているかわからないジングクは、ジニが約束の時間に現れず心配になります。

スジョンが、亡くなっていたと聞かされたドンソクは「お義姉さん、かわいそう」と、悲しみます。

ジニを抱きしめるソニは、心の中で「姉さんごめんなさい」と、謝ります。ってか、ソニ、やることがエスカレートしてるわ。

夜、スジョンは自室で、震えながらも、スジョンが亡くなったということに、必死で、納得させようろとしていました。

ソニは、雇った男に電話して「送金したわ」と、言います。男は「確認しました。またよろしくお願いします」と、言います。ソニとしては、忌まわしい出来事だから、よろしくとか言われても、困るだろっ!

ジニにメールをしても。返事がないので、スジョンブティックへと足を運ぶジングク。ソヒョンとソナの会話で、今、ジニが休んでいることをジングクは知ります。

ケジメをつけるため、ジニは、スジョンに死亡届を出し、公園のベンチに座ります。そこでは、偶然、ハニとウネもいて、ハニがウネに「母さん」と、呼びます。振り返るジニと、ウネ。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ