ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

朱蒙〜チュモン〜 第63話

2011/2/27  19:04 | 投稿者: Author

テソの命令で、チュモン殺害のため、刺客として送られたプブンノ。なかなか、連絡がなかなか来ないことに業を煮やしたテソはナロを通し桂婁(ケル)に送っている密偵を使って探らせます。プブンノに接触した密偵は、仕事をせかせます。

また、プブンノは卒本の兵達に触れ、更にチュモンと兵達の絆の深さを知ります。しかし、家族を人質にとられていては、テソの命令を敢行するしかプブンノに道はありませんでした。

修練中、プブンノの武術をみたオイは、アレは扶余の武術では無いかと、疑問を抱きます。

そして、プブンノはいよいよ、チュモンを殺そうとしたけど、すんでの所で、チュモンに気付かれ、逃げます。また、オイもプブンノが持ち場を離れていたので、おかしいことに気付き探します。

そして、とうとうプブンノは捕まります。プブンノは、以前にもタムル軍に潜入し、チュモンを殺そうとしたけど、チュモンと兵との信頼関係をみて、畏怖の念から出来なかったと話します。だから、チュモンに殺されるなら、本望。ただひとつ、自分が潜入したとき、それ以上の情報をテソに流さなかったことを話します。命乞いはしないと言いながら、微妙に恩を売っているプブンノ。チュモンはプブンノが家族を人質にとられてることもあり、このまま帰すことにします。そしてチュモンはプブンノに「私を殺したと言え。あとのことは、あるものを見れば、相手は納得する」と言います。

扶余に戻ったプブンノがチュモンのクビももたずに「殺した」と言っても、テソとしては、いささか信じることが出来ません。そこで、密偵に探らせますが、密偵からの報告でも「チュモンの姿が見えない」でした。

更に、テソは、マウリョンに本当にチュモンが死んだか、確認します。密偵の報告より、巫女の言葉を信じる、扶余の人たちのいつもの構図

卒本は、扶余と漢とが、手を結んだことで、交易が出来ず窮地にたたされます。そこで、チュモンは海賊と手を結ぶことを考えます。私も海賊とまでは、思わなかったけど、船があるなと思ったわ・・・。

ところで、チュモンが塩のことでとソソノに誰かに頼んで探って欲しいと言ったとき、サヨンが自ら「私が行きます」って言ったら、ヒョッポが慌ててたシーンが

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ