ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

トンイ 第42話 断ちきれぬ友情

2012/1/29  22:01 | 投稿者: いい加減人

解りやすすぎなドラマ

民の為に私財をなげうったチャン・ヒジェたちが都に戻って来ることになり、これで、オ・ユンが戻って来るだろうと喜ぶオ・テソク。しかし、オ・ユンは戻ってきません。そりゃそうよ。チェ・チョルホは降板してるんだから

そう言えば、私財をなげうったからオ・テプン親子は住む家があばら屋みたいな所なのに、何でチャン・ヒジェは前住んでた所と同じ所なのよ・・・

“手の暗号”が示すものがオ・テソクだと解ったトンイたち。

トンイはここで、再び子供の時“手の暗号”をしてた女官が禧嬪だったのでは?と思い、禧嬪に鍵飾りの絵を見せます。禧嬪は「これがなんだというのだ」という感じ。

禧嬪はこの段階では、トンイがなぜあの鍵飾りにこだわるのかは解りません。

そして、チャン・ムヨルの調べで、トンイが剣契と何か関わりがあると聞かされ、昔の人相書きを見せられた禧嬪。禧嬪も昔、トンイに会ったことを思い出し、トンイが自分について何かつかんだと感じます。

そして、チャン・ヒジェはオ・テソクに身が危ないからと逃げる様に言います。

ケドラ率いる剣契もオ・テソクが逃走すると知り、逃がすまいとオ・テソクを追います。

オ・テソクたちが人が少ない山間にきたとき護衛達は、オ・テソクたちを斬ります。そこへ、ケドラたち剣契がきて、そこへまた、別の部隊が現れました。言うまでもないですけど、剣契をとらえるわなだった訳です。そんな気がしたわ・・・。オ・テソクが殺されてからケドラが現れたとき前と全く同じパターンだもの・・・。

ところで、ユ尚宮たちは一応改心したみたいです。子飼いの女官2人がユ尚宮に「淑媛様の動きをチャン・ムヨル様に教えました。ユ尚宮は信用できないと言うので」と言うと、ユ尚宮はチャン・ムヨルに教えたことを怒ってたし、女官たち自身「私たちこんな事して良いのでしょうか?」っていってるし。

更に、ユ尚宮はチョン尚宮とチョンイムにそのことを伝えて「私に伝えてくれていれば、私の所で止めれば良いと思っていた。禧嬪様には逆らえないし、淑媛様には、恩があるし」って言うんだよね。

トンイはケドラを心配して、ソリの妓楼にいくと、そこで、粛宗や、チャン・ムヨルに出くわすのでした・・・。つーかなんで、そう簡単にトンイは宮殿を抜け出せるのよ。しかも、緊急事態が起きてる訳だから、むしろ警備は厳しい筈だけどね。街だって、検問が厳しいってのに。ケドラが怪我をしてるのでトンイがソリに何で医者を呼ばないのか聞くと「兵が多くて連れて来れない」って説明を受けてたけど。トンイが簡単に宮殿を抜け出せるんだから、医官を宮殿からトンイを連れて来る方が、町の医者を呼ぶより容易そうだわ。あんたが連れてこいよって感じ。

イ・ソヨンさん、首はあせかいてるのに、顔は汗かかず。女優だわ


人気ブログランキングへ
PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ
blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ