ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

ザ・ホスピタル 第16話 医者の良心

2008/1/25  1:28 | 投稿者: Author

シンピンは内科に引き継がれる事になって、タン外科部長はまるで外科のミスのようだし、これでは、シュー内科部長の手柄になってしまうと大激怒。それで、タン外科部長は怒りの矛先をチュウ外科副部長とイーホアに向けられ、2人は戒告に。やってる事が子供じみてるような・・・。イーホアは研究からも外されて、そのかわりにイーホアの友クァンの研究にお金をまわされる事に。だけど、クァン、イーホアに「僕は友だから」とこれを断ったっていってたけど、やってる事が矛盾してるような・・・。水面下では準教授になるために働きかけてるくせに・・・。

ネンウェイは賠償金で示談するっていうんだけど、ホイインのお母さんは、ネンウェイに借金がある事とか見透かしてたのね。ホイインのお母さんは、ネンウェイを非難してたけど、ネンウェイ、ホイインの実家のホイインの写真の前で「お金なんかもらってどうするんだ〜」って泣いてたね。ホイインにたいしての気持ちは本当なんだよね。

ホイインのお母さんはホァン学部長にあって、「良心の呵責はないのか?」とか問いつめて、さらに「あの子を育てるのにくろうした」っていうと、ホァン学部長は「本当にすいません」て、ついに謝罪の言葉を述べるのよね。ホイインのお母さんは謝罪が欲しかっただけなので、示談金の半分はネンウェイは必要だろうけど、後の半分は子供のために病院で使ってくれって。

秘書室長のヤンはわーわーうるさかったけど、学部長の辞意はかわらず病院を去る事に。そして、ホイインのお墓にお花を手向けて謝罪するのよね・・・。

なんか、此のドラマ、イーホアが主役にも関わらず、今回あんまり出てきてなかったような・・・。此のドラマって、出演者それぞれにスポットをあてているのね。

もう一度みて:

よくよくみてみたら、やっとこの段階で、チャオ院長がタン外科部長に手柄うんうんじゃなくて、こういう事態を引き起こしたをどうするんだってやっといってたのね・・・。でも、タン外科部長はあくまでも、イーホアやチュウ外科副部長に責任とらせてるけど・・・。出世も大事かも知れないけど、もっと患者さんのことを大事に考えてほしいわ・・・。

人気ブログランキングへ
ブログランキング★ドラマ

0
タグ: 台湾ドラマ



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2008/1/26  9:16
 

「ザ・ホスピタル」の第15話「小さな命」と第16話「医者の良心」を続けてみました。
「小さな命」では、ホイインの病理解剖が行われ、肺動脈の空気塞栓症が原因であることがわかりました。学部長はヤン秘書の、「以前の判例で医療ミスとはならなかった」という助言に、「患者は私の手で死なせてしまった」と言い、責任を取ることにしました。医者として、患者を死なせたのだから、ミスであろうとなかろうと自分の責任だという苦しい胸の内が読み取れました。 




AutoPage最新お知らせ