ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

太王四神記 第16話 白虎の神器を巡って

2008/7/27  1:14 | 投稿者: Author

私、キハがホゲの背中越しにいってるシーン。ホゲの妄想かと思ってたんだけど、NHKのHPであらすじをみてみたら、キハはホゲに「チュシンの王になって」っていって去っていったんだね・・・。だって、ホゲが振り返ったら、キハがいないから、ホゲの妄想が激しくなっちゃったかと思ったよ・・・。

火天会大長老と、ヨン・ガリョ、お互い反目しあってる割には、一緒にいるのが何か笑っちゃうわよね・・・。

何か、おびえてた男の人・・・ヒョンミョンたちの元からいなくなったと思ったらパソンのもとへ・・・。この男の人がパソンの手を引っぱって「はなしがあるんだ」とかいうと、パソンたら、自分に気があるのかと勘違いしたのが笑えるよ。それで、この男の人がパソンに「お兄さんがきてる」っていって手引きするんだけど、ヤッパリこれは、嘘でホゲ軍の奴らに攫われていっちゃったよ〜。タルビもパソンが気になって、あとをつけていってたもんだから、タルビも一緒にさらわれちゃったよ〜・・・。このとき、タルビの持ち物が落ちたもんだから、あとからきた、タムドクたちはふたりがさらわれたって分かる分けだよね。

それで、分かった事がパソンの家は白虎の神器を守る鍛冶屋だったんだね。で、パソンのお兄さんは、その神器をもって、きたへ逃げたみたいね。何か、パソンには秘密がありそうだなぁ〜何て思いながらみていたけど、こういう事だったんだね。これからも、意外な人物に意外な事があったりするのかな?

ホゲの前に突き出された、パソンとタルビ・・・。きかれても口を割らないパソンなんだけど、ホゲには人質がいて、それを順々に一人ずつきっていくもんだからパソンも口を割らざる得ないんだよね・・・。このとき、タルビが「幼少の頃私がホゲ様をお世話していたときのホゲ様はこのような冷酷なかたではございませんでした」っていうんだよね。タルビがホゲ家にいた事は分かっている事だけど、そんな事もやってたんだね。あとで、ホゲがタルビの事を思い出してたね。だけど、タルビがホゲを世話してたシーンなんか今迄にあったのかな?最初の頃は訳が分からず(今でもそうだけど)みていたから、覚えてないだけなのかもね。だけど、このことが後々影響してくるのかな?あと、ドラマ的にはホゲを冷酷に、タムドクを温厚に描く事によって、ヨリ対比をはっきりさせようとしているのかな?

スジニが森の中で「私一人を助けるために、タムドク陛下が助けにきてくれた〜」とか独り言をいってるとき、スジニは誰かがいる気配を感じていたね。スジニは「これから、かわで水浴びするんだから、のぞきたければのぞけば?」みたいな事いってけど、水浴びじゃなくて、お酒をカックラッテルヨ。いかにもスジニらしくていいけどね。そして、それをのぞき見るチョロ。何か、こののぞき見るチョロの目が憂いがあってよくなかった?チョロ、お面がとれてよかったね。この顔ださなかったらもったいないよ。何か、チョロ役の人、『マイガール』のユリンの友達の弟役の人に、にてるって思ったんだけど、違う人なのね・・・。

NHK海外ドラマ2008年秋のラインナップがでてたけど『太王四神記』は、ノーカット吹き替え版をBSでやるんだね。ノーカットなんてうれしいわ。それに、もう一度見られると、復習できるし・・・。

何か、今日(いや、もう昨日だな・・・)教育テレビで『きわめる韓流〜ドラマ徹底解剖』っていうのをやってたね。

ノーカット版をみて:

今回も前大神官がタムドクに手相の話をしてるところはカットだったんだね。他の回でもカットされてたけど、なんでこのシーンカットなのかな?大神官は「今年、大神官が変わったら、その大神官は、タムドクさまのテキになるひとです」とか大事なこといってるのにね・・・。

あとは、パソンが鍛冶場で、鉄の打ち方を教えていたり、そこへパソンが「たくさんひとが押し寄せてる」っていってきたり、フッケやタルグに百済の人間が詰め寄ってたりしてるシーンが前はカットだったのかな?ちょっと自信ないけど・・・。

そして、おうおうおう〜、カムドンが火天会に捕らえられたところみたよ〜。ここだったんだね〜。

もう1回見ると、第2話でパソンのお父さんとかが白虎の神器をもって逃げてるシーンを確認出来たり出来るから、パソンのお兄さんが守り主って事解ってみる事出来るから良いね。

人気ブログランキングへ
ブログランキング★ドラマ
blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ