ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

広開土太王 第53話 裏切り

2015/1/29  20:35 | 投稿者: Author

契丹の捕虜から、契丹に高句麗と後燕の断交をすすめたのがコウンだと聞かされ皆危機感を覚えます。誰かが言ってたけど、コウンは高句麗を知り尽くしてるもの・・・。だけど、タムドクだけは「まだ、解らない」と・・・。

コウンは契丹に「高句麗の策略が緻密で援軍出来なかった」と釈明。もう、後燕を信用しない契丹にコウンは「私が約束する」と言います。

後燕では会議で慕容宝が「高句麗に塩を送る事で、信用させ、恩を売る事も出来る」と言います。慕容垂はその意見を取り入れます。まさに敵に塩を送るですね。使臣として、コウンが高句麗に行く事に・・・。

後燕の使臣として現れたのがコウンで、皆愕然とします。

タムドクに「これが生きる道」と言うコウン。コウンも生きて行かなきゃいけ無いしね・・・。

かつての私邸に現れたコウンは、ケヨンスが殺され、家が焼かれた場面を思い出します。コウンは「まだ、父、トヨンの声が聞こえるのに」と嘆きます。そして、コウンは「自分はタムドクに恨みつらみを言って、すっきりするかと思いきや、なぜか心が晴れない」とトグァンたちに話します。

タムドクは以前、予言したハムジを召喚し、ハムジに3つ目の予言を聞きたいタムドク。ヤギョンが「自尊心をくすぐる事を言ってみてはどうでしょうか?」と言われ、タムドクは試してみます。

するとハムジは3つ目の予言として、タムドクに百済のアシンだと言います。タムドクは、ハムジの言う事が的を得ているので、何も言え無いのよね・・・。


人気ブログランキングへ



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ