ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

福寿草 第96話

2015/4/29  15:03 | 投稿者: Author

ヨンスクの家でスエも含めて、ヨナが広報理事になった事のお祝い。スエはギョンスクに「会いたい」と言いますが、ヨナは考えてしまいます。それはガンウクが「お母さんの安全を考えて、¥妹さんにも居場所は教えない方が良い」と言われていた様ですね。ヨナはスエに「もう少し我慢して」と言います。

ヨナは“ゾルバ”に会う事になりました。そこに現れたガンウク。ヨナは“ゾルバ”の正体を知りませんから、ガンウクに「どう言う人に会うの?」と聞かれてヨナは「皆が私に背を向けた時、信じてくれた人。でも、今の本当の私をその人に見られたく無いの。復讐に満ちた私の姿を見られたく無い」と言います。

ガンウクは結局自分が“ゾルバ”である事は言い出せませんでした。それは、ヨナの中で“ゾルバ”が支えになっているからです。ガンウクはそれが卑怯な事だとは解っていながらも、今、名乗るべきではない、あとで明かそうと思った訳です。

ユラはヨナが開発したシャンプーの成分に問題があると、消費者センターに通報します。

ヨナが開発したシャンプーを発表する日、消費者センターの人が来て「成分に問題が有る」と言ってきます。

結果は問題なかった報告され、ユラはがっかり。そして、こんな事をするのは誰なんだと言う話しになります。ヨナはユラに成分表を渡したあと、工場長に「先ほど渡した成分表にはミスが有ったので、あとで送った方でお願いします」と電話していたのです。

そして、消費者センターに電話をかけた人物の音声が流れるとユラの声で、ユンジェに「謝罪しろ」と言われ、ユラは謝罪させられるはめに・・・。


人気ブログランキングへ



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ