ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

アグリー・ベティ 第7話 親子のきずな

2008/11/30  19:54 | 投稿者: Author

ベティのおとうさんが不法入国者と知り、弁護士に相談する、ベティとヒルダ。が、しか〜し、弁護士料が2万ドルときいて、へこむ、ベティとヒルダ。そこで、ヒルダが販売している、ダイエット食品をベティの御昼休み中ミード出版社の人たちに売る事を提案するヒルダ。乗り気じゃないベティ・・・。ベティが乗り気じゃないと分かった、ヒルダは自らが乗り込んで、販売。ダイエット食品は飛ぶように売れて、完売。

ウィルミナはなかなか、自分が編集長になれずにいらだち、ダニエルの秘書のベティを抱き込んだ方が、早いと考えたウィルミナはベティに「何かこまっている事はないか?」って尋ねます。これ、あまりにも、いいタイミングだけど、ウィルミナの事だから、ベティの弱みを調べたんだろうな。自分の窮状をはなしたベティにウィルミナは2万ドルの小切手を渡します。ベティは「見返りは?」ときくと、ウィルミナ「私たちは家族なのよ」と見返りは期待しない事をいってたけど、逆に怖すぎるぅ。ベティは結局、この小切手はつかわなかったけどね。

ダニエルは玄関ホールで見かけた、メキシコ系の女性に興味を持ちます。そして、ダニエルはベティに「素肌にジャケットをきているメキシコ系の女性を探して」と頼みます・・・。なんで、仕事以外の事もベティに頼むんだか・・・。そして、ダニエルがでた会議にこの女性がいて、お茶汲みかと思いきや、新しく発行される?『MYW』の編集長だったぁ〜。度肝ぬかれたダニエルはこの女性ソフィアに夢中。ダニエルはベティにソフィアの事を相談するとベティは「心をうつ何かをすれば良いのでは?」というと、ダニエル「そっかぁ〜。じゃ〜ティファニーに電話だぁ〜[[pict:F8E6]」と進歩なしです。

ベティのおとうさんはベティとヒルダに自分とお母さんとの事をはなします。おとうさんはお母さんを助けるために人殺しをしてしまった事を・・・。

かわいそうなアマンダ・・・。

人気ブログランキングへ
ブログランキング ドラマ

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ