ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

惡作劇2吻 イタズラなKissII 第16話 初めての嫉妬

2008/12/24  23:24 | 投稿者: Author

琴子と入江君がぎくしゃくしてちょっとおもい雰囲気ですけど、船津が笑わしてくれます。そして、金ちゃん、大一番(勝手に私いってます

冒頭は前回の終わり、バーベキューのシーンから・・・。お母さんたちは麻雀にいそしんでましたぁ〜。ちなみに、私は麻雀をやったことが無いので、全くルールとかわかりマシェン。ここのところ、入江君とうまくいっていなくて、少々元気の無い琴子・・・。そして、琴子は思い切って入江君に「ねぇ〜。この旅行、明日で終わりでしょう?皆、明日で帰るから、私たちもう少しここにいて、ふたりっきりで過ごさない?」といいます。入江君は琴子と目もあわせずに「だめだな。教授会があるから。かえらないと」といいます。そして、我慢出来なくなった啓太は「そんなの、電話すれば、いかなくてすむだろう?」というと、入江君「じゃ〜あんたがいてやれば?いちいち琴子の気を引くのも大変だな」何て言っちゃうよ・・・。入江君の冷たい態度に微妙なお顔の琴子のおとうさん。琴子は「啓太君は私が最近落ち込んでるからいっただけよ」。入江君のおとうさんは「そんな言い方はないだろう」と。追い打ちをかけるように、入江君は「荷物まとめなきゃな」と立ち去ります。入江君のお母さんは「お兄ちゃんが悪いわよ」といいますが・・・。

飛び出した琴子。琴子を探す、啓太。琴子は池?川?のほとりでたたずんでいます。見つける啓太。何か、新幹線ぽいのが通ってたように見えたけど違うかな?泣いていた琴子は啓太をみて、泣き顔を見せてはいけないと思ったのか泣き止みます・・・。そして琴子は「ごめんね。雰囲気悪くしちゃって」って。琴子は悪くないよ。でも、確かに、あの場にいた人たちからしたら、どうしたらいいかわかんないよね・・・。ふたりは一緒にかえります。その途中、かぶとむしを琴子に見せて驚かす啓太。入江君、チャ〜ント琴子を心配してまっていましたが、琴子と啓太が一緒にかえってきてる姿を何ともいえない寂しげな表情でみています。こ〜んな寂しい表情の入江君みたことないな。因に啓太って、前回、ひとりで歩いていたたときもそうだったんだけど、なんで、石ころ蹴りながら歩いてるだろう?

帰りのピンクワーゲンの車の中・・・。いきはラブラブでペアールックだった、琴子と入江君なのに、入江君は助手席、琴子はいちばん後ろ・・・。距離があります・・・

あれからというもの琴子と入江君の溝は埋まらず・・・。琴子は勉強・・・。入江君はバスケットボールのゲームで遊んでいます・・・。ふたりを心配した入江君のおとうさんとお母さん・・・。お母さんは「肉まん作ったのよ〜」と明るくふるまい、入江君に食べるようにいいますが、断られます・・・。琴子にも「お腹すいてないんです。課題終わってないないので」といわれ、お母さん「そう・・・。でも、これ、おいておくから食べてね」と、どうしても、空気をかえることが出来ません・・・。

課題をしながらも、琴子は啓太との夏休みの出来事が気になり、あまり身が入らないようです。夏休みのペンションで・・・琴子が飛び出して、啓太が見つけたあと、泣きながら「入江君、私のこと嫌いになっちゃったのかな?」という琴子をみて、思わず啓太はムラムラいや、抱きしめて「あんな、冷たいやつ忘れちまえよ」。しばらくして、琴子は、はっと気づいて、啓太からはなれます。どうしていいかわからない琴子は「冗談だよね」という、出来事がふたりにはあったようです・・・。あれは、冗談だったんだと自分に言い聞かせる琴子。こんなことがあって、夏休みが終わって啓太には琴子はあいづらいようです。

寝室で、寝ている入江君・・・。そこに歩み寄る琴子・・・。入江君に触れたくても触れることが出来ない琴子。琴子は入江君はこんなに近くにいるのに、凄く遠くに感じると心の中でつぶやき涙。何かみていて、琴子がかわいそうでみていられないです・・・。ちなみに入江君横になっていてもクールに腕組みして寝てるのね。

夏休みが終わり、大学へいくと、モトちゃんと真里奈に「入江サンとはあれからどうなったのよ」ときかれる琴子。この上なく元気の無い琴子に「これで、私たちにチャンス有りね」と追い打ちをかけるふたり・・・。啓太が現れ、顔をあわせづらい琴子・・・。ところが、啓太にある課題についてきかれて、しどろもどろの琴子。いつものように「何やってんだよ」と怒鳴る啓太。これに、琴子はよかったぁ〜、いつもの啓太君だわと胸をなで下ろします。そこへ・・・「真里奈さ〜ん」と船津が元気よく登場!!船津は「1番になったら、デートしてくれるって、約束してくれましたよね。僕、夏休みズーゥット勉強していたんです。だから今度のテストでいちばんになったらデートしてくださいよ」と真里奈にいいます。ひき気味の真里奈ですが、船津の勢いに押され、承諾することに・・・。

船津の勢いに押され、デートを承諾してしまった真里奈は万が一、1番になってしまったら、どうしようとあおくなります。それで、真里奈は琴子に「入江サンに1番になるようにいってよ」と頼みます。琴子としては、入江君が1番なのは当然なわけですが・・・。

寝室で入江君・・・ノートPCを前にぼんやりして何にも手を付けられないご様子・・・。だけど、琴子が部屋に入ってくると、お勉強してるふりをして、マウスを動かしたりキーボードをかたかたやりだして、いかにも、勉強してます風味を取り繕う入江君・・・。琴子は「ねぇ〜。入江君、真里奈って覚えてる?彼女、船津君が1番になったら、デートしなくちゃならなくなって、だからね、どうしても入江君に1番になってって頼んでっていわれてるの〜」といいますが入江君は「わかったよ」だけいって部屋をでて行ってしまいます・・・。琴子としては、何とか入江君に近づこうとしてるのにつれない態度にみててこっちが歯がゆいです。

朝・・・入江君が大学へ早くいこうとするので琴子が聞くと「学校で調べものがあるから」と。琴子が「じゃ〜何か作るね」というと(ウ〜ン?一応、琴子普段奥様してるのね?)入江君「いいよ。学校で何か食べるから」ってこれまた、靴かなにかはきながらいってて、琴子のことみないでいってるのよねぇ〜。ほんと琴子・・・かわいそうじゃないの・・・。

そして、テストがあり・・・。

入江君のテストの結果が、今回ばかりは、琴子以上に?気になる真里奈。っていうより、入江君が1番なのが当たり前だから琴子としちゃ〜気にした事ないんだろうけど。丁度入江君が通りかかってきくと「今回はあんまりよくなかった。今までで1番最悪だった」っていうんだよね。琴子は入江君を心配して「どこか悪いんじゃないの?」といって、おでこにてをあてますが、入江君は「ドコモ悪くない」と琴子のてをはなして、いってしまいます。悲しそうな琴子をみて、啓太が琴子に「あれ以来、うまくいってないのか?オレのせいなのか?」といいます。琴子は「啓太君のせいじゃないよ。それにあれは冗談だし」って、いうと、啓太は「冗談じゃないよ。あいつ、お前のこと何とも思ってないじゃないか〜」といいます。これを、ある意味、モトちゃんは興味津々な顔でみています。これがおかしくて、私ソッチをみていて、琴子と啓太のやり取りはちょっと曖昧ですお許しを。モトちゃんは啓太に「え?あんたいったの?」と。そして、琴子にはモトちゃん「真里奈は船津サンだし、入江サンは私のものねぇ〜」と喜んでます。

一方、テストに自身満々の船津は結果をききに、先生の所へ・・・。デートをしなければ、ならない、真里奈も智子と一緒に・・・。しかし、先生には「あとで、インターネットでみればいいだろう」といわれますが、食い下がる船津。因に、この先生、あとででてくる大蛇森先生ぽいんだけど?船津にいわれて、渋々結果をみる先生。先生は「今回、入江はあんまりいい出来ではないなぁ〜」船津は期待が膨らみます。先生「入江が1番だ」にガガーンの船津。しまいには、先生に食い下がりすぎて、先生を押し倒してしまう、船津。その様子をみていて、真里奈はやむなく「わかったデートしてやるわよ」といいデートすることに・・・。

琴子のおとうさんのお店で働く、金ちゃんを手伝うクリス。お願いだから長い髪は束ねて〜クリス。ふたりのいちゃいちゃぶりをみて、嫉妬の丸子。この、丸子に琴子のおとうさんは、買い出しの仕事を頼みます。そこへ入江君がきます。おとうさんは入江君に「オレは、夫婦のことに口出しはしない」といいます。それだけに、おとうさんとしても、琴子が心配なんだろうね。入江君に食事を作ってやれという琴子のおとうさんにたいして、金ちゃんたら意地悪して「もう、火落としました」とかいってるし。それで、おとうさんが作ることに・・・。金ちゃんとクリスと食事。クリスは入江君に「これ、金之助の新作ですねん」と料理をもっていきます。入江君は「本当においしいよ」といいます。クリスは「琴子と入江はラブラブ何やろ?」と。金ちゃんは最近入江君が琴子に冷たいことをおこっています。入江君は「啓太が琴子の前をうろうろするようになってから、何か、琴子をみるとイライラするんだ」っていうんだよね。ここで金ちゃんにやけて「入江、ほんま、わからんのか?天才ぬかしおって。それは、焼きもちや」とズバリ指摘。入江君「オレが焼きもち?」金ちゃん「オレは、焼きもちの先輩なんや」といいます。入江君初めての嫉妬に今まで味わったことは無い感情が何なのか考えさせられます。おれが焼きもち?と心の中でいっています。笑う金ちゃんをお玉で頭をぶつおとうさん。何か、お店から外が見えるんだけど、途中からあめがふっていたね。

入江君は嫉妬に頭が真っ白になりましたが、琴子はテストの結果に頭が真っ白です。テストの結果が芳しくない琴子です。入江君に勉強教えてもらってないからね・・・。そして、モトちゃんに「見せて〜」といわれて、結果表を隠す琴子だけど、結局みられちゃう琴子・・・。

学食で・・・。理美がえ?まさかつわり?の展開。驚く、琴子、じんこ。理美「実はそうなんだと。しかもあいつ(良)妊娠をしったら逃げたくせに、戻ってきてくれた」って。琴子は理美が大人になってるんだなぁ〜と実感します。

家で・・・。琴子は入江君のお母さんと一緒にお豆かな?のつるをとってます。そして、理美の妊娠を報告。お母さんは「うちも孫がみたいわねぇ〜」と。琴子、心のつぶやき、私たち孫どころか、キスもしてない・・・。イタズラなKissというタイトルなのにね・・・。そして、お母さんは「そうだ、琴子ちゃん結婚記念パーティーよ〜」と。琴子「理美はまだ結婚式まだなんです」お母さん「や〜ね。あなたたちの一周年のパーティよ」と。琴子にしてみれば、こんな大事なことを忘れるくらい、入江君とうまくいっていないんだよねぇ〜・・・。

ってことで、今回はすべて、入江君のば〜かの回なのであります・・・。でも、あと、もう少しで、このつらい状況から抜け出せそうです。琴子は入江君とうまくいかなくて、またあの、写真みてましたねぇ〜。ここね。

このドラマのDVDが発売されることになりました。今回、私は買うことにしました。はまりまくりなもんで・・・。

もう一度みて:

PCで写真(上と同じね)をみている琴子に「ご飯だよ」って言う入江君の雰囲気・・・すきま風って感じよねぇ〜・・・。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

人気ブログランキングへ
ドラマ ブログセンター

0
タグ: 台湾ドラマ



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ