ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

白夜姫 第121話

2017/1/31  14:04 | 投稿者: Author

ウナが、実母だとペク・ヤから聞かされたヒョギョンは、激しく動揺します。

ペク・ヤは「私の顔色をうかがっている時は可哀想な気もするけど、食堂とか地味にやってるなら、いくら自分達を捨てた母親でも、許せるかもしれないけど、自分は裕福に暮らし、ジュンソの父親を奪ったのに、能天気にされてると腹が立つ。」と複雑な心情を、ヒョギョンに吐露します。

事情を知ったヒョギョンは、当然ながら、ウナに会い「もう、ジュンソに会わせません」と言います。心の中でウナは、生意気な嫁ねって・・・。何でも、自分の思い通りにならないと、すぐこれね。しかも、相変わらず、ウナは、子供を捨てたのには、事情が有っただの、継父に自分の孫は渡せないなどと、好き勝手な事を言ってるわ・・・。

ってか、いつ、ペク・ヤにこの事を明かされるか解らないのに、図々しく堂々と、ジュンソに会い、挙げ句の果てには引き取ろうなんて、何でウナは考えられるのか不思議だわ。申し訳なさで、影で、ジュンソを見ているとかなら解るけど・・・。

ソンジは、ジョンエとタンシルに「お義兄さんと、ペク・ヤは別れたました」と、話します。ジョンエに「何かペク・ヤに言ったの?」と聞かれ、しらばっくれるソンジ。

ファオムは、ペク・ヤとチョン・サミに、心の整理をする時間、自分の誕生日までを言います。


人気ブログランキングへ



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ