ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2020/10/25  13:55 | 投稿者: Author

アロは、独り言で、ソヌに対して「私を避けているのに、なぜ、口づけなんかするの」と、嘆きます。そこに、現れるソヌ。ソヌは「抱きしめてしまうから。自分の気持ちを抑えられるまで、我慢したんだ」と、言います。思いが通じて、それぞれ、幸せに浸る2人。

落とした腕飾りを探すソヌと、ジディ。その様子をしたり顔で見ているカンソン。

カンソンから腕飾りを見せられたヨンシルは、王の印が入っている事に気づきます。腕飾りが落ちていた場所が、仙門だったと、カンソンから聞かされたヨンシルは、花郎の中に彡麦宗がいるだろうと、推測します。

確か、あの、腕飾りは、元は、マンムンのものでは無かったっけ?あれ?違ったかな?まぁ、どちらにしても、何で?持ってる?ですよね?

ウィファを訪ねた叔明王女は「花郎の武芸の鍛え方が足りていない、人が亡くなるまで、戦わせるべきでは?」と、提案します。元は、ウィファがミジンブに言ってた言葉で、筒抜けな事を、ウィファは知ります。

叔明王女は、只召太后から、アロを人知れず暗殺する様に命じられます。

花郎が狩りをする場所へ、トンベクを使い、アロ呼び出した叔明王女は、矢を向けます。アロが叔明王女を探す声が聞こえたソヌが、とっさに、アロをかばったため、ソヌが矢を受けます。逃げる叔明王女を見たジディは「アロに手を出すな」と、警告します。

“花中在王(ファジュンジェワン)”と、王は、花郎の中にいると、掛け軸が張り出され、騒然とする花郎達。ただ、都にいなったソヌと、ジディではないか?さらには、ソヌでは無いかと、噂が流れます。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/10/18  14:17 | 投稿者: Author

フィギョンが、アンジの元を訪れて、アロが、只召太后に命を狙われている事を伝えてくれます。ん?フィギョンは、いい人のようですね。

スヨンは、お酒かな?をパンリュに渡そうとすると「妹に何をする」とばかりに、スホが、やってきます。スヨンは、またも、スホを止めるために、そのお酒(?)が、入る壺で、殴り、またも、気絶させます。

花郎達は、ウィファから、郎徒(ナンド)が与えられます。ハンソンの兄、タンセは、ソヌにつきます。

ハンソンは、タンセが自分につかなかった事にがっかりしますが、アロに「でも、ソヌは、大好きだから良い」と、言います。アロは、ハンソンがソヌが好きな事に喜びます。

アロが、書物を運んでいると、ジディに出くわし、慌てます。ジディは「これまで通りに、接してほしい」と、言いますが、アロとしては、ジディの正体を知った今、そういう訳にはいきません。アロは、正体を知ってから、周りに聞かれやしないかと、どぎまぎですが、ジディは平然としています。

タンセと、弓馬(流鏑馬とは、ちゃうのかね?)の稽古をするソヌ。それを、木の陰から、アロは見ています。その最中、ソヌは、意識を失い落馬。近寄ったアロは「まだ、思いを伝えていない」と、涙ながらに言います。すると、ソヌは、意識を取り戻し接吻。そして、また、気絶します。

ジディはソヌに「なぜ、アロに冷たくする」と、言います。「関係ないだろ」と、言うソヌは、ジディともみ合い、この時、腕輪を落とします。ソヌ自身、ジディも腕輪を落とした事に気づきません。それを拾う人物が・・・。カンソンです。ドヤ顔。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/10/11  13:47 | 投稿者: Author

フィギョン役:ソン・ヨンギュ 『愛の温度Love Temperature』『凍える華』『星になって輝く』『王の顔』

叔明王女は、自分を冷やかす花郎達の前で、武芸を見せて、黙らせます。祝宴での、群舞、楽の稽古をする花郎達。

一人、パンリュは実父のホから「ヨンシル様からのご命令だ」と、祝宴の邪魔を要求され、葛藤します。

アロは、パンリュとスヨンの恋の橋渡し役の様で、スヨンからの手紙をパンリュに渡そうとします。この時、アロは「スヨンに本気なの?」と、パンリュに聞きます。パンリュが返事をしている場面は有りませんでしてが、手紙を読んで、笑顔を見せていたのでおそらくは、本気だと、返事をしたのでしょう。

祝宴当日、アロは、只召太后とジディが話しいるのを目撃して、ジディが真興王?と、気がつきます。すると、禁衛将の捕らえられてしまうアロ。

ホは、パンリュだけでは、安心出来なったのでしょう。カンソンを送り込み、楽器を壊します。それを見て、落胆した花郎達は、パンリュの仕業では無いかと、疑惑の目を向けます。

しかし、ウルクが楽器を作り、花郎達は、群舞と楽を行う事が出来ました。

ジディは、禁衛将が、袋詰めにされた人を、馬に乗せて走り去るのを目撃します。

只召太后の前に差し出されたアロ。只召太后は「考えたが、殺すしか無い」と、言います。命乞いをするアロに、刀を振り上げる禁衛将。そこに、ジディが現れ、アロは助かります。ジディと一緒に歩くアロは、これまでのジディに対する言動を思い出し、縮こまります

そこに、ソヌが、現れ、ソヌは、アロにマンムンのお墓に連れて行きます。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/10/4  14:18 | 投稿者: Author

叔明王女役:ソ・イェジ 『パパはスーパースター!?』『夜警日誌DIARY OF A NIGHT WATCHMAN』

ソヌは、マンムンが殺されたのは、王の顔を見たからと理由を知り、王に借りを返すと、心に誓います。ソヌがそれがジディだと、分かったら、どうなりますかね?

中秋の宴で、民と王室のために、花郎に、群舞と、楽を、披露しようと考えたウィファ。ウィファはその師匠として、ソヌ(ムミョン)とマンムンの養父である、ウルクを仙門に呼び、花郎達に紹介します。あら、ウルクってば、そういう人なのね。それに、こうして、また、出てくるのね。群舞が、舞と言うより、ダンスになっていますが・・・。

アロは気になっていた事を、ウルクなら知っているだろうと、聞きます。きちんと、ウルクがアロに話した場面としては有りませんでしたが、アロはソヌの正体を知った様ですね。そして、ソヌに問いただすアロ。ソヌは誤魔化す事は、難しいだろうと思ったでしょうね「兄では無いが、兄として接する」と、言います。

アロは「それなら、兄さんはどこ?」と、聞きます。「死んだ」と、答えるソヌ。アロとしては、ソヌが兄で無かったことが悲しいのと、安心したのと、複雑に感情が入り混じり、泣きながら歩きます。アロに声をかけたジディは、アロが泣いている事に驚きます。「お前を泣かす者は許さない」と、ジディ。本当に、ジディはアロの事が好きなのね。

ピジュギを通じて、スヨンと、養父ヨンシルからの文を受け取る、パンリュ。スヨンからの文を読むパンリュは、顔が緩みますが、ヨンシルからの文を読むと、顔がこわばります。これは、おそらく、中秋の宴を潰す様にと言う命令でしょうね。

スプから「ウィファを全面的に信用をしてはなりません」と、言われた只召太后は、花郎の様子を探るためでしょう。叔明王女を呼び寄せます。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/9/27  14:03 | 投稿者: いい加減人

花郎役:イ・プンウン 『階伯ケベクGYEBAEK』『チョン・ヤギョン 李氏朝鮮王朝の事件簿』『ガラスの華』

試験も終わり、ヨウルは同室の人達に、仙門を抜け出す事を提案します。ソヌは、母の命日だと言うし、スホは「監獄の様だと言うし」なので。皆、その気になりますが、本当に抜け出して良いものかどうか、気になりますよね。ヨウルは「手を打ってある」と、言います。ヨウルは、ウィファ達に、お酒の贈り物をしていたんですね。ヨウルやるねぇ〜。

こうして、皆、仙門が無防備だと抜け出し、ソヌは帰宅します。アロと歩くソヌは、アロから「今日は、母さんの命日じゃない。命日はわからないの」と、聞かされます。それと、ソヌは「母さんの歌声は綺麗だったんだろうな」と、言います。アロは「母さんは口がきけない」と、言います。これで、アロはソヌが、本当の兄なのかどうか、さらに、訝しげに思う訳なんですね。

スホの妹、スヨンは、街で、スホを見かけ、いつものお返しだと、お尻を掴みます。しかし、その人は、スホでは無くパンリュでした。これをきっかけに騒ぎとなってしまい、騒ぎを見たスホは「おら〜」と、パンリュに襲いかかりますが、スヨンに後頭部を棒で打たれ、気を失います。

スヨンと飲むアロは「兄が好き。兄が帰ってきたのは嬉しいけど、本当の兄じゃなければ良いのに」と、複雑な胸中を打ち明けます。ただ、スヨンは、この意味をまだ、わかっていないでしょうね。

ウィファは、只召太后や、大臣達の前で、中秋の宴で、花郎の公演を行うと、言います。

それを阻みたいヨンシルは、ソヌに会い「友が殺されたそうだな。王の顔を見たのか?」と、言います。ソヌは、マンムンは、王の顔を見たから、殺されたのか?と、考えます。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/9/20  19:41 | 投稿者: Author

ジディが、ソヌと一緒に、アロから文字を教わっていたのは、ただ、アロと一緒にいたいからよね?

その後、ジディは、アロと二人きりで、文字を教わると、無理やり口づけ。ただね、アロも無理に拒んだ感じでは無かったわね。もう一度、ジディが接吻をしようとした時は、アロ拒んだけど。ソヌが来る気配を感じたアロは、ジディの口を塞ぎ隠れます。

そして、ソヌがいなくなったと思い、アロが出ると、ソヌがいました。アロは「医務室に戻るんだった」と、ごまかして、出て行きます。中に、ジディがいるのを見て、何か感じとったソヌは、ジディに「妹に近づくな」と、殴ります。ジディは、うろたえる事無く「お前の妹を好きになった」と、言います。ただ、これは、方便で無く、ジディは実際その様ですね。

ソヌは、兄らしくしなきゃと、妹スヨンがいるスホに、妹の接し方を教わります。スホは「腕で頭を掴み、こすれば良いんだ」と、もう片方の手で、頭をなでる感じで、やります。まぁ、スホと、スヨンでは、それで、良いでしょうけどね。

アロに実践してみたソヌは、立ち去ると「これくらいで、良い。自然に出来た」と、満足げ。アロは、あの不自然さは、何なの?と、言う感じです。

そして、『道徳経』を用いた課題の筆記試験の日。皆、仙門に残りたいので、不正をしたりで、必死。皆、不合格の中、ジディは白紙で(名前だけ書いてある)、ソヌは少ない文字で。ソヌはまだ、文字を覚えていませんからね。口頭で、答えたジディは課題である『道徳経』に沿っていたため、合格。ソヌは、不合格。

アロは、ソヌに「母さんの命日よ」と、教えます。ソヌは、そういう事、判りませんからね。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/9/13  19:34 | 投稿者: Author

ドタバタ劇。

ソヌ、ジディ、スホ、パンリュ、さらにはヨウルが同室。濃い人達が、同室なもんだから、しょっぱなから喧嘩。これを見ている他の花郎達は「地獄の門が開いた」と、言います。まぁ、そんな感じだわね。

止めに入ったウィファは「三度、不可なら、追放」と、言います。それと、花郎には、身分の上下等無いと・・・。

パンリュは、母親が賎民のソヌを挑発。我慢してきたソヌですが、パンリュが「お前の妹は上玉だ」等と、言います。さすがに、我慢ならなくなったソヌが、手を出し、その後、花郎達皆が、乱闘騒ぎ。

ウィファは「始めたのは誰だ?」と、聞き、名乗り出るソヌ。ソヌは、倉庫に入れられます。

スホは、パンリュに「最初に仕掛けたのは、お前だろう?妹の話をするのは、反則だろう?」と、言います。スホは、なかなか良い奴のようです。ただ、パンリュもね・・・。自分ではどうにもならない、親の問題も有るしね・・・。

ピジュギに「治してほしい」と、言われ、喧嘩で怪我をしている花郎達の治療を仙門でするアロ。アロは、ソヌの姿が無い事が気になります。その前にジディに捕まったアロは「寝たい」と、言われます。眠るジディ。その姿を只召太后に見られた事に、ジディは気付きます。

そして、ようやく、倉庫にいるソヌに会えたアロは、薬を塗ってあげます。「少し会えないだけで、長く感じる」と、アロ。

ウィファから花郎達には、課題が出ます。しかし、ソヌはまだ、字が読めない訳で。

ウルクが、アンジの元にやってきて「ソヌは、この世に出してはいけない子だ」と、言います。何か含みのあるウルクの言葉が、気になるアンジ。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/9/6  16:47 | 投稿者: Author

ミジンブ役:ユン・ジノ 『オクニョ 運命の女(ひと)』『星になって輝く』『王の顔』『馬医』『推奴 チュノ』

花郎の任命式当日に、アンジの息子ソヌの姿が無い事に気づく只召太后。

その頃、ソヌとジディは、ドゴ達に捕まっていた訳で・・・。襲いにかかってきた人物を、ソヌは機転で、倒し、ジディと共に、逃げます。まだ、ドゴの一味は、二人に襲いかかります。ジディの口笛、あれは、おそらく、パオを呼ぶためのものでしょう。パオの姿が見えたけど、服の裾だけだったので、むしろ、ドゴの一味に見えたわ。パオのおかげで、逃げだせた二人。

逃げ出した二人は、別のところに監禁されていたアロを、救出します。

そして、ギリギリのところで、花郎の任命式に現れたソヌ。只召太后が、安心したのもつかの間、ジディまでもが、花郎の任命式に現れ、驚愕します。

ウィファは、風月主(プンウォルチュ)に。

花郎達の行列が有ったけど、これが、番宣に使われているところですよね。

ウィファは、花郎達に、お酒を飲ませます。かなり、強いお酒なのかな?みんな、ぐでんぐでん。花郎達は、居住空間の仙門(ソンムン)に、入所する事になります。それで、その酔っている花郎達に、ウィファは、部屋割りの、くじを引かせます。

ソヌ、ジディ、スホ、パンリュ、ヨウルが同部屋のようですが・・・。ヨウルは中性的な感じで、やっていくのかしら?


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/8/30  19:45 | 投稿者: Author

実父が、養父ヨンシルに殴られる姿を見せられるパンリュ。花郎になりたがらないパンリュに、養父ヨンシルは「惨めか?世の中、やるか、やられるかだ。権力を握りたいなら、花郎になれ」と、言います。

只召太后は、アンジに、息子を花郎にするように言います。

アンジが帰ってきて、一安心のアロ。アンジは、ムミョンことソヌに都を出るように言います。しかし、ソヌは、アロの方を見て「守るために、花郎になる」と、言います。

アロは、ソヌに「花郎になるためには、最低限の事は身につけないと」と、まずは、字を教えます。漢字でソヌ(先雨)と、教えるアロ。手取り足取りアロは、教えます。ソヌの心臓の音をアロは「太鼓の音が聞こえる」って

ジディは「神国を変えたい。民は、国を気にしないが、君主は民を気にする」と、言って、ウィファから、花郎になる許可を得たようです。

アロは、ソヌに、馬の乗り方を教えている時に、子供が遊んでいる棒が、アロが乗る馬にあたり、馬が暴走。追う、ソヌ。それに、気づいたジディも、追います。アロを助けたソヌの腕飾りが、気になる彡麦宗。

パンリュと蹴鞠で戦うため、仲間を集めたいスホは、ソヌと彡麦宗を仲間に入れます。見事、スホ達が勝ち、見ていたアロも喜びます。その様子を見ているドゴ。

その後、アロがドゴに連れ去られ、追うソヌ。ソヌが気になる彡麦宗も追います。捕まる彡麦宗。もちろん、アロ、ソヌも捕まっていました。なので、ソヌとジディ、花郎の任命式に現れる事は出来ません。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/8/23  20:23 | 投稿者: いい加減人

彡麦宗が、アロの家にやってきます。彡麦宗が、真興王だとは当然思っていないアロ。王の生誕を祝う儀式にも、王が姿を現さない事を彡麦宗が言うと、アロは「王が若いから。自分でも歯がゆと思っていると思う」と、言います。

大臣達は、只召太后の前で、花郎創設に大反対。

ウィファは、スホにはパンリュ、パンリュにはスホになりすまして、文を出し、お互いを呼び出す事にします。

ウィファに会いに来た彡麦宗は、身分を偽り「花郎になりたい」と、言います。彡麦宗を怪しむウィファに、彡麦宗は「じゃ、名前はジディでどうだ?只召太后を倒したい」と、言い放ちます。ウィファの事だから、彡麦宗の身の上を知っているのでは?

出かけるムミョンが気になるのか、後を追うアンジ。

ムミョンは、王の生誕を祝う儀式の行列で、マンムンを殺した禁衛将を見つけ出します。襲いかかろうとするムミョンですが、捕らえられます。そして、アンジが現れ、「私の息子です」と、訴えます。ここで、回想・・・只召太后とアンジは、昔、恋仲?そして、今・・・只召太后はムミョンに「お前の父親なら、どうなるか見ておれ」と、アンジに、斬りかかります。

アンジとムミョンの事を聞いて、恐る恐る王宮へと行くアロ。そうすると、出てきたムミョンは意識を失い、アロにもたれかかります。その様子を見ている彡麦宗。

アンジが、只召太后に言っていたのでは、只召太后のせいで、妻と息子(マンムン?でいいのかな?)と生き別れになったみたいね。

スホ側とパンリュ側で、果し合いをしているところに、役人が現れ、囚われの身に・・・。こうなると、大臣達は、只召太后に従わなければならず、彼らは花郎に・・・。これが、ウィファの作戦ですね。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ