ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2019/11/20  21:13 | 投稿者: Author

ジェミンは、バングルに「作文、感動した」と、話します。

学校を出た後、ジェミンは「仕事があるから、会社に戻る」と、いいます。この時、何やら鼻の下を触るジェミン。サインぽいなとか思いながら見ていたら・・・。ミソ達に、イルモクも「用事が有るので」と、去っていきます。

実は、2人は、担任の先生に、迷子を探す事を提案していたのでした。ちなみに、イルモクは、ジェミンのオ本部長の件は、知っているのかな?

ところで会社では、ジェミンが「これまで育休をしていたので、鈍った」と、企画を出していないので、オ本部長は何か有るのでは無いかと感じます。ジェミン、気をつけた方が良さそうですよ。

それと、ジェミンは、例の怪しい会社の社長に会ってみて欲しいと、ユ次長に、頼みます。

週末もスランが、ミソの家で子守をする姿を見たイェウンは、イルモクに「複雑なんだけと、イ代理は、おばさんを働かせすぎ。私だって、週末はおばさんを休ませてた。私が言える立場じゃ無いけど」と、いいます。イルモクは、寧ろ「お義母さんの事を、気にかける様になったんだな」と、喜びます。

ミソも、疲れて寝ているスランの姿を見て、このままではいけないと考えます。そして、ミソは、スランに「もう、子守には来なくても良いです。カラムは保育所に預けます」と、いいます。

スランは、手術が決まったし、どうなるかしら?


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2019/11/19  18:59 | 投稿者: Author

次長役:ミン・ジュンヒョン 『黄金のポケット』『あなたは贈りもの』『雲が描いた月明り』『私の婿の女』『オクニョ』

助け合い育児で、ヒョッキは自分も参加すると言い、参加します。ジェミンが危惧していた通り、上手くできないヒョッキ。それで、ジェミンは疲れたのか、家のエレベーターの脇でもたれかかって寝てしまっていた様でした。そこに、ミソと、イルモクがやってきます。

ちなみに、あの場所は人が来ると、電気がつくのかな?、ミソと、イルモクが来たら、そんな感じになってたわ。ジェミンが、ヒョッキがまだ子守が出来ない事を嘆くと、イルモクには「僕が義兄さんに教えるのも、大変でしたよ」と、言われ、ミソには「最初、出来なかった事は忘れちゃったのかしら?」と、言われます。

ミソ達は、チキンを買ってきたので、みんなで食べようと言う事になります。ミソは、イェウンを誘うのですが。イェウンは、戸惑います。するとミソはミノを誘うと「行く」と、言われ、ミソをうまく使って、イェウンをミソの自宅に来させます。

チキンを食べ始めると、ミノが「バングルは、いとこなんだよね?」と、言い、バングルはイェウンを「叔母さんなんだよね?」と、言います。「そう、叔母さんよ」と、答えるイェウン、戸惑いながらも、徐々にミソ家族に慣れていくイェウンですね。

ヒョッキの病院で、検査を受けたスラン。付きそうヘスン。ヒョッキは、ウンソルを助けてくれたとスランに感謝します。スランは「ウンソルに気づいたのは、ミノのお祖母さんよ」と、話します。そして、検査結果をヒョッキは、スランに伝えます「子宮の周りに腫瘍はありますが、良性です」と。

授業参観で、ウンソルは、ヒョッキがおならのクッションで、笑わせてくれる事を発表します。バングルは、ジェミンが助け合い育児をしている事を、発表します。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2019/11/18  20:58 | 投稿者: Author

社長役:イ・ヒョン 『棘トゲと蜜』

ジェミンと遊べなくて、寂しく思うバングルにジェミンは「バングルが産まれた時、ママは、バングルを預けるところが無くて、大変だったんだ。だから、そういう人をパパは手伝おうと思ったんだ。パパが他の人を助ければ、バングルもその人達から良くしてもらえる」と、話します。

オ本部長が、アメリカに行ったと、言った社長は、韓国にいると、他の社長から聞いきだしたジェミン。ジェミンは、その事を、イェウンに話し「何か知ったら教えてくれ」と、言います。イェウンは、どうしようと言ったような顔。イェウンも一枚かんでいるからですよね。

おならぶーのおもちゃを、今度は、ジョンヒョンが、ヒョッキ、ウンソルのいる前で、やっていみます。ウンソルは「面白い」と、笑いがこぼれます。ウンソルの笑顔と、ジョンヒョンの意外な行動に、ヒョッキも顔が緩みます。

ウンソルが「どうやって、赤ちゃんは来るの?」と、聞きます。答えに窮するジョンヒョン。すると、ヒョッキは「誤魔化さないで、ちゃんと性教育をやったほいが良い。パパと、ママに種が有って、それがくっつくと、赤ちゃんができるんだよ」と。ウンソル「どうやって入っていくの?」ヒョッキ「赤ちゃんが通る場所を、通るんだよ」と、教えます。

書斎で、ジョンヒョンは、ヒョッキに「さっきのは、少しだけ良かったです」と、笑顔で話します。すると、すぐ木に上るヒョッキは「少し?」と。聞きます。ジョンヒョンは「いいえ、だいぶよかったですと、言わせていただきます」と、言います。はい、実際、性教育の場面は、良かったと思いますよ。

ヘスンからは「医者が近くにいると、いいね〜」と、言われたヒョッキは、ジョンヒョンに褒められた事も思い出し、人から喜ばれる心地良さを知り、助け合い育児へ行き「バーションアップしませんか?」と、ジェミン達に言います。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2019/11/15  19:00 | 投稿者: Author

ジェミンは、ユ次長に「黒幕はオ本部長だ」と、いいます。「オ・マナーが?」と、ユ次長。ジェミンは「コ本部長に、以前の企画の話をしたら、知らないと、言われた」と、話します。ユ次長は「オ本部長は、話したと言っていたが、言ってなかったんだな?」と、事情を飲み込みます。

ジェミンは、イェウンに「オ本部長の事で、何か知っている事があれば、教えてほしい」と、言います。イェウンは知っていても、それは、自分も自爆なので、言えません。

ジェミンは、ミソとお昼に行けなくなり、イェウンに頼みます。イェウンと社食で食べるミソは「1人での食事は二度と嫌なの」と、言います。「私も同じ」と、言うイェウン。それと、ミソは、イェウンに対して、敬語を使わなくなります。妹として接するためです。

ミソは、イェウンと食べるために、お弁当をイェウンの分まで、作ってくれるようスランに頼みます。ミソ、スランが、エレベーターに乗っていると、イェウンも入ってきます。ミソは「母さんが作ったお弁当を、2人で分け合おう」と、イェウンに言います。

悩んだ挙句、イェウンは、オ本部長が、キム次長を使って、ジェミンを潰そうとしていた事を、ジェミンに話します。

塾のクラス分けテストで、あまり上手くいかなかった様子のウンソル。家で、ウンソルは怯えながら、ヒョッキに「ゴメンなさい、次頑張ります」と、言います。その様子を見たヒョッキは、怖がらせたか?と、思います。すると、ヒョッキは、夜中、ダイニングの椅子の座布団の下に、おなら音を出すおもちゃを仕込みます。

翌朝、ヒョッキが椅子に座ると、おなら音がし、ウンソルは笑います。ヒョッキとしては、ウンソルの笑顔が見られて良かったですね。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2019/11/14  20:52 | 投稿者: いい加減人

コ本部長役:ペク・ミン 『白詰草シロツメクサ』『サイムダン師任堂、色の日記』『黄金のポケット』『あなたは贈りもの』

サウナに行こうとするミソ、スラン(カラムも)と、イルモクと帰ってきたイェウンが遭遇。イェウンは逃げますが、ミソは追いかけます。ミソは、イルモクに「2人きりにしてください」と、頼みます。そして、ミソは、イェウンを「一緒に、サウナに行こう」と、誘うのでした。

サウナでは、イェウンがゆで卵を「いらない」と、言っても、ミソはイェウンの頭で、そのゆで卵を割ったり・・・。あとから、ヘスンも来ます。ヘスンはイェウンにあかすりをさせます。状況が気になるジェミンと、イルモクもサウナへ・・・。イェウンの顔が赤いので、聞くとイェウンに「バングルのお祖母さんに、あかすりをさせられらた」と、言います。

そのあとは、ジェミンの家で焼肉。イルモクはイェウンを誘いますが、イェウンは断ります。しかしイェウンは「サウナで、家族をいうものを味わった。なかなか良いものだわ」と言います。

イルモクがジェミンの家に行くと、イェウンがいないので「何で、チュ次長は来ないんだ?」と、言われます。イルモクは「今日は、サウナまでで勘弁してください」と、言います。そうですね。一気には難しいですよね。

ジェミンは、コ本部長に「迷子の企画はやらないのか?オ本部長が推している」と、言われます。ジェミンは「あれは、やめました。前に出した訪問育児サービスをやろうと思います」と、言います。すると「聞いてないぞ」と、言われるジェミン。

これでジェミンは、黒幕がオ本部長だとわかりました。その、訪問育児サービスは、オ本部長は「推す」と、言っていたのに、役員会議では出ていなかった事がわかったからです。他にも、思い当たる節はあります。だいぶ前に、ジェミンがオ本部長が、誰かと会っているのを見ていますしね。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2019/11/14  8:36 | 投稿者: いい加減人

おじストーリーとして、イェウンの夫として、ミソ達がいる部署に、ジェミンと共に現れたイルモク。イェウンも、イルモクが来て居ると聞かされて、イルモクが挨拶をしている様子を見ています。

イルモクとジェミンで、これまでおじストーリーの正体を明かそうとしなかった経緯について、説明をします、イルモクはキム次長に「リタさん、前に会いましたね」と、ちくり。イェウンが、イルモクが主夫だとバレるのを嫌がってたこと。契約金をイェウンは知らないが、イルモクがふっかけ、そのことで、キム次長が、イェウンに圧力をかけていた事等を、話します。

要するに、イルモクが泥をかぶったんですね、前に、ヒョッキがジョンヒョンの学歴を偽った時、ジョンヒョンが泥をかぶりましたけど・・・。夫婦の善人側が泥をかぶっているのは同じですね。

その様子を見ていたイェウンは、いたたまれない気持ちになります。それと、イェウンは、スランの名前の借名口座の事も気になります。ジェミンは「いやぁ〜、素晴らしい人です」と、結局はイルモクも持ち上がっていますね。

オ本部長に呼び出されたイェウンは「キム課長の企画を進めろ」と、言われます。イェウンはそれを、ジェミンに伝えます。ジェミンは「オ本部長は、俺の企画を気に入っていたからな。キムバエの黒幕を突き止めたら、オ本部長に話す」と、言います。イェウンは心の中で「黒幕は、オ本部長かもしれませんよ」と。イェウンとしても、そこは、確信が無いんですね。

ジェミンとイルモクは、キム次長がどうやって、イルモクとイェウンが夫婦だと知ったのかが、気になります。イルモクは、イェウンにそれを聞いてみます。イェウンもそれは、わからないので、答えられません。

カラムの面倒を見るため、ミソの家に当分同居する事にしたスランは、イェウンにその話をします。「私の事は、気にしなくて良い」と、言うイェウン。しかし、ミソ、スラン、カラムの3人が一緒の姿を見ると、イェウンは辛いようです。頭ではわかっていても、まだ、気持ちの整理がついていないんでしょうね。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2019/11/13  8:28 | 投稿者: Author

正体を明かしたイルモクは、事情を話し、ジェミンに「お話とは?」と、聞きます。ジェミンは、企画での、迷子探しを考え、ちょうど、おじストーリーも考えていると知った事を話します。お互いに協力する事になりました。

ミソも、ジェミンからの電話で、イルモクがおじストーリーだと知ります。

イルモクは、イェウンに「最近変わったな」と、言います。イェウンは「キム課長が私に協力してくれるから」と、言います。

社食で、ジェミンはイェウンに「協力してほしい」と、言います。

2人が、部署に戻り「やっぱりダメですねぇ〜。諦めます」等と話します。早速離席するチェ代理。ってか、チェ代理もあからさますぎ。気づいてほしいんですか?って感じ?普通、わからないように報告するもんじゃない?2人は「会議はメールで」と、話します。

自分のせいなのに、ミソがキム次長から、罵倒されるのを見ていられないイェウンは、ミソに「本当の事を話せば良い」と、言います。ミソが拒否するので、また「いい人ぶって」と、言うイェウン。ただ、これは、歯がゆさからかな?

ジェミンと、イルモクは「レシピ本なら、キム次長がやればいいのに、なんで、ミソにやらせるんだろう?」と、疑問に思います。

ジェミンがミソ達の部署にやってきます。「紹介した人がいます」と、現れるイルモク。イルモクがおじストーリーだと話すジェミン。キム次長は、まいったなと言う顔をしていたし、2人は、黒幕あぶり出しのために、先手を打ったでしょうか?イルモクは、メガネを外しています。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2019/11/11  20:46 | 投稿者: Author

チョ社長役:ユン・ヒウォン 『私の婿の女』『仮面The Mask』

スランの胸で泣くミソ。「私の娘」と、スラン。

どうやら、やはり、このシチュエーションは、ジェミンとヘスンで考えたようですね。ヘスンは「ミソは、カラムの子守を義姉さんに頼み、バングルをお祖母さんに会わせ、徐々に気持ちを落ち着かせて行ったんだよ」と、言います。

スランは「本当はちゃんとしたご飯を、作ってあげたいけど、夜遅いから、うどんにした」と、言います。「おいしいです」と、ミソ。

そして、ミソは父の事を聞きます。スランは「いい人だったよ。私とあなたのお父さんが一緒に歩いてる時、あなたの伯母さんを見かけたの。道路を渡って挨拶をしようとしたら、車が来て。お父さんは、私をかばって亡くなったんだよ。それで、伯母さんから、お父さんが亡くなったの私のせいだと、追い出されたの」と、事情を説明します。

ミソは「伯母さんは、私のせいだと言っていた」と、言います。伯母さんは、もしかしたら心の中で、事故は自分のせいと言う思いが有って、どちらにも、そういう言い方になったのもあるでしょうね。

ジェミンは、新製品発表会での、迷子探しをあるお店の社長から同意を得ます。これを、イェウンとチェ代理に話すジェミン。チェ代理はすぐさま、キム次長に報告。ジェミンの話はおじゃんになります。イェウンはチェ代理に「キム次長に報告した?私もやっていたからわかる」と、言います。

イルモクはイェウンに「もう我慢できない。おじストーリーを公表する」と、言います。ジェミンは、おじストーリーに呼び出され、ようやくイルモクが、おじストーリーだと知ります。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2019/11/8  19:00 | 投稿者: Author

キム社長役:イ・ジンファ 『黄金の私の人生My Golden Life』『仮面の王 イ・ソン』『華政The Princess of Light』
社員役:チェ・ヒョヒョン 『愛の温度Love Temperature』『黄金のポケット』『あなたは贈りもの』『恍惚な隣人』

バングルがスランを「お祖母さん」と言い、スランは「娘に会いたい」と、バングルを抱きしめます。2人の様子を見ているジェミンと、ヘスンは、感無量。

帰ってきたバングルにミソは「お祖母さんは何て言ってた?」と、聞きます。バングルは「ママに会いたいって」と、教えます。

イェウンは、イルモクに「デザイン会社に、出版を断った?」と、聞きます。イルモクは「実は、お義姉さんから出版の事で、連絡が有ったんだ。お義姉に協力しよう」と、言います。「ダメよ」と、イェウンが断るので、イルモクは「何か、有るんだな」と、聞きます。

イェウンは「契約金をふっかけたのよ」と、言います。イルモクは「どれくらいだ?」と、聞きます。イェウンは「あなたの倍近く」と、答えます。がっかりするイルモクですが、イェウンは「あなたが無職で不安だったのよ」と、これで、形勢逆転。イルモクは一気に自分の不甲斐無さが原因なんだと、落ち込みます。

「早くおじストーリーと契約をしろ」と、ミソをせっつくキム次長。

ミソはニューブランドの事もやっているので、その書類をキム次長に渡すと、キム次長はそれを読む事なく皆が見てる前で、書類をバラバラ捨てます。その様子を見ていたイェウンは、今までだったら、ほくそ笑んでいただろうに、何か、不安そうに見ていました。

ミソが家に帰ると、いたのはスランだけでした。「お母さん」と、泣きつくミソ。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2019/11/7  20:00 | 投稿者: Author

キム次長から「おじストーリーは、亭主だからか?法外な契約金を受け取ったのが、バレるもんな」と、言われ驚くイェウン。そして、キム次長はイェウンに、レシピ本出版の同意を得られるよう、イルモクを説得する様に、イェウンに言います。なんで、ばれたのかが、気になるイェウン。ジョンヒョンか?と、イェウンは思います。

イェウンは、電話で、イルモクに、キム次長に自分達が夫婦である事がバレたと、話します。イェウンは「誰がばらしたのかしら?おばデレラでは?」と、言います。しかしイルモクは「それは、無い」と、言います。

家でその話をするイェウンとイルモク。イルモクは。レシピ本を出したいのですが、イェウンは「夫が無職とバレる」と、言います。いいや、イェウンが気になるのは、契約金の悪事がバレる事じゃない?イルモクはレシピ本を諦める事にします。

新製品の発表会で、ジェミンの迷子探しの企画と、キム次長のレシピ本のどちらが良いかを、マーケティング部で、投票する事に決めます。結果が、キム次長の方が一票だけ多く投票が入っていました。ウン課長は「若い子には、迷子の親の切実さがわからないのよ」と、言います。

キム次長は、イェウンに「亭主を説得したか?」と、聞きます。イェウンは「いいえ」と答えます。ってか、そもそも、イェウンはそっち方向には説得していないし。キム次長が「お前の亭主だと、バラすぞ」と、言うとイェウンは「そうしたら、私もキム次長の不正を暴露します。道連れにする」と、応戦。泥仕合いですがな・・・。

キム次長はよりによってミソに「おじストーリーにレシピ本出版の事で連絡を取れ」と言います。ミソから連絡を受けたイルモクは、頭を抱えます。

今日が、スランの誕生日だと聞かされたミソは、バングルに「ミノのお祖母さんが、あなたのお祖母さんよ」と、話します。ジェミンと、バングルだけで、スランの誕生日にミソは向かわせます。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ