ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2020/12/24  20:54 | 投稿者: Author

宋喬安(ソン・チャオアン)は、報道の件で会社ともめて、結局のところ左遷になったしまったようですね。

思悦(スーユエ)と、李大芝(リー・ダーシー)は、自宅を覗き込むと、應思聡(イン・スーツォン)がいなくて、探し回る事に・・・。

治療薬を飲まなくなっていた應思聡(イン・スーツォン)は、症状の悪化で、幻覚が見えて、病院へと行っていました。手には、割れた鏡の破片が・・・。対峙した女医(宋喬安の妹ね)は、應思聡(イン・スーツォン)と、話をして、なだめ、落ち着かせます。

病院を退院する應思聡(イン・スーツォン)は、きちんと治療する事を、女医と約束します。

弁護士・王赦の妻・美媚(メイメイ)は、王赦(ワン・シャー)に、本来の姿を取り戻して欲しいと、話します。こうして、王赦(ワン・シャー)は、どう見ても堅気とは思えない人とは、仕事を終わりにして、李大芝(リー・ダーシー)の両親の元へと、行きました。

李大芝(リー・ダーシー)と両親の希望である被害者への、和解のため、カウンセラーを入れて、王赦(ワン・シャー)がその場を設けます。そこには、宋喬安(ソン・チャオアン)と夫の姿もありました。宋喬安(ソン・チャオアン)は「一生苦しんで欲しいと言う気持ちもある一方で、また被害者でもある」と、言います。そうなんですよねぇ〜。

3年後・・・李大芝(リー・ダーシー)が、務めるテレビ局に、宋喬安(ソン・チャオアン)が、新たにやってきました。應思聡(イン・スーツォン)は、絵を描いています。被害者の1人で、車椅子になった人でしょうね、李大芝(リー・ダーシー)の両親は、その人お手伝いをしているようですね。

どうしても、被害者に目がいってしまいますが、加害者家族も人知れず、苦しんでいるって言うのは、あんまり見た事が無いですね。李大芝(リー・ダーシー)役の女優さんが、韓国のパク・シネさんに似てると思いました。


人気ブログランキング




0
タグ: 台湾ドラマ

2020/12/17  21:44 | 投稿者: Author

院長役:嚴藝文 『年下のオトコMy Dear Boy』

メディアに囲まれ、思悦(スーユエ)のカフェにいた李大芝(リー・ダージー)は、思悦(スーユエ)に「開けて。逃げても仕方無い」と、言います。シャッターを開ける思悦(スーユエ)。すると、メディアの姿は無く、王赦(ワン・シャー)だけがいました。

その後、被害者遺族達がカフェに来て、卵を投げられる李大芝(リー・ダージー)。李大芝(リー・ダージー)は、謝るしかありません。

李大芝(リー・ダージー)の両親は、メディアを前に、謝罪します。

「空気を吸う」と、外に出た李大芝(リー・ダージー)は、自分を売った、元彼のところへ行きます。「社会の善だ」等と宣う元彼。すると、どうやら、應思聡(イン・スーツォン)は、李大芝(リー・ダージー)を追ってきていたらしく、元彼を殴り「こんな奴、相手にするな」と、李大芝(リー・ダージー)を、連れてその場を離れます。

公園で話す李大芝(リー・ダージー)と、應思聡(イン・スーツォン)。應思聡(イン・スーツォン)は、李大芝(リー・ダージー)の両手を取り「一生そばにいる」と、言います。李大芝(リー・ダージー)は「声を出せばいい。ははは。やってみて」と、言い、應思聡(イン・スーツォン)も「ははは」と、やります。

冷たいフィアンセに対し、家族や李大芝(リー・ダージー)を見捨てられない思悦(スーユエ)は、別れを告げます。


人気ブログランキング




0
タグ: 台湾ドラマ

2020/12/10  20:54 | 投稿者: Author

王赦(ワン・シャー)の妻、美媚(メイメイ)は、結局早産してしまった様なんですね。しかも、医師から「蘇生は拒否しますよね?」と、言われる王赦(ワン・シャー)達。よほど、厳しい状況なんですね。美媚(メイメイ)は「私、なんで、転んじゃったんだろう」と、落ち込みます。

この状況を美媚(メイメイ)の父親は黙って見ている事は出来ませんでした。父親は王赦(ワン・シャー)に「娘は脅迫を受けていた。精神病の犯人をたまたま見かけて、驚いて、それで転んだんだ。精神病の犯人に責任は無いが」と、言います。

社会は、王赦(ワン・シャー)の様な弁護士は、必要なのに、家族がこんな目に遭っては、王赦(ワン・シャー)としても、自分がどうしたら良いのか、わかりませんね。しかも、早産で生まれた子供はその後亡くなってしまいました。

社会復帰のため仕事をする應思聡(イン・スーツォン)。思悦(スーユエ)の目が無い職場で、彼は、薬を飲まなくなってしまいます。こういうところが、難しいところなんでしょうね。

李大芝(リー・ダーシー)が働くジュース店に、大学生の時付き合っていた先輩が現れ、李大芝(リー・ダーシー)は、隠れてしまいます。実は、李大芝(リー・ダーシー)が、李暁明(リー・シャオミン)の妹だとわかると、先輩は連絡を断ったのでした。先輩は、李大芝(リー・ダーシー)に「あの時は、ごめん」と、優しい言葉をかけてくれます。

雑誌記事に、李大芝(リー・ダーシー)や、家族の近況が載り、ジュース店にマスコミが詰めかけます。李大芝(リー・ダーシー)は、例の先輩に電話をしますが、不通。どうやら、その先輩が売ったんでしょうね。だとしたら、クズだな。はじめっから、優しい言葉などかけずに、そのまま、立ち去れば良いじゃん。

宋喬安(ソン・チャオアン)も、この記事を見ていましたが、複雑な気持ちでは無いでしょうか?宋喬安(ソン・チャオアン)自身、李大芝(リー・ダーシー)達に、尾行したり、面と向かって、気持ちを吐露をしたりはしましたが、これは違うと思っているのでは無いでしょうか?


人気ブログランキング




0
タグ: 台湾ドラマ

2020/12/3  21:29 | 投稿者: Author

宋喬安(ソン・チャオアン)は、家族のお弁当を作ったりして、少しずつ変わってきているようですね。台湾でも、家庭で、日本風のおにぎり作るのは、案外有るのかな?なんか、宋喬安(ソン・チャオアン)が作っていたのは、三角に海苔をつけたのをお弁当箱に詰めていたから、どうなのかな?確か、コンビニでは、おにぎり売ってると思ったけど・・・。

知能障害のある人が、李暁明(リー・シャオミン)の模倣した事件を起こし、母親は、子供の事情に配慮して欲しいとメッセージを残して、親子共々行く不明に。後日、親子は、遺体となって、発見されます。宋喬安(ソン・チャオアン)を、はじめ、報道に関わる人達は、報道のあり方を考えさせられている感じですね。

思悦(スーユエ)は、應思聡(イン・スーツォン)を連れて、父の入院先に。そこには、思悦(スーユエ)のフィアンセ母が、スーツを着て父のお見舞いに来ていました。フィアンセ母は、應思聡(イン・スーツォン)に、具合はどうなのかと、聞いたり、思悦(スーユエ)には、應思聡(イン・スーツォン)の事を知って、健康診断を受けて欲しいと、言います。

フィアンセ母の言葉に、思悦(スーユエ)の父以外の家族は、反発します。いっそ、結婚を反対される方が、良いような・・・。フィアンセもフィアンセで、退院してきた應思聡(イン・スーツォン)に、工場の仕事を勧めたり、思悦(スーユエ)との結婚話を進めようとしたり。なんか違うのよね・・・。

殺人犯の弁護人をしている王赦(ワン・シャー)は、ネットで脅迫を受けてます。それは、妻の美媚(メイメイ)までも。美媚(メイメイ)の父は、美媚(メイメイ)がやっているサイトを閉じるように言いますが、美媚(メイメイ)は「これで、お金が入ってくる」と、言います。

王赦(ワン・シャー)は弁護士でも、そんなにお金は入ってこないのかもしれませんね。だけど、子供の顔をネットにさらすのはどうかな?

SBCニュースに荷物を取りに行った李大芝(リー・ダージー)は、宋喬安(ソン・チャオアン)に、謝ります。


人気ブログランキング




0
タグ: 台湾ドラマ

2020/11/26  20:54 | 投稿者: Author

李曉明(リー・シャオミン)の遺体を引き取りに行く家族。マスコミは、SBCニュースだけ。その姿に気づく李大芝(リー・ダーシー)。李大芝(リー・ダーシー)家族は、世間から非難を浴びてしまいます。

SBCニュースの人は、宋喬安(ソン・チャオアン)のやり方について、意見します。そのSBCニュースの人は、宋喬安(ソン・チャオアン)に「李大芝(リー・ダーシー)は、君が遺族だとは、ずっと知らなかったんだ」と、言います。

李大芝(リー・ダーシー)は、SBCニュースに乗り込み宋喬安(ソン・チャオアン)に、文句を言います。おかまいないしに、カメラを回させる宋喬安(ソン・チャオアン)。李大芝(リー・ダーシー)は「尾行したでしょう。家まで映したわ。人権は?」と、大声で言います。負けじと宋喬安(ソン・チャオアン)は「殺された人の人権は?」と、怒りをぶつけます。

宋喬安(ソン・チャオアン)の言い分は、遺族としてごもっとも。だけど、それを、家族にぶつけるのは・・・とは、思いますが。でも、大多数は宋喬安(ソン・チャオアン)のような、気分だと思います。

李大芝(リー・ダーシー)は、思悦(スーユエ)に「李暁明(リー・シャオミン)の妹」だと明かします。自分も辛い思いをしているからか思悦(スーユエ)は、李大芝(リー・ダーシー)の話を聞きます。

李大芝(リー・ダーシー)と連絡がつかず、両親は、SBCニュースへ。そこでも、宋喬安(ソン・チャオアン)は、両親を罵倒。まぁ、仕方ありません。両親は「娘の連絡先を教えてほしい」と、頼みます。ここも、カメラが回っていました。その後、SBCニュースの人が、李大芝(リー・ダーシー)の居場所を教えます。

両親と、王赦(ワン・シャー)が、家はここかしら?と、戸惑っていると、ちょうど思悦(スーユエ)が、帰ってきます。思悦(スーユエ)は、王赦(ワン・シャー)を知っているので、その後は、すんなりといきました。その帰り、兄の手紙を、両親から受け取る王赦(ワン・シャー)。そこには“生まれ変わっても、同じことをする”と、書かれてました。

カウセリングの医師から進めれて、昔の初デートの映画へと宋喬安(ソン・チャオアン)を誘う夫。映画館は、息子が被害に遭った場所ですので、宋喬安(ソン・チャオアン)にとって、最も行きたくない場所。その時の事を思い出す宋喬安(ソン・チャオアン)は「息子を一人にしてはいけなかったのよ」と、夫の胸で泣きます。


人気ブログランキング




0
タグ: 台湾ドラマ

2020/11/19  20:56 | 投稿者: Author

実家に帰った美媚(メイメイ)に、会う王赦(ワン・シャー)。殺人犯を、弁護する王赦(ワン・シャー)を嫌がる美媚(メイメイ)に、説明をします。元々、王赦(ワン・シャー)は、恵まれた環境で育った弁護士では無く、親に捨てられ、養護施設で育ったと言う境遇だったんですね。

その、友達に誘われたけど、あと一歩で行かず、友達二人は犯罪に。ようするに、王赦(ワン・シャー)としても、紙一重だったと言う事なんでしょうね。美媚(メイメイ)は「自分の子供を守りたいだけなの」と、言います。美媚(メイメイ)としても、夫のやっている事は、高尚だと理解はしているでしょう。でも、子供を守りたいと思うのは、普通の事です。

美媚(メイメイ)のお母さんが、美媚(メイメイ)に「なんで、彼が好きなの?」と、聞いたのは良かったと思います。

王赦(ワン・シャー)の元に、李曉明(リー・シャオミン)が、精神鑑定を受ける事に応じたと知らせが入ります。喜ぶ王赦(ワン・シャー)。それも、つかの間、李曉明(リー・シャオミン)の死刑が執行されると知ります。それが、SBCニュースで流れます。

その情報に李大芝(リー・ダーシー)は驚いて、親に電話して「聞いた?今日、お兄ちゃん、銃殺されるって」と、言います。それを、宋喬安(ソン・チャオアン)が、聞いていました。今日、銃殺される人、それは、自分の子供を殺した人物だと、宋喬安(ソウ・チャオアン)は、わかりますよね。

兄李曉明(リー・シャオミン)の死刑執行の中継を、仕事として、目に涙を浮かべながらこなす李大芝(リー・ダーシー)。それを、後ろから見ている宋喬安(ソン・チャオアン)。テレビの中継で、銃声が流れます。台湾では銃殺で刑が執行されるのは、本当なの?中継も?

宋喬安(ソン・チャオアン)に「しばらく休みます。病院へ行きます」と、言う李大芝(リー・ダーシー)。その後、宋喬安(ソン・チャオアン)は、同僚に、李大芝(リー・ダーシー)の尾行と、李曉明(リー・シャオミン)の遺体引き取りの中継を命じ「スクープよ」と。


人気ブログランキング




0
タグ: 台湾ドラマ

2020/11/12  20:55 | 投稿者: Author

病院に運ばれる應思聡(イン・スーツォン)。その最中も、暴れまくり、怒鳴りまくりの應思聡(イン・スーツォン)です。病院で、鎮痛剤を打たれるまで應思聡(イン・スーツォン)は、暴れまくってます。

医師から、應思聡(イン・スーツォン)は、統合失調症だと、家族は、説明されます。「昔の、精神分裂症です」と、言う医師。医師から、診断を受けて、家族としても、ショックでしょうけど、ある意味診断結果が出て、受け入れれやすくなったのでしょうか?

思悦(スーユエ)は、李大芝(リー・ダーシー)に「ひどいことを言ってしまった。報道の事はあなたの言う通り、決められる事じゃない。ゴメンなさい」と、謝ります。仕方無いんじゃ無いの?家族としても、気が動転してるんだもの・・・。

父は、思悦(スーユエ)に「今まで言わなかったが、母方の叔母が、精神分裂症だった」と、話します。面会しに行く家族。医師に、思悦(スーユエ)は「遺伝が関係あるんですか?」と、聞きます。医師は「遺伝もありますが、様々な要素が絡んできます。ストレスとかで、発症したりします」と、言います。

家族が待っていると、投薬治療を受けて変わり果てた應思聡(イン・スーツォン)が、現れます。看護師さんは「薬の副作用です」と、言います。やはり、治療というものは、大変なんですね。家族は、涙を流します。

美媚(メイメイ)は、娘と共に、実家に戻ってしまったようですね。説得する王赦(ワン・シャー)ですが、殺人犯を弁護する彼が、美媚(メイメイ)は、嫌なんですよね。

酒浸りの宋喬安(ソン・チャオアン)ですが、事件で子供を亡くした喪失感だけじゃ無かったんですね。あの場にいなかった自分を責めているんですよね。他人がどう言っても、しょうがないし、辛いでしょうね。


人気ブログランキング




0
タグ: 台湾ドラマ

2020/10/29  21:12 | 投稿者: Author

幼稚園に侵入した應思聡(イン・スーツォン)は、警察に捕まります。

應思聡(イン・スーツォン)は、若くして、期待されて、映画監督になりましたが、うまくいかず、交代に。こういったことで、應思聡(イン・スーツォン)は、ストレスをためて行ったんでしょうね。

警察に、應思聡(イン・スーツォン)の家族が来ます。應思聡(イン・スーツォン)が、侵入した時に撮っていた映像を見て、彼の父は「ただ、撮影をしていただけじゃないか?」と、憤ります。でも、許可無しで、撮影はダメでしょう?まぁ、家族としては、息子をかばいたいわよね。

弁護士の王赦(ワン・シャー)は、應思聡(イン・スーツォン)の姉・思悦(スー・ユエ)に「彼の行動は、おかしいです。何か、最近、おかしな事は有りませんでしたか?」と、聞きます。「普通よ」と、答える思悦(スー・ユエ)。どう見ても、おかしかっただろう?ただ、家族として、そういう事は言いたくないんですよね。

苛立ちから、思悦(スー・ユエ)は、李大芝(リー・ダーシー)に「弟は2年間報酬ゼロだったのよ。そういう報道をしない」と、一方的な報道だと、文句を言います。そちら側からすると、そう感じますよね。

その後、李大芝(リー・ダーシー)は、思悦(スー・ユエ)に「会社に言ってみたんですけど、他でも同じこと報道していると、言われたました」と、伝えます。会社としては、そうなるわな。けど、思悦(スー・ユエ)から、すれば、苛立ちが募るよね。

王赦(ワン・シャー)の妻、美媚(メイメイ)は、娘が預けていた幼稚園に、應思聡(イン・スーツォン)が、侵入してきた恐怖心だけでは、有りませんでした。王赦(ワン・シャー)が、殺人犯(李曉明)だけでなく、應思聡(イン・スーツォン)も、弁護士として、担当しているからです。

嫌がらせの電話が来たりで、美媚(メイメイ)自身、妊娠しているので、かなり、ギリギリでしょうね。

このドラマは、それぞれを描いていますね。


人気ブログランキング




0
タグ: 台湾ドラマ

2020/10/22  20:55 | 投稿者: Author

宋喬平役:林予晞(アリソン・リン) 『恋愛動物Lost in the Love Jungle』

李大芝(リー・ダーシー)は、母の日に電話するも、電話で会話をする事は出来ず、留守電にメッセージを残します。

李大芝(リー・ダーシー)は、退職願を出します。周りは、宋喬安(ソン・チャオアン)が、厳しいからじゃないかと話しますが・・・。李大芝(リー・ダーシー)からすると、宋喬安(ソン・チャオアン)が、兄李曉明(リー・シャオミン)の犯罪の被害者家族だからよね。

宋喬安(ソン・チャオアン)は、息子を失った悲しみから、どうやら、アルコールが進んでいるようですね。

李大芝(リー・ダーシー)の同居人、思悦(スーユエ)の弟は、應思聡(イン・スーツォン)。應思聡(イン・スーツォン)は、映画監督のようですが・・・。だいぶ追いつめられている感じがで・・・。思悦(スーユエ)は、そこまでは、気づいて無いんですよね、

音楽の音がうるさいので、思悦(スーユエ)は、注意するけど、應思聡(イン・スーツォン)は、聞く耳を持ちません。

幼稚園に、精神異常者が、侵入すると言う事件が起きます。そこには、弁護士・王赦(ワン・シャー)、妻・美媚(メイメイ)の愛娘が、通っている幼稚園でした。

園児達は、解放され、犯人が捕まります。その犯人は、鷹思聡(イン・スーツォン)でした。

ところで、台湾では、事件現場からあんな近くで、報道陣撮影してるの?規制線とか無いの?

このドラマMacの製品でてきていますね。


人気ブログランキング




0
タグ: 台湾ドラマ

2020/10/15  20:54 | 投稿者: いい加減人

劉昭国役:温昇豪 『進め!キラメキ女子 OFFICE GIRLS』
王赦役:呉慷仁 『ホントのTrue Loveにご用心』
美媚役:周采詩 『アリスへの奇跡』『スターな彼』『ホット・ショット』

出演者、知っている人、少ないかなぁ〜。ってか、出演者少ないかな。

今まで、台湾ドラマって、日本の漫画からだったり、ラブコメ、アイドルが出てくるものとかが、ほとんどだったと思うけど、こういう社会派みたいなドラマはあんまり私は、見ていなかった気がするね。『ザ・ホスピタル』が、まぁ、アイドルが出ているとは言え、社会派系だったかぁ〜。

結構重いのかな?加害者、被害者、加害者家族。

加害者なんだから、仕方無いとかなのかもしれないけど、被害者と違って、気持ちを吐露する事が出来ないのは、厳しいでしょうね。

あ、それと、弁護士ね。こちらも、なかなかキツイですね。社会から、殺人犯を弁護するのか?と、批判を浴びる訳で・・・。

気持ちはわからなくも無いけど、加害者家族、弁護士に危害を加えるのは、違うと思うけど、実際こういうの有るでしょうね。特に、今は、ネット社会ですから、誹謗中傷とか有るんでしょうね。

被害者が、怒りをぶつけるのは、当然として、第三者がやるのは、何で?


人気ブログランキング




0
タグ: 台湾ドラマ




AutoPage最新お知らせ