ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2021/2/24  10:17 | 投稿者: Author

突然、トルダムキル出版社のキム・ウジンが、パク・ソンジャのソルロンタン店を、訪れます。パク・ソンジャは、カン・ミヘの片思いだと思っていたら、キム・ウジンから「そうじゃないんです。お母さんの性格なら、怒るだろうと思っていました」と、聞かされます。さらに、キム・ウジンに離婚歴があると聞いて、パク・ソンジャはびっくり仰天。

パク・ソンジャは、カン・ミヘに「バツイチはダメだ」と、言います。なんで?不倫とかじゃないのに・・・。

カン・ミソンは、ミオクから「家政婦さん、なんかおかしい」と、聞かされます。そこで、カン・ミソンは、家政婦さんと話してみますが、海千山千の家政婦さんに「疲れる時ぐらい有りますよ」等と、言われます。カン・ミソンとしても、家政婦さんの心証を害したかも?と、言うような気持ちもあり、うやむやに・・・。

しかし、家政婦さんに何度電話してもつながらず、家に帰ると、散らかっていたり、ジンスには「家政婦さんが俺を嫌がっているようだ」と、言われてたりで、さすがに、おかしいと、パク・ミソンは思ったかしら?

ドジンが解雇され、立腹のヘミ。会長のジョンスは、ヘミがいたのでは、カン・ミリと話しにならないので、ヘミを退席させた上で、話しをします。会長のジョンスにしてみれば、株を持っているドジンは大事なようですが、カン・ミリに「テジュさんが会長になるまで、守るためです」と、言われ、納得します。

ハン・テジュは、チョン・インスクの元を訪れ「カン・ミリと、カン・スンヨンは同一人物?」と、聞きます。チョン・インスクは「言ったでしょう?私より良い母親の元にいるって」と、答えます。ハン・テジュは「何で、言ってくれなかったんだ?」と、責めます。チョン・インスクは「結婚前に言えば、あなたは結婚を諦めた?」と、言います。

チョン・インスクの言動から、ハン・テジュは、カン・ミリも、チョン・インスクが実母だと知っている事を、知ります。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/2/22  9:56 | 投稿者: Author

店主役:パク・トンイル 『病院船〜ずっと君のそばに〜』『秋のカノン』『王の顔』『願いを言ってみて』『奇皇后』
医師役:ユン・ヒウォン 『レディの品格』『私の婿の女』『仮面The Mask』
患者役:ソン・ヨンスン 『私のIDはカンナム美人』『ロマンスは命がけ!?』『黄金の私の人生My Golden life』

カン・スンヨンの事で、頭を悩ますチョン・インスクは酔った勢いのまま、会長のジョンスに会い「なんで、娘を持ち出すんですか。死にました。あの時、娘と暮らさせてくれと頼んだのに。戸籍が汚れるだの言って、引き取らせなかったのに。このまま、娘を探すと言うなら、ヘミにも同じ苦痛を味わわせます」と、言います。

チョン・インスクの脅しに、恐れをなした会長のジョンスは、ヘミに「チョン代表の娘の話なんかして、刺激するな。全く、女房の話なんかするんじゃ無かった」と、釘をさします。会長のジョンスもお金にもの言わせて、チョン・インスクに娘を捨てさせた挙句、全面的に信用してなかったり、あまりにも、利己的。

ハン・テジュは、徐々に、カン・スンヨンの居場所に近づきます。その事を、ハン・テジュはイノに話をしようとしますが「姉さんには言わずに、俺にだけ教えてくれ」等と、言われ、違和感を覚えたのか、それ以上を話す事はしませんでした。

そして、住所のメモから、その場所を見つけ出したハン・テジュ。余談ですが、場所を探すのに、いくら渡されたとは言え、メモ?スマホなり、カーナビの地図で見た方が、早いんじゃ?その場所が、パク・ソンジャのお店で、固まるハン・デジュ。ちょうど、パク・ソンジャが出てきたので、ハン・テジュは呼び止められ、お店でソルロンタンをご馳走になります。

そこで、ハン・テジュは「先輩の小さい頃の話をしてください」と、言います。パク・ソンジャは婿の訪問で嬉しさがあったでしょう、思わず口が滑り「母親に似て、綺麗で、頭が良くて」と。はっとしてパク・ソンジャは「どこまで知ってるの?あなたのご両親は知ってるの?」ハン・テジュ「結婚前に聞きました。両親は知りません」。

パク・ソンジャは「ミリの父親は、テレビ局の技術者だったのよ。その父親が亡くなって、母親が再婚する時、娘を私に預けたの。ミリはあなたを愛して結婚したの。初めての男なの」と、ハン・テジュに話します。話の辻褄があい、すべて悟ったハン・テジュは胸が締め付けられます。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/2/19  10:29 | 投稿者: いい加減人

母役:パク・スンテ 『真心が届く』『マイ・ヒーリング・ラブ〜あした輝く私へ〜』『ハンムラビ法廷』『黄金の私の人生』
パク・ヒスク役:キム・ミジュン 『ハンムラビ法廷』『あの空に太陽が』『偉大なる糟糠の妻』

どうもでいいけど、カン・ヘミをトルダムキル出版へと行かせまいとするパク・ソンジャの格好は、徳川家康三方ヶ原戦役画像かよっ!

ハン・テジュは、パク取締役に、チョン・インスクの娘の事を聞きますが、教えてはもらえません。しかし、パク取締役は「探すなら、急がないと。ミヘも探しています」と、教えてくれます。

イノは、チョン・インスクに会長のジョンスから、娘の行方を聞かれた事を、伝えます。ますます追い詰められるチョン・インスク。

イノはカン・ミリに電話をして「姉のチョン・インスクが窮地に陥っています。どうか助けてはもらえないでしょうか?カン・スンヨンって子を探して欲しいんです」と、お願いします。食堂にやってきたカン・ミリは、イノに「誤魔化そうとせず、本当の事を話してください。そうでないと、探せません」と、言います。

チョン・インスクは再婚する際、兄の借金を清算してもらう代わりに、娘を置いてくるように会長のジョンスに言われたのです。その後、自分の母にすら、まともにカン・スンヨンを預ける事が出来ない事を悟ったチョン・インスクは会長のジョンスに土下座して「娘を引き取りたい」と、哀願します。

会長のジョンスは「家系図を汚す訳にはいかない」と、独善的な事を言って、突っぱねたのでした。チョン・インスクにとって、他に選択肢が無かったにしろ、そこは、やはり、パク・ソンジャを信用して、カン・スンヨンを預けたのでしょう。

カン・ミリは実家に泊まり「私達の時代は、女性に地位は無く、夫や子供に頼るしか無かった。だから、生きていけるように、3人の娘を大学に行かせたんだよ」と、パク・ソンジャから聞かされます。

朝食を会社で、ハン・テジュと取るカン・ミリ。ハン・テジュに「なんか、明るい」と、カン・ミリは言われます。今まで、自分がパク・ソンジャの元に預けられた事情を知らずに、悶々としていましたが、チョン・インスクの事情がわかって、カン・ミリは少し、すっきりしたのかな?


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/2/18  11:13 | 投稿者: いい加減人

チョン・インスクの娘を探そうとするハン・テジュですが、チョン・インスクに「何もしないで」と、強く断られます。

カン・ミリは、チョン・インスクの兄嫁が経営する食堂へと行き、イノに「会長に言われてきました」と、減俸等、処分を言い渡します。「それで済んで良かった」と、感謝するイノ。カン・ミリは「何かあれば、テジュさんでは無く、私に連絡をください」と、名刺を渡します。遠慮がちなイノに対して、兄嫁は「かつかつなんだ」と、その名刺を受け取ります。

兄嫁が営む食堂には、兄の子供達2人も手伝っていました。そこにいるのは、カン・ミリにとって叔父であり、いとこ達。家に帰るとカン・ミリはハン・テジュに「私は、母や、姉妹達に囲まれて幸せで、ありがたいと思った」と、しみじみと語ります。

居酒屋で、トルダムキル出版社の編集長のキム・ウジンは、パン・ジェボムにカン・ミリの事を、問い詰められて「好きなようです」と、答えます。パン・ジェボムはキム・ウジンの胸ぐらを掴みます。ピーターは、まさかの展開で驚いた表情。

しかしキム・ウジンは「ミヘさんには、よくわかっているジェボムさんがふさわしい。だから、俺は、ミヘさん本を出版したら、アメリカに戻る」と、言います。

チョン・ジンスクは、横領して、お金を溜め込んでいると、ヘミは考えていて、何としても、娘を探そうと、パク取締役に聞きますが、パク取締役は必死で口をつぐみます。

また、イノも会長のジョンスから、カン・スンヨンの行方を聞かれていました。イノとしては、知りもしないのに「アメリカで暮らしている」等と、適当に答えるしかありません。

デチョルは、ミオクにタクシー運転手をしているのが、バレました。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/2/17  20:45 | 投稿者: いい加減人

チョン・インスクに会長のジョンスが「出て行くか、出て行かないかは、俺が決めること」等と、言っているところに、カン・ミリがやってきます。カン・ミリはイノの収賄事件の詐欺師を、会長のジョンスの命令で、調査していたですね。それで、実は、ドジンが、匿っていた事がわかったと、報告します。

カン・ミリによって命拾いをするチョン・インスク。ドジン、バカだな。

偉そうに、カン・ミリにいちゃもんつけるドジンですが、カン・ミリに「会社のお金で、不正をする以上、決裁は全て、私が出します」と、言われます。

またも、パク・ソンジャは、パン・ジェボムの指をつねり、カン・ミヘが好きな相手を聞き出そうとします。はっきりとは言わないまでも、ほぼ、白状ぎみに、トルダムキル出版にいる事を、ジェスチャーで語るパン・ジェボム。

そして、トルダムキル出版を訪ねたパク・ソンジャは、ピーターと、キム・ウジンにプロフィールを聞き、メモを取ります。なんといっても、会長のジョンスさえも一目おくパク・ソンジャの勢いですから、気後れしているピーター達。余談ですが、ピーターはアメリカ然としているからか、干支とかわからないのね

パク・ソンジャはピーターに「自転車とか、釣り、おもちゃの趣味は無い?」とか聞いてるの。それ、まんま、ジンスじゃない。そして、やってきたカン・ミヘが、パク・ソンジャを連れ出します。その様子から、パク・ソンジャは、カン・ミヘが好きなのは、キム・ウジンだと推理したでしょうか?

ハン・テジュは、チョン・ジンスクに「母さんに娘がいるんでしょう?その子は今、どうしてるの?できる事なら、手助けをしたい」と、言います。チョン・ジンスク、ピンチだわ。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/2/16  10:21 | 投稿者: いい加減人

チョン・インスクの弟イノを助けるハン・テジュに、怒りの会長のジョンスは「イノを告訴する」と、言います。。確かに、会長のジョンスが言う様に、脇が甘いのは良くないと思うけど、人を虫けら扱いするのは違うと思います。そんな会長のジョンスに、ヘミ家族の悪行の黙認していると、ハン・テジュから牙を剥かれます。

キム・ウジンの元妻ヒジンに、呼び出されるカン・ミヘ。ヒジンは「この間の事は謝るわ。半分は本当だけど、半分は嫉妬」と、言います。困惑するカン・ミヘに「ウジンさんはあなたが、好きよ」と、ヒジンは教えます。

キム・ウジンは、ヒジンから電話でその事を聞かされ、カン・ミヘに電話をすると、ちょうど、カン・ミヘがやってきます。キム・ウジンは、「ヒジンが言った事は、違う」と、言います。カン・ミヘはそれを遮り「確かめたい事があるんです」と、言って、キム・ウジンにキスをします。

キム・ウジンが拒まなかった事から、カン・ミヘは「編集長も私を好きなんでしょう?」と、喜びますが、キム・ウジンは本心とは裏腹に「違う」と、言って、当惑しながら、トルダムキル出版社をあとにします。

カン・ミリは、チョン・インスクの家族の事が気になり、パク・ソンジャに聞いてみます。

パク・ソンジャは「インスクの弟の方は、マシけど、兄はダメだね。インスクが結婚するってんで、うちに挨拶に来た時、兄は、インスクは引きずり出したんだよ。有名になった妹を、高く売飛ばしたかったんだろうよ。インスクの結婚相手が、貧乏な技術者じゃ、嫌だったんだろう」と、言います。

イノは、うなだれて飲みながら、ハン・テジュに姉さんは、俺達の犠牲になった。娘まで捨てたんだ」と、言います。ハン・テジュは「母さんに、娘が?」と、驚きます。これまで、ハン・テジュは、チョン・インスクに娘がいる事は、知らなかった様で、驚きます。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/2/15  9:57 | 投稿者: いい加減人

義姉役:チョン・ヨングム 『ヘチ 王座への道』『甘くない女たち〜付岩洞の復讐者〜』『病院船〜ずっと君のそばに〜』

チョン・インスクは、ハンソンアパレルを辞めて、ハン家も出て行こうとしますが、何が何でも、許さない会長のジョンス。

カン・ミヘが気になり、カン・ミヘの自宅近くにやってきたキム・ウジン。トッコチを食べながら、銭湯から帰ってきたカン・ミヘは、キム・ウジンに会います。カン・ミヘはキム・ウジンにトッコチを勧めると口につけてしまい、慌ててそのソースを手で拭き取り、舐めます。

カン・ミヘは自分の行動に驚き、逃げる様に帰ります。キム・ウジンの方も呆然と「もう、ダメだ」と。

カン・ミヘに献身的なパン・ジェボムを見て、パク・ソンジャは、結婚させようと考え、パン・ジェボムの両親に会いに行こうとします。カン・ミヘは「他に好きな人がいるの」と、止めます。パン・ジェボムのお父さんは、江南で病院をやっているらしいから、パク・ソンジャ目線で、カン・ミヘを思うなら、パン・ジェボムは娘の結婚相手としては、文句なしだわよね。

チョン・インスクが、弟のイノを訪れます。イノは、ハンソン建設の部長なんですけど、金銭トラブルを起こして、そのことで、チョン・インすくは怒鳴り込みに来たんですね。そこで、チョン・インスクは、ハン・テジュがいてびっくり。ハン・テジュが肩代わりをしたと知ります。

チョン・インスクは、ハン・テジュに「あなたの叔父じゃ無いのよ」と、言いますが、ハン・テジュは「放っておけない。お金の問題は僕だけで、解決出来たけど、事は大きくなっている。父さんに知られるのも時間の問題だ」と、言います。

ヘミは、チョン・インスクが会長のジョンスの執務室を訪れるとわかり、わざわざ、カン・ミリに、お茶を持っていく様に言います。そこで、カン・ミリは、イノの問題で、激怒している会長のジョンスに、土下座をしているチョン・インスクの思ってもみない姿でした。チョン・インスクは、イノがこんなんじゃ、ヘミに付け入る隙を与えてる事になるわよね。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/2/12  10:36 | 投稿者: いい加減人

運転手役:チェ・ユンジュン 『黄金のポケット』『ショッピング王ルイ』『あなたは贈りもの』『オクニョ 運命の女ひと』
運転手役:ユ・ジェイク 『馬医』『蒼のピアニストfive fingers』『屋根部屋のプリンス』『太陽を抱く月』
運転手役:チョン・ヘリョン 『あなたがひどいです』『完璧な妻』『青い海の伝説Legend of the Blue Sea』

カン・ミソンは、カン・ミリの結婚式に、呼ばなかった事を、ミオクに謝ります。理解を示すミオク。ミオク、普通の人になっちゃったわね。

出版社で階下にいるカン・ミヘは、鞄を取りに行きます。すると、そこで、キム・ウジンと、元妻ヒジンが口論をしていて、ヒジンがカン・ミヘをけなしていました。ふと、目をやったキム・ウジンは、カン・ミヘがいる事に動揺します。カン・ミヘは、気丈に「良いんです。その通りですから」と、鞄を取り出て行きます。

キム・ウジンは「謝れ」と、言いますが、「謝らないわよ」と、ヒジン。キム・ウジンは、カン・ミヘがいかに純粋で素晴らしいかを、語ります。するとヒジンに「好きなのね」と、言われ、キム・ウジンは、おそらく自分で気づいていながらも、封印していたのでしょう。それをヒジンに突かれて、うろたえたような様子でした。

カン・ミリと、ハン・テジュが新婚旅行から帰ってくるので、カン・ミヘは、カン・ミソンに「来ないの?」と、電話をしますが「行かない。それに、舅の誕生会だから行けないの」と、まだ、カン・ミソンを許せずにいました。余計な事しゃべっちゃうかも知れないし、無理して行く必要無いですね。

会長のジョンスは、未だにカン・ミリを「カン部長」と、言います。ヘミは、カン・ミリに「私は、ミリと呼ぶわね。私は姑よ」と、言います。

会社にやってきたヘミは、チョン・インスクに「急にやめるなんて、おかしい。そういえば、娘いるのよね。元気?」と、聞きます。ヘミはドジンに、チョン・インスクの娘の行方を探す様に言います。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/2/11  10:09 | 投稿者: いい加減人

ソ・ヒジン役:イ・ダヘ 『黄金の私の人生My Golden Life』『病院船〜ずっと君のそばに〜』

カン・ミソンは、自宅で、カン・ミリに「あんたの実母が育てた息子と結婚するなんて、どうかしてる」と、責め立てます。さらに、カン・ミソンに「黙って結婚するなんて、詐欺。結婚式には出るけど、二度と会わない」と、言います。

そして、内輪だけの結婚式。嬉しそうなハン・テジュとは裏腹に、複雑な表情のカン・ミリ。式に参列しているパク・ソンジャと、カン・ミソンも硬い表情。

会長のジョンスも、普通だったら財閥との結婚で大喜びのはずが、パク・ソンジャの表情が気になり、チョン・インスクに「贈り物を持って行ってくれ」と、言います。ヘミが「私が行く」と、でしゃばりますが、会長のジョンスに「お前では、相手にならない」と、言われます。確かに、会長のジョンスが言うように、渡り合うのは難しいかもしれません。

チョン・インスクは、会長のジョンスに、ハン家を出て行くことを告げますが、猛反対されます。

ホテルで、カン・ミソンは、パク・ジョンスとカン・ミソンに電話をしてみますが、繋がりません。

ハン・テジュはカン・ミソンの事を「お前」と、言っていたけど、ヨボ〜って、言ったのかな?吹き替えだとその辺、分からないけど・・・。

夜中、カン・ミリは、カン・ミソンからの電話に出ると、実は、ダビンからでした。ダビンは「おばちゃん、おめでとう。ママと仲直りしてね」と、言われます。涙が出てくるカン・ミリ。

出版社に、キム・ウジンの元妻、ヒジンが現れます。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/2/10  10:37 | 投稿者: いい加減人

このままでは、テジュは孤立してしまうと、カン・ミリは考えたのでしょう。チョン・インスクのところに行き「私、テジュさんと結婚します。私、ヘミとドジンの会話を聞いたの。あの人達はテジュさんを捨てるつもり。私がそうさせない。あなたとは、親子の縁を切っている」と、言います。

カン・ミリは、テジュと結婚する事をパク・ソンジャにも告げます。反対するパク・ソンジャ。

朝、カン・ミリが出勤しよとすると、ハン・テジュがいました。河原で改めて花束を渡し、カン・ミリにプロポーズをするハン・テジュ。受けるカン・ミリ。

ハン・テジュはカン・ミリと結婚すると、チョン・インスクに報告。

チョン・インスクとしても、もう覚悟を決めたのか、2人の結婚を会長のジョンスの報告すると「準備をします」と、言います。ヘミは、カン・ミリが翻った事を不思議に思います。ドジンのあれは、ヘミ達の仕業では無かったんですね。

チョン・インスクは、パク・ソンジャの自宅へ赴き、カン・ミリの結婚の話をします。パク・ソンジャは「これでは、ミリは破滅だ」と、嘆きます。

カン・ミリは、ハン家に行って挨拶。カン・ミリを見送ると、ハン・テジュは、会長のジョンス、ヘミ、チョン・インスクの前で「結婚式では、母さんに、母親の席に座ってもらう」と、言います。会長は激怒。ヘミは、ハン・テジュに「お前、私が、母よ」と、言い、チョン・インスクは「私には、その資格は無いの」と、言います。

ハン・テジュは、チョン・インスクの「資格が無い」の意味がわかりませんよね。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ