ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2021/6/6  22:03 | 投稿者: いい加減人

政(せい)ってば、すごいな。驪歌(りか)を、水を張った棺桶に入れるなんて。

華陽大太后は、政(せい)が、到着する前に、毒をあおります。政(せい)が、到着した時は、まだ、息があり、そのまま幽閉。

夏大太后は、病気で亡くなり、その前に、政(せい)を何度も呼んだのに、行かなかったことを、李皓ラン(りこうらん)は、責めます。そのまま、李皓ラン(りこうらん)は、離宮へ。政(せい)は「母上は私を見捨てるのか?」と、嘆き悲しみます。

政(せい)の異母弟成キョウ(せいきょう)が、趙への出兵のあと、謀反を起こします。それを、ロウアイが鎮圧したと、政(せい)は、知らせを受けます。

李皓ラン(りこうらん)は、密かに成キョウ(せいきょう)の遺児を引き取り、小春(しょうしゅん)と、育てます。

李皓ラン(りこうらん)は、出世したロウワイにさらに、権力を与えようとして、呂不韋(りょふい)と、口論になります。

そんなロウアイに、趙高(ちょうこう)は、謀反を煽ります。

呂不韋(りょふい)から、ロウアイの謀反の動きや、李皓ラン(りこうら)と密通している聞き、激怒の政(せい)。呂不韋(りょふい)は。政(せい)の成人の儀を使い、ロウアイを討つことを提案します。

離宮に白仲(はくちゅう)、呂不韋(りょふい)を、伴いやってきた政(せい)。ロウアイは李皓ラン(りこうらん)を、人質にとります。成キョウの遺児達と、隠し部屋に隠れる小春(しょうしゅん)。やってきた白仲(はくちゅう)は、だれも姿も無いから、他を探す様に配下たち言いますが、自分は残ります。部屋から出てくる小春(しょうしゅん)。

成キョウの遺児が入る袋をふたつ、政(せい)の前に出す白仲(はくちゅう)。政(せい)は「殺せ」と、言い、李皓ラン(りこうらん)は、止めますが、白仲(はくちゅう)は、殺します。人質に取られている李皓ラン(りこうらん)は、ロウアイに、とうに、謀反のことなど、知っていたと話します。殺されるロウアイ。そして、呂不韋(りょふい)も捕らえられます。

李皓ランを許すため、離宮へとやってきた政(せい)。そこに立ちはだかる白仲(はくちゅう)。白仲(はくちゅう)が、言うには、あの、成キョウ(せいきょう)の遺児達が入れられていた袋には、亡くなった人と、猫を入れていた様ですね。だと思いましたよ。全然動かないんだもの。

白仲(はくちゅう)から、李皓ラン(りこうらん)の言葉、天下を統一する王になりなさいを、政(せい)に伝えられます。李皓ラン(りこうらん)には、政(せい)は、会えませんでした。

呂不韋(りょふい)は、毒をあおって自害したそうです。李皓ラン(りこうらん)は、子楚(しそ)と、同じお墓に入っているそうな。

NHKは『キングダム』の影響で、この作品を選んだのかな?


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ

2021/5/30  22:02 | 投稿者: いい加減人

驪歌役の女優さん『瓔珞』の青蓮役の子よね?

な〜んかよくわからんわ。頭が混乱するわぁ〜。白仲は、ありゃ、役職名?

今回は、政(せい)の王妃選びな訳ですが・・・。

燕の太子は、政(せい)が子供の時、一緒にいた子?

各国から、王妃候補の王女たちがやってきます。

燕の王女は、政(せい)が、残忍だと聞いて、怯えて逃げ出します。

政(せい)は、燕の王女が逃げ出したと聞いて、面白がり、探しにいきます。探しに来たのが政(せい)だと知らない燕の王女の付き添いの娘、驪歌(りか)は、王女が逃亡した事を、悟られないために、自分が王女だと名乗ります。政(せい)は、驪歌(りか)を、連れ帰り「化け物かどうかたしかめてみると良い」と、言います。

そして、王妃選びで、政(せい)は、すでに、驪歌(りか)が、王女ではないと知りますが娶る事にします。

婚礼の日、燕の太子が、政(せい)の暗殺を企てている事を知る驪歌(りか)。しかも、ふたりは恋仲だった様ですね。同じく、裏切りを、呂不韋(りょふい)から、聞かされた政(せい)もやってきて、驪歌(りか)に剣を向けます。自分で、その剣を、体に刺し亡くなる驪歌(りか)。

病気の夏大太后を、見舞う李皓ラン(りこうらん)。夏大太后は、李皓ラン(りこうらん)に、散々虐げられてきたので、安国君(あんこくくん)が、亡くなった時、笑ったと、なんと暴露します。


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ

2021/5/23  22:03 | 投稿者: Author

はぁ、とうとうです。

死期が近い子楚(しそ)は、呂不韋(りょふい)と、話をします。まぁ、呂不韋(りょふい)の方は、李皓ラン(りこうらん)を奪った、恨み辛み。それほどの仲と言えば、それまでですが・・・。それに、子楚(しそ)も言っていたけど、あの時は、呂不韋(りょふぃ)は、亡くなったと思われていたし。

子楚(しそ)の方は、呂不韋(りょふい)に、政と、横暴なところがある太子の政(せい)を、託します。呂不韋(りょふい)は、「皓ラン(こうらん)の事は頼まないんだな」って。それは、余計だわ。

李皓ラン(りこうらん)は、子楚(しそ)に会おうと、行きます。しかし、大臣らが、次々と呼ばれ、なかなか、李皓ラン(りこうらん)が入る事は、かないません。業を煮やし、ようやく李皓ラン(りこうらん)が、子楚(しそ)の寝所に入ると、子楚(しそ)は、崩御してしまいます。

遺言に基づき、子楚(しそ)の物は、燃やされます。李皓ラン(りこうらん)は「子楚(しそ)は、死目にも、私と会わず、思い出に浸る事も許さないの?」と、不満を言います。ところで、遺品を燃やす政(せい)が、演技じみていたのが気になったけど?

李皓ラン(りこうらん)は、白仲(はくちゅう)を、政(せい)の、武術の師とします。まぁ、白仲は、逆賊とは言え、戦に行かせないとは、飼い殺し?その後、白仲(はくちゅう)は、小春(しょうしゅん)に会うと、恨み節。小春(しょうしゅん)は、戦だから、逸が亡くなったのは仕方ないと、割り切っていたけど。白仲(はくちゅう)は、それだけの事をしてきたもの。

で、5年後です。飛ぶねぇ〜。呂不韋(りょふい)が、政治を牛耳っていて、政(せい)は、面白くありません。


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ

2021/5/16  22:01 | 投稿者: Author

え?太子を変更するの?ってな展開だったけど・・・。案の定でした。

都に戻る呂不韋(りょふい)は、不穏な動きを感じとると、刺客がやってきましたが、そもそも、万全だったみたいね。

戻った白仲(はくちゅう)を出迎える小春(しょうしゅん)。小春(しょうしゅん)に、出された菓子には、白仲(はくちゅう)謀反の動きの文が・・・。外では、様子をうかがう霊児(れいじ)。

白仲(はくちゅう)は、小春(しょうしゅん)に、自分の気持ちを伝えます。小春(しょうしゅん)は、口移しで、白仲(はくちゅう)に、酒を飲ませます。

朝廷で、白仲(はくちゅう)は「呂不韋(りょふい)は、私腹を肥やしている」と、言って、殺そうとします。「言いたい事は言ったな」と、子楚(しそ)は、白仲(はくちゅう)を捕らえようとします。暴れる白仲(はくちゅう)は、呂不韋(りょふい)を殺そうとしますが、霊児(れいじ)が、現れ、その剣を受け、亡くなります。

急に体が動かなくなる白仲(はくちゅう)は、小春(しょうしゅん)を見ます。口移しのお酒に、薬が入っていた様ですね。あとが無くなった子ケイ(しけい)夫人は、李皓ラン(りこうらん)の首に短刀を当てて、前に出てきますが、政(せい)が、吹き矢で、倒れさせます。子楚(しそ)は、血を吹き出します。

逆賊を一掃するために、子楚(しそ)が、一芝居を打った事を知る李皓ラン(りこうらん)。な〜んで、李皓ラン(りこうらん)は、その事に気づかなかったのかしらねぇ〜。私ですら、多分そうじゃないかと思いましたよ。

往生際が悪い絲蘿(しら)は、自害用に、紐、毒、刀を用意されていた訳ですが、華陽(かよう)太后に、毒を口にねじ込まれ、亡くなります。

子ケイ(しけい)夫人と女子会の、李皓ラン(りこうらん)は「誰が、好きかわかった?」と、言います。李皓ラン(りこうらん)が出ていくと、部屋に火を放つ子ケイ(しけい)夫人。


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ

2021/5/9  22:09 | 投稿者: Author

いろんな人が、いろいろしつこい。ん?でも?

子楚(しそ)大丈夫?でも、わかっていて、演技かしら?

小春(しょうしゅん)が閉じ込められ、それが、霊児(れいじ)の仕業と知ります。そして、霊児(れいじ)が、そんな事をした訳。小春(しょうしゅん)が、丹精込めて作った疫病の薬を、霊児(れいじ)は、疫病が流行る南郡にいる呂不韋(りょふい)の届けるため。

李皓ラン(りこうらん)は、子楚(しそ)に、小春(しょうしゅん)に護衛をつけて、民を救うため、南郡へ送る様、直談判します。今、ぎすぎすのふたりなので、子楚(しそ)から「誰に気をかけている」と、言われる李皓ラン(りこうらん)。南郡に、呂不韋(りょふい)が、いますから、子楚(しそ)は、気になって仕方がない訳ですね。

まぁ、李皓ラン(りこうらん)ですから、行きますけどね。

霊児(れいじ)が到着した時、呂不韋(りょふい)は、すでに、疫病にかかっていました。霊児(れいじ)は、いまだに、呂不韋(りょふい)が、李皓ラン(りこうらん)を、好きだと知ると、薬の液体を、火鉢へと、入れて捨ててしまいます。

李皓ラン(りこうらん)と、小春(しょうしゅん)が、到着したため、命拾いする呂不韋(りょふい)。民のために働く李皓ラン(りこうらん)と、小春(しょうしゅん)。呂不韋(りょふい)は、回復すると、李皓ラン(りこうらん)を、帰します。

帰ったところで、李皓ラン(りこうらん)は、夏(か)太后から咎められる訳で。しかも、反抗する李皓ラン(りこうらん)に、子楚(しそ)が追い打ち。こうして、絲蘿(しら)達連合は、李皓ラン(りこうらん)、子楚(しそ)を、うまく離間させる事に成功した訳ですね。

母、李皓ラン(りこうらん)を、思うあまり、子楚(しそ)に、反抗的な態度の政(せい)。飲まされている薬のせいで、目が見えなくなっている子楚(しそ)に、寄り添っているのは、子ケイ(しけい)夫人。子ケイ(しけい)夫人に、子楚(しそ)が、太子を成キョウ(せいきょう)に、しようかとはなしているのを、絲蘿(しら)が、聞いています。

子楚(しそ)の、作戦の様な気がするけどねぇ〜。


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ

2021/5/2  22:31 | 投稿者: Author

太子として、政(せい)の教育をする子楚(しそ)。病は誰にも知られない様に、子楚(しそ)は、宦官に念を押します。

都へ戦に勝利した白仲(はくちゅう)が、帰ってきます。そこに、呂不韋(りょふい)の屋敷を抜けだした霊児(れいじ)が、兄、白仲(はくちゅう)に会おうと、現れます。そこに、飛び出した馬にはねられる霊児(れいじ)。呂不韋(りょふい)達が、見てましたけど・・・。他にもこの様子を見ている人がいました。顔は見えませんでしたけど・・・。

どうやら、馬で跳ねたのは、呂不韋(りょふい)側では無く、華陽(かよう)太后、子ケイ(しけい)夫人、連合の仕業の様ですね。もちろん、白仲(はくちゅう)が拷問で、馬に乗っていた人物からは、呂不韋(りょふい)の仕業と、聞いた様です。霊児(れいじ)は、頭を打った様で、話すことは出来ません。白仲(はくちゅう)から治療を任せられる小春(しょうしゅん)。

で、3年後ですわ。大丈夫、子楚(しそ)は、まだ、生きています。政(せい)は、生意気なのは、変わりありませんが、李皓ラン(りこうらん)に、甘えています。

子楚(しそ)は、呂不韋(りょふい)に、政(せい)の教育係にさせます。

で、さぁ、まぁ、他の策略も有るんだけど、相変わらず呂不韋(りょふい)は、李皓ラン(りこうらん)に、しつこいのよ。呂不韋(りょふい)は、李皓ラン(りこうらん)に「なぜ、私を避ける」とか、聞いていたけど、普通に考えて、その方が良いに決まってんだろっ

案の定、子ケイ(しけい)夫人側の策略で、ふたりが会っているところを、子楚(しそ)に、見られ、子楚(しそ)と、李皓ラン(りこうらん)の仲は、険悪に・・・。ただ、このふたりなので、裏をかいている可能性は有りますね。ちょっと気になったのは、政(せい)も、この様子を見た(見せられた)のよね。政(せい)が、呂不韋(りょふい)を、どう思うか・・・。

3年経っても、霊児(れいじ)の、頭は治ってないのかと思ったけど、どうやら、霊児(れいじ)、そういう振りをしている様ですよ。何を企んでいるのか気になります。


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ

2021/4/25  22:01 | 投稿者: いい加減人

亡くなった子ケイ(しけい)。司徒ケツ(しとけつ)は「これで、旦那様に恩は返した」と、白仲(はくちゅう)の目の前で自害します。司徒ケツ(しとけつ)最後の最後まで、呂不韋のために、本当にすごいわね。

子ケイ(しけい)の死の知らせを受け「約束を破った」と、動揺する子ケイ(しけい)夫人。しかし、死を免れると言う、札が出てきて、子ケイ(しけい)夫人は一安心。これは、子ケイ(しけい)の贈りものだったのでしょう。

謀反の加担をした宣侯(せんこう)夫人は、投獄されます。そこに、食事を持ってきた輩は、刃物を持っていましたが、呂不韋(りょふい)が現れ、ことなきをえます。しかし、宣侯(せんこう)夫人は、これが、呂不韋(りょふい)の仕込みだと、わかっていました。

呂不韋(りょふい)は、それは、認めますが、食べ物に針を刺し、毒が仕込まれているのを宣侯(せんこう)夫人に見せて、これが、華陽(かよう)太后によりものであると、話し、3日以内に黒幕が、華陽(かよう)太后で、あると明かす様に言います。

霊児(れいじ)は、華陽(かよう)太后から、白起(はくき)将軍は、呂不韋(ふょふい)によって、殺されたのだと、吹き込まれます。これで、騒ぎ出す霊児(れいじ)ですが、呂不韋(りょふい)は、なんとか、戦さ中の白仲(はくちゅう)に知らせない様にしようと「先々代の王様がお決めになったことだ」と、言います。

うなされて、逸(いつ)王子の名を出す小春(しょうしゅん)。小春(しょうしゅん)が、川にいると、逸(いつ)が、現れます。罠と気づいた小春(しょうしゅん)。しかし、逸(いつ)も、一人ではきていませんでした。白仲(はくちゅう)は、逸(いつ)に狙いを定め、弓を射ります。白仲(はくちゅう)は、将軍としては、素晴らしいですが。


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ

2021/4/18  22:09 | 投稿者: いい加減人

政(せい)が、子楚(しそ)の子じゃ無いって話。長いと思いながら見ていたけど、決着ついて、ほっとしたわ。

確か夏(か)太后から、李皓ラン(りこうらいん)と、政(せい)は、王宮に出る様に言われたのよね。出ていく、ふたり。子楚(しそ)は、侍女からふたりが出て行ったと聞かされ、追います。連れ戻される2人。

夏(か)太后と、子楚(しそ)の仲を気にする李皓ラン(りこうらん)。しかし、子楚(しそ)は「私が、母上に話す」と、言います。

子楚は、夏(か)太后に、政(せい)は、自分の子であり、いかに優秀かを話します。不満に思う夏(か)太后。その時、子楚(しそ)は、胸が痛み出します。夏(か)太后は、演技だろうと思いますが、まぁ、子楚(しそ)の言い分を聞きます。しかし、子楚(しそ)の胸の痛みは本当だったのです。

子楚(しそ)は、医師に診てもらうと、長く生きるのは、難しいことを、告げられます。子楚(しそ)は、趙(ちょう)にいる時から、体が弱っているようなことは言われていましたよね?子楚(しそ)は、医師に「一族皆殺しだぞ」と、固く口止めをします。

子ケイ(しけい)が、司徒ケツ(しとけつ)を伴い、呂不韋の屋敷へとやってきて「王宮から盗んだ黄金を捜索する」と、言います。どうせ、仕込まれたものなので、鼻で笑う呂不韋(りょふい)。

戦に出る子ケイ(しけい)は、不貞を疑われた亡き母の形見を、子ケイ(しけい)夫人に、渡します。子ケイからすると、悔しいけど、子ケイ(しけい)夫人を愛しているからでしょうね。

朝廷では、政(せい)が、呂不韋(りょふい)の子だと、陽泉君が追求します。しかし、陽泉君が出した、恋文とだれる布は当時、趙(ちょう)では、手に入らないものだと、子楚(しそ)が、言います。宣侯(せんこう)夫人が、陽泉君を刺殺します。おそらく口封じでしょう。

戦に出ていた子ケイ(しけい)には、白仲(はくちゅう)率い得る兵が現れます。司徒ケツ(しとけつ)は、子ケイ(しけい)を、助ける振りをして、刺します。そう、やはり、司徒ケツ(しとけつ)は、この時を待っていたのです。やはり、司徒ケツ(しとけつ)は、呂不韋(りょふい)が、送り込んだ刺客だったのです。命がけて遂行した司徒(しとけつ)。


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ

2021/4/11  22:01 | 投稿者: Author

前回の続き、政(せい)の父親が呂不韋(りょふい)じゃねーかって話。この頃、DNA鑑定できる訳じゃないし、噂話なんて、どうとでも、操作できるわね。

夏(か)太后が、政(せい)に、しつけをしようとしているところで、李皓ラン(りこうらん)が、現れます。夏(か)太后に、変わり、しつけをする李皓ラン(りこうらん)。しかし、李皓ラン(りこうらん)ですから、だまっちゃいません。

李皓ラン(りこうらん)は、夏(か)太后に「あれは、父親に作ってもらった弓だから政(せい)は、大事にしてるんですよ。夏(か)太后も大事にしている物は、渡したくないでしょう」と、いいます。

その直後に、夏(か)太后は、街の噂として、李皓ラン(りこうらん)は、呂不韋(りょふい)の元愛人だから、政(せい)は、子楚(しそ)の子で無いと、聞かされます。どうりで、子楚(しそ)に、似ていないと思う夏(か)太后は、政(せい)を、呼び、毒殺を企てるも、異変に気づいた政(せい)は、お菓子を食べるのを、途中で、やめます。

またも、その噂を聴いた霊児(れいじ)は、事の真意を、呂不韋(りょふい)に、問い詰めてしまい、呂不韋(りょふい)を、怒らせてしまいます。悲しむ霊児(れいじ)を、慰める司徒ケツ(しとけつ)は、寝ている霊児(れいじ)の顔に、顔を近づけるのを、使用人に見られます。長年支えてきた司徒ケツ(しとけつ)を、呂不韋(りょふい)は、刺します。

多分、呂不韋(りょふい)は、急所を外しているんじゃないかと思ったけど、案の定の展開。目覚めた司徒ケツ(しとけつ)は、子楚(しそ)の政敵、子ケイ(しけい)らの、居場所でした。子ケイらに呂不韋(りょふい)の動きを探られ「7日と言うのは、時間稼ぎだ。私財を売って、黄金を集めている」と、司徒ケツ(しとけつ)。

これ、敵に司徒ケツ(しとけつ)を送り込む、呂不韋(りょふい)の作戦なんじゃないの?まぁ、相手方も、呂不韋(りょふい)が、一芝居打ったんじゃ無いかと、思っているけど。


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ

2021/4/4  22:01 | 投稿者: Author

『瓔珞』の呉書来も、ここに出てるんだな・・・。

子楚(しそ)が、秦(しん)国王に即位したので、李皓ラン(りこうらん)は王妃に。子楚(しそ)の実母は華陽(かよう)と、同じ、太后に。呂不韋(りょふい)は、相邦(しょうほう)って言う官職に、ってか気付いたら、なってたと言う感じで・・・。華陽(かよう)太后は、子楚(しそ)を「恩をあだで返された」と憤ります。

李皓ラン(りこうらん)は、子楚の実母、夏(か)太后に、会おうと、何度も足を運びますが、会えません。秦(しん)に、来てから、李皓ラン(りこうらん)は、夏(か)太后には、会えてなった様ですね。

子楚(しそ)は、李皓ラン(りこうらん)の誕生日に、宮殿で天灯をあげ、李皓ラン(りこうらん)を、大いに喜ばせます。ただ、これが、のちの火種に・・・。

なんと、倉庫が火事になり、黄金が盗まれたと言う訳です。まさに、天灯が原因と言わんばかり。呂不韋(りょふい)を引き摺り下ろしたい勢力、子ケイ(しけい)達が、黄金を探せと迫り、呂不韋(りょふい)は、子楚(しそ)に「7日で見つけ出します」と、約束します。

華陽(かよう)太后は、李皓ラン(りこうらん)のせいで火事になったと、わざわざ彼女の元へとやってきます。しかし、天灯を見た李皓ラン(りこうらん)は「矢のあとがあります」と、返します。

華陽(かよう)太后と、一悶着有ったと聞いた夏(か)太后は、李皓ラン(りこうらん)を、跪かせます。夏(か)太后に生意気な口をきく政(せい)。「目上の人を敬いなさい」と、政(せい)を、しかる李皓ラン(りこうらん)。その後、李皓ラン(りこうらん)に促され、夏(か)太后を宥める子楚(しそ)。

ただ、夏(か)太后は、ちゃんとわかっていました。李皓ラン(りこうらん)は、大人しく跪いていたし、政(せい)を、守ろうと必死だったと・・・。夏(か)太后からすれば、華陽(かよう)太后への、牽制の意味も有ったでしょうね。


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ




AutoPage最新お知らせ