2022年8月1日(月)13:00をもちまして、こちらでのブログが終了となります。ご覧になっている方は少ないとは思いますが、引っ越し先はこちらでございます。
2022/3/29  18:36 | 投稿者: Author

シン・ヒョンジュン役:キム・ヘウン 『医心伝心〜脈あり!恋あり?〜』『浪漫ドクターキム・サブ』『密会Secret Affair』
理事役:イ・ユンサン 『魔女たちの楽園〜二度なき人生〜』『偶然 見つけたハル』『世界で一番可愛い私の娘』

今回は、もう出てきませんでしたが、インボム役の俳優さんは、このドラマの後、兵役だったようですね。すでに、転役しているみたいですけど。

で、本題に戻りまして・・・。ヨ前院長の願い通り、キム・サブは、延命措置をやめます。皆が、ヨ前院長とのお別れの心の準備をしているという感じでしょうか?ヨ前院長は、キム・サブに、外傷センターを設立してほしいと、夢を託して、亡くなります。

キム・サブの病名は、多発性硬化症ってことになるのかな?答えが出たと、キム・サブに話すウジン。キム・サブは「手術日を決めろ」と、言います。「剛直な人プロジェクト」は、キム・サブだけでなく、これまで、トルダム病院で、患者さんにあたった、医療関係者が、まとめたファイルなんですね。

キム・サブが手術をするとなると、3週間、執刀できなくなります。そこで、キム・サブが頼んだのは、ミングクでした。

ホジュンが、キム・サブの病名が書かれた紙を見つけ、それをユンワンに見せます。

意気揚々で、やってきたユンワンは、これで、キム・サブをクビにできるという感じでしたが、キム・サブは、すでに、トルダム病院は、独立した病院なんだと、書類を見せます。ユンワンは、チュ支配人が「キム・サブは、糸が切れた凧」と、言っていたことを思い出します。ユンワンは、ヒョンジュンに電話すると「それが、遺産相続の条件だった」と、言われます。

「どうして、俺には、仲間がいないんだ」と、大暴れのユンワン。答え出てますやん。そこに、急患が大量にやってくると、いう連絡が入ってきます。ユンワンのそばにいたホジュンに、ミングクは「何やってるんだ?仕事しろ」と、言います。喜んでやるホジュン。さすが、コバンザメ。

キム・サブと、ミングク、偶然にもふたりは、外傷センターを作りたいというのは、同じでした。

ウンタクとアルムも仲良しだし・・・。あ〜20話があっという間でした。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2022/3/28  12:59 | 投稿者: いい加減人

父役:チョン・ボソク 『王は愛する』『火の女神ジョンイGoddess of fire』『アラン使道伝』『武神WARRIOR K』

キム・サブは、ミングクに手術同意書を突きつけて「腕はいい医者だと思っていた。何を得たいのだ?」と、詰め寄ります。今回も、ホジュンは、チャチャ入れてましたが、キム・サブにガン無視されてましたわ。ミングクは「あの時、バスを降りたのはあなたで、私は、死にそうな怪我人を助けていた」と、言います。

キム・サブは「あなたは、劣等感と、虚栄心の塊だ」と、言い放ちます。

VIPの患者さんは、強要されたわけではなく、自身が納得した上で、手術同意書にサインしたことを、付き添い人が証言したため、調査団は、これで、解散って感じかしら?ミングクが失敗に終わり、ユンワンは、怒りを爆発させます。

ト・インボムは、ウジンに「所属はこの病院なんだ」と、言って、車に乗り、出て行きます。ト・インボムと、アルムは、いとこでした。

ヨ・ウニョン前院長が目を覚まし、キム・サブは「蘇生処置をしてしまいました。すみません」と、言います。ヨ・ウニョンは、キム・サブの手を触れ「尊重してほしい」と、言います。

ムンジョンの父が、病院にきたことで、ウジンは父が、借金をした相手が、ムンジョン父だったのだと、わかります。怒りをどこにぶつけていいかわからないわからないウジンですが、ムンジョンもまた、父のせいで、振り回せれていることを、知ります。

本院に戻れることになったウンジェは、引き止めないウジンに不満を漏らします。「一線を越えられない」と、言うウジンに、ウンジェは「私は、もう越えている」と、キスをします。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2022/3/25  19:46 | 投稿者: Author

ト・インボム役:ヤン・セジョン 『愛の温度Love Temperature』『サイムダン師任堂、色の日記』『キム・サブ』

ウジンは、キム・サブの元へといき、借金に方がついたので「最後の宿題に挑戦します。ヒントをください」と、言います。すると、キム・サブは「剛直な人プロジェクト」を渡します。すごい量の資料だったわよね?これって、ソジョンが出した資料じゃ?

トルダム病院にト・インボムがやってきました。救急治療室で、ト・インボムは、ウジンにやたら、挑発的だったけど、腕試しかな?

ト・インボムは、キム・サブに会うと、テーブルデスの調査では、本院から調査団として、医師3人、弁護士4人の構成で、自分はその1人なのだと、話します。キム・サブが、異様な調査団の内訳だと話すと、ト・インボムは、彼らの標的は、トルダム病院なのだと、話します。

実際、テーブルデスの調査は、口実な感じで、調査団は、トルダム病院の資料を渡せと、行ってきます。

ト・インボムは、他のスタッフにも、本院の狙いがトルダム病院であり、なんとしても、トルダム病院を思い通りにするだろうと、話します。

そん中、VIP患者は、自分が手術をすると危険であることを承知の上で手術をし、その同意書を書いてあると、ウンジェが知ります。そのコピーをウジンが見つけ出し、キム・サブは、それを、ミングクに、見せて「どう言う意味だ?」と、尋ねます。

キム・サブは、ムンジョンに「ソ先生の借金を解決したのは、ペ先生だな。骨にしか、興味なかったのに、なんでだ?」と、聞くのでした。なんか、ウジンの借金の話しの時、チラチラ、ムンジョンが映っていましたよね?


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2022/3/24  13:03 | 投稿者: Author

ヘジンは、ミングクに、なぜVIPの患者さんにこだわるのかを聞きます。ミングクは「患者のため」と、答えます。これで、ヘジンは、手術に応じることにします。ただ、ヘジンは「助手は、ヤン先生でなく、ソ先生にすべきだわ」と、言います。それを飲むミングク。

ヘジンが、出ていくと、ミングクは、ホジュンに「私の知らない、何かが、あるのか?」と、詰め寄ります。

明日他の病院へ移ると言うウジンに、キム・サブは自分の傷を見せて「主治医なら。最後まで、責任を持て」と、抜糸までと、言います。さらに、キム・サブは、ウジンが気にしていた、自身の腕の症状を話し、病名を突き止めることを、最後の宿題とします。

ウンジェはヒョンジュンに「ウジンは、年俸倍以上の病院へ行くと言うのに、嬉しそうじゃありません。ウジンは、先輩の悪口を言ったことはないんですよ」と、言います。脇で、ホジュンは、茶々を入れるも、ウンジェは、ガン無視。しかし、ホジュンが「なんだ?お前、ウジンを庇うのは、寝たからか?」と、セクハラ発言。

これには、ホジュンを後ろから叩くウンジェ。この様子を、ウジン達が見ていました。

ミングクの手術では、ヘジンが、懸念していた通り、デーブルデスが起こってしまいます。

救急には、ヨ院長が運ばれてきます。ヨ院長は、蘇生処置拒否しているのですが、悩みに悩んだ末、キム・サブは、蘇生させることにします。一命を取り留めるヨ院長。皆が、ヨ院長を心配して取り囲む中、手術を終えたミョンシムも駆けつけます。

結局、ヒョンジュンは、契約書をウジンに返しました。「なんで、俺についてきた?」と、聞くヒョンジュン。要するに、ウジンとしては、お金がないと言うことで、ヒョンジュンも同じだからと、言うことの様です。

借金取りは、ウジンに「返済は済んでいる」と、言います。

エピローグで出てきました。ホジュンとヒョンジュンが話しているのを聞いていた男はギテでした。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2022/3/23  19:07 | 投稿者: Author

工場管理所長役:チェ・ホンイル 『ドクターズ恋する気持ち』『伝説の魔女〜愛を届けるベーカリー』『三銃士』『誘惑』

手術禁止令を受けているウジンは、ミングクに電話をして「腹部外傷患者をヤン先生に手術を任せれば良いんですね」と、聞くと、ミングクは、手術を許可をします。

手術をしなければならないウンジェは、キム・サブに秘密の薬の追加が欲しいと処方箋をお願いすると「あれは、消化剤だ」と、言われます。キム・サブは「精神科医に聞いてみたんだが、君のは手術恐怖症なのではなく、閉ざされた空間が、反応してしまうんだ」と、言います。

ウンジェは、思えば、やけにお腹が空いていたなと思います。消化剤のことを、ウンジェはウジンに話すと、ウジンから「君は薬を信じたんじゃない、その答えを自分で探すんだ」と、言われます。その答えは、キム・サブでは?

ヤン・ホジュンは、ミングクからVIPの患者さんの手術日を、ヘジンと相談して決める様「君は、腕は悪いが。頭はいいから連れてきたんだ。仕事をするんだ」と、圧力をかけられます。

前回、レッカーされた車をウジンを連れて、ウンジェが取りに行っていましたけど、なんだろう?と思いながら見ていました。なるほど、以前、バス事故の時、車で駆けつけ、乗り捨てましたからね。ウンジェについていくウジンの笑顔を見るホジュン。

前回も出てきましたが、ホジュンは、ヒョンジュンに、スカウトをする医師の中に、ウジンも含める様にお願いしますす。ホジュンは「あいつの笑顔を見たくない」と、言います。ちなみに、ふたりの会話を聞いていた人がいましたが、誰でしょう?黒い帽子をかぶっている様ですが。

そして、11時間前に戻る前の、ウジンが拉致られる場面。拉致られたウジンの前に、ヒョンジュンが姿を現します。ヒョンジュンから他の病院へ行く書類にサインをする様に言われたウジンは、断ります。すると、キム・サブの名前を出されます。

そして、ウジンは、キム・サブに他の病院へ行くことを告げます。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2022/3/22  10:23 | 投稿者: Author

チュ支配人役:ソ・ヨン 『浪漫ドクターキム・サブ』『甘い秘密』『夜叉ーヤチャー』『星をとって』『タルジャの春』
息子役:チョン・ヒョンジュン 『Queen for Seven Days七日の王妃』『あなたはひどいです』
保管所役:アン・スホ 『カンテク〜運命の愛〜』『花道だけ歩きましょう〜恋の花が咲きました〜』『ノクドゥ伝』

急患が運ばれてきて、冠動脈バイパス手術を、ウンジェが執刀医、キム・サブが助手として入ることになりました。キム・サブが助手なんて、心強いですね。ところが、麻酔科医のシム・ヘジンが、ウンジェの力量を理由に、手術室を開けようとしません。しかし、ドイルがやってきたので、ウンジェは手術が出来ました。

シム・ヘジンは、ウジンが担当する腸管破裂患者(エアガンを肛門から入れたとか言ってて、お腹膨らんでいました)の手術の方へと周ります。手術中、ミョンシムは「さすが、ソ先生、見事な手さばき。先生は、手術をしてる時が、一番輝いています。先生が正しいと思う道に進めば良いのです」と、言います。

術後、シム・ヘジンは、ミョンシムに「ソ先生を煽るなと言ったでしょう」と、言います。ウジンは、ギテから「お客様が来ています」と、言われ行くと、ウンジェの母親が待っていました。これまた、手術が成功して、満足しているウンジェの目に、母親とウジンが、一緒にいる姿を目撃します。

ウジンは、ウジンを退室させた上で、母親に「なんで、お兄ちゃんは、お母さんに頼むの?自分がきて、患者さんに謝るべきでしょう?」と、言います。私もウンジェ兄が、母頼みなのは、気になっていたわ。

ウンジェは、手術で、キム・サブから「確信を持ってやるんだ」と、言われたことを思い出し、これまでの不満「今まで、お母さんの言う通り、生きてきた。ここは私の職場なんだから、来ないで」と。言います。すると、母親は「だから、炭水化物はダメと言ったのよ。怒りっぽくなってる」と、言います。イミフだし、お前がな。

ウンジェは、ミングクに「本人が、患者さんに謝れば良い」と、言い、ウンジェは、患者さんに「本人の前に、私が代わって謝ります」と、言うのでした。

ウジンは、借金取りに、連れ去られた感じだけど、これ、ヒョンジュンが絡んでいるかしら?


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2022/3/21  9:39 | 投稿者: Author

ミングクの息がかかった看護師達が、勝手に業務を行い、電話対応では、急患の受け入れを断っています。これに、激怒するミョンシム。

ウジンは、医療ミスを患者さんに伝えようとしますが、ミングクがそれを止めます。そのミスを犯したのは、ウンジェの兄だから。葛藤するウジン。

ミョンシムもまた、ヘジンから伝え聞かされ「騒ぎ立てても、良いことはありません」と、言われます。

ヒョンジュンは、ウジンに「医療ミスを犯したのは、お前とちょっと良い仲のウンジェの兄なんだってな」と、ツッコミを入れて来ます。さらに、ヒョンジュンは自分の境遇を並び立てて、代理手術のことをウジンに「なんで、一度だけ大目に見てくれなかったんだ」と、嘆きます。ウジンは「それは、兄の様に慕っていた、先輩だったから」と、話します。

更衣室で、やりきれない思いを泣きながら、ロッカーにぶつて、泣く、ウジン。

母親に呼び出されたウンジェは、兄の医療ミスを告げられ「お礼はたっぷり渡すから」と、ウジンを丸め込む様に頼まれます。ウンジェは、ウジンが自分に何か話そうとしていたことは、このことだったのだと、察します。

ドイルとミョンシムが飲んでいるところに、キム・サブがやってきて、ドイルが渡された契約解除の書類を破り「常識がない奴らと戦うのは、大変だ。たらい回しにされた患者は亡くなった」と、話します。

トルダム病院に急患が運ばれてくることになります。キム・サブは「その電話だと、全部断られるから、ホットラインを作った」と、スマホを出すのでした。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2022/3/18  18:02 | 投稿者: Author

イム・ヒョンジュン役:パク・ジョンファン 『他人は地獄だ』

倒れたキム・サブの手当てをするウジンや、スタッフ。目覚めたキム・サブは、起きあがろうとしますが、ミョンシムから「患者として、手本を見せてください」と、言われます。渋々、入院するキム・サブ。

ウジンがトルダム病院にいるのがわかってやって来た様なイム・ヒョンジュン。ウンジェは、彼を見て、ウジンの先輩で、ウジンが内部告発した人物だと気が付きます。そして、ウンジェは、ウジンとイム・ヒョンジュンを会わせない様にしようとします。

イム・ヒョンジュンから、ウジンに電話をする様言われたウンジェは、苦肉の策で、アルムに電話をして、ウジンと電話で話している様に、イム・ヒョンジュンの目の前で、演技をします。電話を受けたアルムは、話が噛み合わず、何がなんだか状態ですが、ふたりがいる休憩所を覗き込み、察しがついた様です。

アルムから話を聞いたウジンが、ふたりの前に姿を現し、ウンジェの苦労は水泡に帰します。イム・ヒョンジュンは「報酬は今よりだすから、他の病院へ行かないか?俺は、スカウトの仕事をしているんだ」と、言います。もちろん、ウジンは断ります。イム・ヒョンジュンの企図は、何かしら?ミングクに頼まれてやっているのかな?

実際、ドイルは、ホジュンから、契約解除を言い渡されていますからね。

ウジンが執刀、麻酔がヘジンで、手術の時、どうも以前の医療ミスみたいなのが、出て来ます。ウジンは患者さんに話した方が良いと言いますが、ヘジンは「不安にさせる」と、反対します。ミョンシムは、ヘジンに「難しいことはわからないけど、あなたより、ウジンの方が、医師としての姿をわきまえている」と、言います。

余談ですが、キム・サブには、ソジョンから電話が来た様ですね。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2022/3/17  10:23 | 投稿者: Author

バスの事故に遭った臨月の妊婦さん。ウジンが帝王切開して、赤ちゃんをとりあげます。赤ちゃんの対応をするインス。赤ちゃんは、胎児の時、仮死状態でしたが、助かります。その後、母親の脈を見たウジンは「脈が戻っている」と、言います。「赤ちゃんの声を聞いたのね」と、ミョンシム。

新たな命の誕生の最中、看護師、パク・ウンタクが、ユン・アルムとミョンシムを呼びます。おそらく、例の飛び出して来た女性だと思いますが、パク・ウンタクは、ふたりに「バス事故の被害者とは、違う様で」と、言います。ふたりはおそらく、性暴力の被害者なのではないかと、考えます。

意識が戻った女性は、アルムに、朧げながら警官姿を見て「警察を呼んで」と、言って、また、意識を失います。おそらく、性暴力の被害者なのに男性警官がひとりできてるのは、私ですら違和感を覚えました。被害者が手術をする前に、警官にレイプ検査キッドを、渡すユン・アラム。

キム・サブと、ウンジェは、バス事故で、傘が刺さった患者さんの手術。からいばりのホジュンが執刀医、ウジンが助手で、性暴力被害者を、手術します。その最中、男性警官と女性警官が、レイプ事件の捜査で、やって来て、ヒョンジョン達は、ここで、あれ?状態になります。

偽警官にコーヒーを入れようとするユン・アルム。偽警官が「女って、警察の格好に弱いんだな」と、言い出します。ここで、やっと、ユン・アルムも事情に気づき、スマホを取り出しますが、偽警官に、取り上げられてしまいます。すきを見て、ユン・アルムは、熱湯を、偽警官に浴びせ、レイプ検査キッドを、取り返した上で、逃げます。

ちょうどパク・ウンタクが現れ、偽警官と格闘。パク・ウンタクが劣勢に思われましたが、たまたま、通りかかったミスター・クにぶつかる偽警官は、倒れます。はい、終了。

事故現場でキム・サブが「ふたりとも助ける」と、言っていた事故被害の患者が、助かり、複雑な気持ちのミングク。手術を終えたキム・サブに「なんで、そんなに偉そうにしてるんですか。私は11年前のバス事故で、逃げたらから、見下しているんですか?」と、言います。ミングクはキム・サブに言っていた言葉は、自分自身を軽蔑して、言っている様でした。

キム・サブの方もようやく、ミングクの事情を理解し「自信家のくせに、劣等感の塊だったのは、そのせいだったのか。あの事故で、逃げ出してもおかしくはない。誰も、パク教授を責めたりなんかしませんよ」と、言います。キム・サブから、かえって、自分を理解されて、力が抜けるミングク。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2022/3/16  12:51 | 投稿者: いい加減人

ウジンは、キム・サブが手根管症候群ではないかと、思い、ムンジョンに相談します。だけど、ウジンは、キム・サブの症状は腕を痛がっていた様な感じをしていたなと、思います。それと、ウンジュたちも含めて、話をします。みんな、これは、秘密にと、なります。これを、ホジュンが盗み聞きしてるパターン。

ミングクの外傷を減らすと言う改革案に、反対するミョンシムは「閉院すれば良い」と、言います。

その後、ミョンシムがギテに「裏切り者」と、言います。ギテは「医師達は、ここが閉院しても、行くところが有りますが、私達には、行くところが無いんです。軽々しく閉院なんて、言わないでください」と、言い返します。

ミングクはなんやら、ユンワン達と飲み会の様で。帰ろうとするミングクにヒョンチョルは「飲んでいけ」と、引き止めますが、ミングクはそれを振り払って、帰ります。ミングクは、野心はあるものの、媚へつらうのは、好きではなさそうですね。

出かけていたキム・サブは、バスで帰ります。キム・サブが出かけたことと、バスなのは、手の病気と関係有るんでしょうか?雪が降る中、キム・サブが乗るバスが走っていると、飛び出して来た女性がいました。運転手は、クラクションをならしますが、女性も、慌てているのがあって、避けません。慌ててハンドルを切った運転手ですが、バスは、崖下に転落。

余談ですが、運転手、クラクションを鳴らしながら、ブレーキを踏むってのは、難しかったかしら?雪は降っていても、チラチラだったし。

転落したバスから、キム・サブは、トルダム病院へと連絡し、状況を伝え、ウジンと、ウンジェのふたりは、現場へと、向かいます。トルダム病院へと帰る途中のミングクもまた、現場を通りかかり、キム・サブが乗るバスが事故に遭ったと知ります。ミングクは“またか?逃げられたと、思ったのに”と、思います。

事故現場のバスに到着する、ウジン、ウンジェ、ミングク。ミングクは、ふたりの怪我人のうち、ひとりを諦めようとしますが、キム・サブは「ふたり、助ける」と、言って、結局、ふたりとも、助かります。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ