ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2020/7/8  19:22 | 投稿者: Author

クチョンは、ソルヒを守ろうと、ぎゅっと抱きしめ、自分を盾にして、刺客に何度も切られます。

逃げたソルランは、ヨングが「犬黄楊の葉は、火をつけると音が鳴る」と、言っていた事を思い出し、その葉に火をつけます。ソルランの家にいた刺客は、ソルランの思惑通り、音に引きつける事ができました。

その間に、ソルランは、力つきているクチョンに「父さん、ごめんなさい」と、無理やり組んでいる手を離して、ソルヒを助け、斬られて目が見えなくなっているチェファと共に、逃げます。

朝方まで、チェファが来るのを待っていた武寧(ムリョン)王。ミョンノンは、武寧(ムリョン)王に、チェファと言う、思い人がいる事を知り、迎えに行く事にします。

チンムは、チェファの生け捕りに失敗したと刺客から聞かされます。ヨン・ブルテは、刺客に「村を焼き放て。盗賊の仕業に見せろ」と、指示を出します。焼かれるソルランの自宅。自宅の前で斬られたままの姿のクチョン、指が動いてました。あんだけ、斬られたのに、不死身なんですね

ソルランは、チェファとソルヒに「誰も知らない洞窟が有るの」と、二人を連れて行きます。その途中、探しにやってきたチンム達から逃れる時、チェファは例のかんざしを落としています。これ、後から、どうなるでしょうか?

チェファが出血をしているため、医者を呼びに行く事にしたソルラン。ソルヒがかんざしをなくしていたため、ソルランは自分のかんざしを渡し「何かあったら、一思いにこれで、刺すのよ」と、教えて、出かけます。しかし、ソルヒは、コウモリに襲われると、怖くて「お姉ちゃん」と、洞窟から、出てソルランを追います。

その後、ソリランは、ミョンノン、ソルヒは、チンムに、でくわしますが、難を逃れます。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/7/7  18:56 | 投稿者: Author

スニムン役:キム・ヨンジェ 『オー・マイ・クムビmy fair lady』『あなたは贈りもの』『猫がいる、ニャー!』

なるほど。ソルランの肩にあるあれは、スベクヒャンって意味の入れ墨だったんですね。

ヘ・ネスクとしても、武寧(ムリョン)王が、今もチェファを思っているのは、わかっているからか、チェファが伽耶の地で、生きている事、姫が生きている事を、武寧(ムリョン)王に、伝えます。一晩考える武寧(ムリョン)王。そうそう、これを、伝える直前ヘ・ネスクは「死んで償います」とか言っていたけど、絶対死なないよね。

19年前、チェファが何か言おうとしていた事を思い出していた武寧(ムリョン)王は、きっとお腹に子供がいると、伝えたかったのだろうと、察したようですね。まぁ、ヘ・ネスクは、百済のために、すべてやっているのであって、私利私欲で無い事だけは、今回、わかったわ。

チンムと、ヨン・ブルテは「ホン・リムを遠ざけ、ユンとヘ・ネスク二人で話している。何があったのだろう?」と、気になります。

武寧(ムリョン)王は、ヘ・ネスクに「償われても、失った時間は帰って来ない」と、チェファ宛の文を託します。

チェファは夜、ヨング母達と宴会中、山ブドウ酒を取りに行くと、ヘ・ネスクの姿に驚き、山ブドウ酒が入る壺を落として割ってしまいます。武寧(ムリョン)王からの文を渡すヘ・ネスクに「私は、罪人の子。王様は、父の敵。会えません」と、チェファは、言います。

チンムは父・東城(トンソン)王を殺したペク・カの娘、チェファが伽耶にいると知ります。父が殺された事を聞くために、チェファを生け捕りにするよう刺客にチンムは、命を出します。

武寧(ムリョン)からの文に「満月の夜、楼閣で待っている」と、あったので、クチョンが寝ている隙に出かけるチェファ。実は、クチョンもチェファを追っていたのですね。刺客も近くにいるようです。チェファは、武寧(ムリョン)王の姿に涙し、クチョンは、そんなチェファの姿に涙します。

チェファは、武寧(ムリョン)王に会うことなく、家に帰り、同じく帰ったクチョンは、チェファを抱きしめます。そこに、刺客が姿を現します。クチョンをかばうため、チェファは目を切られ、物音で、目覚めたソルラン達は、驚きます。同じく、物音で、駆けつけたヨング、母、コマク、母も、殺されます。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/7/6  19:34 | 投稿者: Author

部下役:イ・ヒョンゴル 『雲が描いた月明かり』『太陽の末裔Love Under The Sun』『六龍が飛ぶ』
部下役:ユン・ジノ 『オクニョ 運命の女(ひと)』『星になって輝く』『王の顔』『馬医』『推奴 チュノ』

ヨングとコマクは「百済の王が来るから、見に行こう」と、ソルランとソルヒを、誘います。ソルヒは行く気満々ですが、ソルランは、チェファに怒られるのかも?と、いうのが有って、行こうとはしません。しかし、食べ物に目がないソルランは、ヨング達に「茹でた鶏肉を食べられる」と、言われ、行く気に・・・。しかし、二人は、チェファ達にはその事は内緒で行きます。

しかし、チェファは、ヨング母達の話から、二人が武寧(ムリョン)王の一行を見に行ったと知り、駆けつけます。

この行幸で、武寧(ムリョン)王を仕留める準備をしていたチンム。

ミョンノンは、武寧(ムリョン)王が、伽耶(カヤ)の行宮に行く途中の市場に、人が集まっていると、情報を得ま。ミョンノンは、もしかしたら、武寧(ムリョン)王の命が危険にさらされてるかも?と、察知して、ペク・メスンの工房に寄ることにします。その場所で、クチョンを目撃したヘ・ネスクは、クチョンを尾行をします。

そして、ヘ・ネスクは、クチョンがチェファと一緒に暮している事を知ります。さらには、二人の娘の姿が有り、二人のうち、どちらが、武寧(ムリョン)王の娘なのだろう?と、ヘ・ネスクは考えます。ん?殺す?

チェファは、ソルヒは情にかけるが、ソルランは武寧(ムリョン)王に似て、武寧(ムリョン)王が、東城(トンソン)王を、命がけで守ったように、ソルランはソルヒを命がけで守るだろうと、思っています。っていうか、ソルヒの向上心は、祖父であるペク・カに、似たのかしらね?


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/7/3  12:38 | 投稿者: Author

なるほど。武寧(ムリョン)王は、最初の夫人とは死別。即位後のソネ王妃も病死。そして、ヘ・ネスクの娘ウネが今現在、王妃なんですね。そのことをきっちり、ヨン・ブルテは、ヘ・ネスクにツッコんでいました

山で、お花を摘むソルランとソルヒ。崖に咲いているお花を見つけて、ソルヒは摘もうとしますが、案の定、落ちます。ってか、どう考えても、あんな危ないところにあるお花を摘む?で、あれ?ソルヒがいないわと、探したソルランが、崖から落ちそうになっているソルヒを見つけて、助けるんだけど・・・。

ソルランからすれば、ソルヒの命の方が大事だから、ソルヒが持っているお花を「放して」と、言いますが、ソルヒは話しません。しかし、ソルランは、それを、ソルヒから抜き取って、ソルヒを助けます。ソルランもソルヒを助けるのに必死で、自分の体に木が刺さっているのも気づかずに、ソルヒを救出したのです。

ソルヒは、助けてもらった分際で「あの花は珍しかったのに」と、ソルランに文句を言います。ってか、死にそうだったのに、お花を、捨てないし、文句言うしで、ソルヒの執着心、半端ないな。道に迷った二人は、夜、暗い中、ならず者に襲われます。

逃げる途中、ソルランはこけてしまい、ソルヒだけ逃げます。ソルヒを追おうとするならず者の足をつかまえて、行かせまいとするソルラン。二人を探すチェファ達の元に、ソルヒが姿を現します。チェファに「ソルランは?」と、聞かれて「はぐれた」と、答えるソルヒ。クチョンは、自分の娘のソルヒが、嘘つき女である事を見抜きます。

この側面だけ見ると、ソルヒ何、嘘をついているんだかって感じなんですけど、ソルヒなりに、チェファがソルランに対する愛情が自分とは何か違う事を感じ取っているようで、寂しいんでしょうね。

ならず者、実は、例の山賊のトルデとマングなんですね。ソルランが「父さんは、口がきけない分、力持ちなんだから」と、言うと、二人はそれがクチョンとわかり、ソルランに「どうぞ、お気をつけておかえりください」と、解放します

武寧(ムリョン)王が、伽耶(カヤ)へ、訪問する事になり、同行する事にしたチンムは、武寧(ムリョン)王を、殺す機会をうかがいます。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/7/2  12:05 | 投稿者: Author

ミョンノン役:チョ・ヒョンジェ 『病院船〜ずっと君のそばに〜』『私の期限は49日』『ラブレター』
チンム役:チョン・テス 『トキメキ☆成均館ソンギュンガンスキャンダル』
ウネ王后役:イム・セミ 『完璧な妻』『ショッピング王ルイ』『ずっと恋したい』『その冬、風が吹く』
コンオク役:ファン・ヨンヒ 『マイ・ヒーリング・ラブ〜あした輝く私へ〜』『あなたが眠っている間に』
カンボク役:ヨ・ウィジュ 『秋のカノン』『輝くか、狂うか』
ポルグム役:シン・ジュニョン 『オクニョ 運命の女(ひと)』『客主』『女を泣かせて』『華政The Princess of Light』

冒頭、前回の最後、また、やってくれなくて良いから。

幼いソルランが走り、転ぶと、もう、大人のソルヒが顔を出し、ソルランも。

高句麗の密偵として、捕らえられたポルグム。

重臣達がその件で、話し合いをしていると、太子ミョンノンが現れ「悠長な事を言っている。ポングムが王様を呼んでいたのは殺すためだ」と、言います。

ミョンノンが武寧(ムリョン)王に「ポルグム一人だけでは無い気がします」と、言います。ミョンノンの力を見抜いた武寧(ムリョン)王は、諜報団のピムンを紹介します。それを使い、ミョンノンは、チン達率が、ポルグムとつながる高句麗の密偵だと、見つけ出します。

武寧(ムリョン)王の本当の息子、チンムは、女遊びで、武寧(ムリョン)王の頭を悩ませています。

ヘ・ネスクの娘は、ちゃっかり武寧(ムリョン)王のウネ王后になっています。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/7/1  11:50 | 投稿者: Author

トリム役:キム・レハ 『テバク大撲〜運命の瞬間(とき)〜』『輝くか、狂うか』『輝くロマンス』『王女の男』『一枝梅』
ペク・メスン役:クォン・ソンドク 『伝説の魔女〜愛を届けるベーカリー』『ナイショの恋していいですか!?』

なんで、冒頭、前回の最後の部分をもう一度、やっているんだろう?そんな事しなくていいから、カットを少なくして欲しいわ。

チェファはクチョンに「伽耶には玉の商売が有るの。その商売ができるように行って来るから、ソルランを見ていて」と、出かけます。そして、チェファは商人の家へ行き「良い運び屋がいます。彼は元兵士で、口がきけないので、逆に仕事に向いています」と、言います。

その仕事を取ってきたチェファはクチョンに「これで、侮辱されないで済む」と、言います。玉運びをするクチョン。途中、盗賊に襲われようとも、いかんせん、屈強ので、問題なし。普通の人の二倍は、運ぶので、商人に喜ばれます。その帰り、チェファのために、髪飾りを買うクチョン。クチョンの姿を見かけたマックムは後を追います。

クチョンもマックムの気づいていたんですね。隠れて、マックムを見ていたクチョンは、チェファの事を考えると、マックムに言うべきか悩んだんでしょうね。

実は、クチョン、人に頼んで、ペク・カの遺骨と遺品を、手に入れていたのですね。お墓を作って、埋めるチェファ。墓標が有ったけど、チェファの身元が、ばれやしないかと、気になったわぁ。

とうとう、チェファは、ユンが戦場に行く時に渡していた髪飾りを取り、クチョンから贈られた髪飾りをつけます。

二年後、ソルランには、ソルヒと言う妹がいました。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/6/30  12:40 | 投稿者: いい加減人

ヨング母役:ソ・イスク 『逆賊民の英雄ホン・ギルドン』『六龍が飛ぶRoots of the Throne』『夜警日誌』
コマク母役:パク・ヒジン 『推奴 チュノ THE SLAVE HUNTERS』
夫人役:ホン・ヨジン 『キャリアを引く女〜キャリーバッグいっぱいの恋〜』『誘惑』『野王〜愛と欲望の果て〜』
貴族役:ソ・グァンジェ 『ハンムラビ法廷』『黄金の私の人生My Golden Life』『医心伝心〜脈あり!恋あり?〜』

ヘ・ネスクは、ユンに、チェファが自害したと、報告します。心の中では、ユンとチェファの仲を裂いた事を、一万年償うとか、ヘ・ネスクは、思っています。出たぁ〜、ご都合主義と、大げさ。償わなくていいから、今、本当の事を話さなきゃ。

それと、ヘ・ネスクは、クチョンの事を回想していました。クチョンは、百済からすると、高句麗の殺人鬼なのでで、苦しめた上で、殺したい人物なんですね。捕らえられたクチョンを処刑する時、ヘ・ネスクは、思い直すのです。逆に、クチョンは、使い道があるのでは、無いかと・・・。

クチョンは、またも、洞窟で、チェファの姿が無く、探します。チェファは、また、あの切り立った崖の上に佇んでいました。ただ、今度は、死のうとしていたのでは無く、お腹をさすりながら、生きようと決めていたのです。そして、二人は、伽耶(かや)の地に辿り着きます。

ユンの方は、25代王・武寧(ムリョン)王として、即位する覚悟を決めます。

ホン・リムに東城(トンソン)王の息子チンムと、自分の息子ミョンノンの衣服を取り替えるように武寧(ムリョン)王は、命じます。これは、生前、東城(トンソン)王が「チンムを頼む」と、言い、チンムの命を守るために、武寧(ムリョン)王は、そうしたのです。武寧(ムリョン)王は、泣く泣く、ミョンノンを犠牲にする事になってしまいましたね。

チェファは出産(一人で)し、生まれてきた子が女の子であるため「スベクヒャン」と、呼びます。しかし、それを名乗る事はできないため、チェファは娘にソルランと名付けます。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/6/29  19:14 | 投稿者: Author

男役:イ・ジンモク 『100日の郎君様』『たった一人の私の味方』『棘トゲと蜜』『黄金の私の人生My Golden Life』

ペク・カは、最後の温情で、ユンから剣を渡され、自害しないなら、殺すと、言われます。こうなると、もう、ペク・カは、チェファの命だけは、助けたいのも有るし、自害の道しか残されていませんでした。

「逃げよう」と、言うチェファに「死より、辛い事も有る」と、当然、逃げる道は選ばないペク・カ。

加林(カリム)城は、陥落し、ペク・カは、ユンから与えられた剣で、自害します。ペク・カの屋敷は、燃え上り、チェファは、ペク・カの亡骸のそばを離れようとはしません。侍女のマックムは「逃げましょう」と、チェファを説得しますが、拒まれ、マックムは仕方無く、自分一人で逃げます。

とうとう、炎の中、チェファは倒れてしまいますが、クチョンが自ら火傷をしながらも、チェファを救出します。

捕まったマックムは、ヘ・ネスクの姿を見かけると、かけ寄り、チェファが、ユンの子を妊娠している事を、伝えます。ヘ・ネスクとしても、それに関しては、寝耳に水なので、驚いた表情でした。

その後、ヘ・ネスクは、マックムに、ユンの子を宿しているチェファを助けるフリをして「死んだ」と、伝えます。そして、マックムには口止めをして、お金を渡した上で釈放します。ヘ・ネスクの隣には、射手がいて、マックムを射る準備はしていましたが、ヘ・ネスクは「いい」と、弓を引くことはありませんでした。

ペク・カを死なせたことに対して、チェファに罪悪感があるユンに頭が痛いヘ・ネスク。ヘ・ネスクは、ユンに「チェファは死にました」と、伝えます。

チェファが歌を唄っていましたけど、あれ、エンディングでかかる曲ですよね。あれ、歌詞が有ったのね。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/6/26  18:50 | 投稿者: Author

仲間役:イ・サンフン 『たった一人の私の味方』『龜巌ホジュン伝説の心医』『アラン使道伝』『ワイルド乱暴なロマンス』

東城(トンソン)王の暗殺を図ったペク・カ。しかし、チェファから、ユンの弱点は、血のつながりを大事にすること、つまり、東城(トンソン)王を、大事にしていると言うことだと、聞かされたペク・カは、回想・・・。

実は、チェファとユンの逢いびきを見ていたのはペク・カだけでは、無かったんですね。ヘ・ネスクも何ですね。そして、二人は会話をします。ヘ・ネスクは「娘を王妃にしたいでしょう?」と、ペク・カをそそのかし、罠にはめたのです。まぁ、ユン側は、諜報団のピムンを、それぞれに配置している訳ですから、そうなりなすよね。そういう事を、ペク・カは知りませんから。

自分のした事が、正しいと信じているペク・カは、召喚に応じませんでした。

こうなると、ユン自ら出兵し、加林(カリム)城を、包囲します。そして、諜報団のピムンを使い、ペク・カの側近たちを、密かに、殺します。

もう、元には戻れない事を理解したチェファは、ユンと面会しようとヘ・ネスクに会うと「父をそそのかしましたね」と、言います。さすがにチェファは、ペク・カの話から、それをわかっていたんですね。しかし、ヘ・ネスクは「野心を抱くからだ」と、言います。確かにそうだと、認めるチェファ。

そして、チェファは、ユンに会うと、東城(トンソン)王にお線香をあげる事さえも、許されませんでした。それでも、ペク・カの命乞いをするチェファ。聞く耳を持たないユンを見て、チェファは「お腹の子の事を話せば、助けてもらえますよ」と、マックムに言われた事を、思い出し、言おうとしますが、ユンに睨まれ、その機会を失います。

ペク・カの寝所にユンとヘ・ネスクが現れます。二人の言動から、自分がはめられた事を、ペク・カは、悟ったでしょうね。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/6/25  18:42 | 投稿者: Author

ミョンノン(少年時代)役:チョン・ジンソ 『不滅の恋人』『スイート6ストーリーズ〜マジック学校〜』『青い海の伝説』
使用人役:ユ・グム 『ヘチ 王座へ道』『たった一人の私の味方』『あなたは贈りもの』『ショッピング王ルイ』

ユンが、北魏との戦いに勝って、帰還。

東城(トンソン)王への挨拶は、チェファが夢に見てきたのと同じだわね。

民から人気があるユンを、東城(トンソン)王は、また、戦へと赴くように言います。

パク・カは、仲間と、東城(トンソン)王を、どうするかを相談。なにやら、盗み聞きしている人物が・・・。しかし、パク・カは、その人物が、力のないふりをして、武術に長けている事を見抜いていました。

チェファは、東城(トンソン)王、ユンが、加林(カリム)城へ来ると知り、喜びます。チェファがユンと逢いびきしている姿を見て、パク・カは、嬉しそう。

チェファがユンに、身籠った事を話そうとしている時に、狩りに出た東城(トンソン)王が、襲われたとヘ・ネスクが、ユンに知らせに来たため、言えずに終わります。

瀕死の東城(トンソン)王は、自分の死期を悟り、ユンに幼い息子チンム太子を頼みます。東城(トンソン)王と、ユンは、お互いに敬愛しあっていたのです。



人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ