ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2022/4/3  22:02 | 投稿者: Author

次、放送のドラマの宣伝も有ったし、今回も1時間無かったわ。

阿旦(アダン)山城にいるピョンガン達の元に、新羅(シルラ)の国王、真興王から、投降するよう書状が届きます。さもなくば、皆殺しだと。タルは、嫌がるピョンガンを都に帰るように言います。ピョンガンは、タルの指示通り帰るのかに見えましたが、密かに、敵の陣営、真興王の寝所へ行き、殺そうとします。

しかし、ピョンガンの動きを見ていたコンに、止められ、それに気づいた真興王に、ピョンガンは捕らえられます。

嬰陽(ヨンヤン)王が、大軍を率いて、やってきます。

タルの元には、新羅(シルラ)から、書状と共に、自分とお揃いの、ピョンガンの腕輪が届きます。

真興王の命で、徐羅伐に送られることになったピョンガン。彼女を救おうとするコンについていく、モヨン。ピョンガンを助ける最中、モヨンは負傷。モヨンは、自分のことを置いていくように言いますが、ピョンガンは「友達だから、置いていけない」と、言います。

ピョンガンは敵に知られることも覚悟の上で、以前にタルに伝えた、緊急用の、赤い煙が出る矢を放ちます。それに、気づいたタル。敵に囲まれた3人。コンも深手を負ってしまったところで、タルがやって来て、敵を倒します。ピョンガンとタルは、コン達に別れを告げて、去ります。コンは、亡くなります。高句麗(コグリョ)の勝利の、合図がなります。

ピョンガンとタルが、これで、終わりだと安堵しているところに、敵が現れ、タルはピョンガンを助け、自身の体には、矢がたくさん刺さり亡くなります。

都に戻ってから、嬰陽(ヨンヤン)王は、ピョンガンに疑ったこと謝ります。

ピョンガンは、かつて暮らした山に家に戻ると、タルが出て来て「誰だ?坊さんの客か?」と、言って立ち去ります。ウォルグァンは、タルは仮死状態になる術を学んだのだと、ピョンガンに説明をします。ただ、これは、危ないのだと。要するに、今、タルは、記憶喪失なんです。

タルが「俺たち、どんな関係?」と、聞くので、口づけをするピョンガン。これで、タル、思い出しましたわ。まぁ、これで、ふたり仲良く暮らせるなら、いいですわ。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2022/3/27  22:01 | 投稿者: Author

処刑寸前のピョンガンの前に姿を現したタルは、新羅(シルラ)から阿旦(アダン)山城を取り戻すと、嬰陽(ヨンヤン)王と、約束します。こうして、ピョンガンは処刑されずに済みます。ただ、ピョンガンとしては、タルを戦場には、行かせたくはありません。

ピョンガンは、タルには内緒で、サ・ウナム達に王を倒すと、話します。目を丸くするサ・ウナム達。タラ・ジンが口を滑らせたため、タルにも知られてしまいます。忠告するタルにピョンガンは「今は、民を休ませなきゃならない時なのに、王は、また、戦をしようとしている」と、言います。

タルは「阿旦(アダン)山城は、父さんが守っていた城なんだ」と、ピョンガンに話します。

新羅(シルラ)では、出陣を任されたコンが戦の準備をしますが、真興王からそれを止められ、自ら出陣すると、言われます。ピョンガンへの執着を真興王から、言われるコン。ただ、これは、モヨンが手を回して、ジウォルが、真興王に話したんですね。

チン妃は、モヨンとの内通が、嬰陽(ヨンヤン)王に、ばれます。チン妃は、処刑は免れましたが、王宮を出ることになりました。

ピョンガンとタルで、出陣。ふたりは、この戦いが終わったら、王宮を出ようと考えてしました。

嬰陽(ヨンヤン)王も、出陣。

真興王も、阿旦(アダン)山城に到着。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2022/3/20  21:59 | 投稿者: Author

あれ?今回、久々に短いわ。

コンとモヨンが、新羅(シルラ)の使節としてやって来て、高句麗(コグリョ)の、王宮は、大騒ぎとなります。

嬰陽(ヨンヤン)王や、チン・ピルらは逆賊のコンを殺そうと言います。それに反対するピョンガンは「新羅(シルラ)に、攻撃の口実を与えることになる」と、言います。モヨンに入れ知恵されたチン王妃(もう、王妃じゃない?)も、コンを殺すことに反対し、図らずも、ピョンガンに同調することになります。嬰陽(ヨンヤン)王は、一旦この件を、保留とします。

コンの元にやってくるピョンガン。コンは死ぬ覚悟はできていて「王女様に会ってから死にたかった」と、言います。それと、コ・ウォンピョを殺したのは、誰だったのかをコンは聞きます。「私だ」と、答えるピョンガン。

コンを処刑したいチン・ピルは、嬰陽(ヨンヤン)王にある矢を見せます。チン・ピルは「コ・ウォンピョ宅を、先日、捜索した時、これが出て来ました。これが、王様のお母様、ヨン王妃を殺した矢です」と、言って、嬰陽(ヨンヤン)王を、煽ります。

コンの命が危ないことを察した、ピョンガンは、秘密の通路を使い、逃がします。そこを通るコンは、自分がサ氏夫人を、殺したことを明かします。

ピョンガンの裏切りを疑う嬰陽(ヨンヤン)王に、ピョンジは「先王と同じ過ちを繰り返さないでください」と、言います。先王は、ヨン王妃を疑いましたからね。

投獄しているピョンガンに会いに来た嬰陽(ヨンヤン)王は「お願いします。阿旦(アダン)山城を新羅(シルラ)から、奪い返すために、義兄を呼び戻してほしい」と、言います。断るピョンガン。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2022/3/13  22:05 | 投稿者: Author

嬰陽(ヨンヤン)王役:クォン・ファウン 『SKYキャッスル SKY CASTLE〜上流階級の妻たち〜』『女の秘密』

ピョンガン達を殺しに行こうとするコンを、引き止めるため、モヨンは鍼を刺し、意識を失わせます。そして、モヨンは、コンを新羅(シルラ)へと、連れて来ます。

ピョンガンとタルが、タルの養母サ氏夫人を匿っている場所に戻ると、亡くなっていました。そりゃ、コンとしては、殺すことになったでしょうね。

タルは「終わった」と、山奥に戻ると、言います。引き止めるピョンガンですが「俺が剣を握ったのは、大切な人を守るためだ」と、言って、出ていきます、

で、いきなり、4年後で、ピョンガンの弟太子ウォンが、嬰陽(ヨンヤン)王として、即位していました。ってことは、先王は、亡くなったのかな?

ピョンガンは、百済と戦って、帰って来て、嬰陽(ヨンヤン)王に、援軍が来なかったことの不満を言います。たった4年で、嬰陽(ヨンヤン)王は、ピョンガンの可愛い弟では無く、捻くれ者になっていました。王の自分より、ピョンガンの方が、人気はあるからかな?

山奥にいるタルは、妄想のサ氏夫人と、話しています。タルは、こうして、心に負った傷を少しでも、癒してるのかな?妄想のサ氏夫人は、目が見える感じね。

モヨンと共に、新羅(シルラ)にいるコンは、飲んだくれています。そんなコンに、真興王は、使節として、高句麗(コグリョ)へ、行く様に言います。

タルに会いたいピョンガンは、山奥へと行きますが、タルは、もう会えない様、もっと山奥へ行くと、言います。まぁ、ピョンガンは、嬰陽(ヨンヤン)王から、タルを大将軍として迎えたいと、言われましたが、それは、伝えませんでしたね。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2022/3/6  22:04 | 投稿者: Author

王宮の門の前で、コン率いる私兵と対峙する官軍のピョンガン。「父を連れ帰る」と、言うコンに、潅奴部族が、官軍に回ったことを見せるピョンガン。そして、戦いが始まりますが、討伐から戻ったタルが、コンに矢を放ちます。コ・ウォンピョと、コンは、親子ともども、投獄されます。

重臣達は、コ・ウォンピョン達を、斬首刑だと話しますが、国王は「彼らも、元は、王族だ」と、躊躇がある感じ。

モヨンは、トゥ・ジュンソに、国王殺害の機会を与えることで、コン達を助けようとします。

サ氏夫人が、ウォルと共に、都にやって来て、タル達とあいます。戦に明け暮れるタルを心配するサ氏夫人。ピョンガンは、サ氏夫人の病気を知ります。

天誅房に捕らえられているタラ・ジンを、タルが救うと、タラ・ジンから、国王の命が危ないことを伝えられます。

こうして、ピョンガン達は、コ・ウォンピョ達と戦うことになる訳ですが、サ氏夫人を、秘密の通路に匿います。

モヨンが、投獄されているコン達を助けると、コ・ウォンピョは「お前のせいで、コンは、コ・サンチョルを殺すことになった」と、言います。流石に、コ・ウォンピョわかっていたのですね。

トゥ・ジュンソが、国王を、仕留めようって時に、太子ウォンが矢を放ち、ピョンガンが止めを刺します。ピョンガンは、コ・ウォンピョも殺します。タルと戦っていたコンは、配下から話を聞いて、コ・ウォンピョの元へ駆けつけます。

その後、ピョンガンの居所へと行ったコンは、咳が聞こえ、行ってみるとサ氏夫人がいました。コンはサ氏夫人に「王女は、ここを通ったのか?」と、聞きます。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2022/2/27  22:01 | 投稿者: Author

ヤン・チェク役:チェ・グァンジェ 『僕らのイケメン青果店』

コ・ゴンが王座を狙っているのは、間違いない様ですが、コ・ウォンピョさえも、利用してって感じの様ですね。

コ・ゴンは、モヨンを連れ、トゥ・ジュンソに会わせ、自身が捕らえたのだと、話します。コ・ゴンは、トゥ・ジュンソに「国王を、殺す機会を与えてやる」と、言います。

トゥ・ジュンソは、タラ・ジンに戻ってくる様に言います。

コ・ウォンピョと、コンは、地方で反乱を起こさせます。そして、コンは、反乱を討伐に行くであろう、将軍さえも、懐柔していることを、コ・ウォンピョ達に話していました。

ところが、反乱の話しを聞いて、タルが自ら討伐隊の隊長になると国王達に告げて、鎮圧へ。そこで、血も涙もないピョンガンに代わり、相手に自供させること無く、殺してしまうタル。

サンチョルは、コンの配下によって、殺されました。

タルが戦うと、サ氏夫人は、悪夢を見る様です。それと、サ氏夫人は、喀血している様ですが、結核でしょうか?

ピョンガンは、テガムが、コ・ウォンピョと内通しているかも?と言う話しを国王にすると、国王も気づいていて、利用するのだと、話します。コ・ウォンピョはを呼び出した国王は「ネズミを、見つけた」と、言って、ピョンガンが、テガムを斬ります。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2022/2/20  22:01 | 投稿者: Author

真興王役:キム・スンス 『漆黒の四重奏カルテット』『雲が描いた月明り』『客主』『家族の秘密Family Secret』
ヨン・チャンギ役:チェ・チョロ 『サイムダン師任堂、色の日記』『王の顔』『大王の夢』『トンイ』『まだ結婚したい女』

ピョンガンがタルに、チン王妃がコ・ウォンピョに宛てた、恋文だと話していると、物音が・・・。コンソン夫人が、聞いていたようでした。そして、コンソン夫人は、その後、その恋文を探し、コ・ウォンピョ達の手に渡ります。それを、チン王妃が確認すると「私の字じゃない」と・・・。

現れるピョンガンと、タル。ピョンガンは、チン王妃に、王子を置いて出て行く様に良います。あ、余談ですが、コンム王子は、コ・ウォンピョの子では無かったんですね。言われた通り、出て行くチン王妃。

新羅(シルラ)に偽りの報告をしたモヨンは、高句麗(コグリョ)から、つれてこられて、殺されそうになる寸前、止めに入る人物が・・・。モヨンは、宮殿で、新羅(シルラ)の国王に会い、三国統一のため、ピョンガンを殺す様命じられます。

ピョンガンの方は、占い師の件から、モヨンが何かしっていたのでは感じ、モヨンを呼び出し、何者なのかを聞きます。モヨンの方も、千載一遇の機会とばかりに、隠し持っている刀に手をかけますが、そこに、コンが適当なことを言って、モヨンを止めに入ります。

テガムが、モヨンの手下に、国王の動きを教えている様で・・・。市中で、ピョンガンは、テガムを目撃し、以前の自分達の話を、テガムが聞いていた様な感じがを、思い出します。

タラ・ジン、何やら、怪しい動き?


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2022/2/13  22:03 | 投稿者: Author

モヨンとコンは急接近。秘密かと思いきや、ヘ・ジウォルにばれていました。

王女として、王宮に戻ったピョンガン。タルは国王から「王女の夫、息子だ」と、言われた事が嬉しいと、ピョンガンに話します。

王宮に呼ばれた天誅房(チョンジュバン)の頭、トゥ・ジュンソは、マ・テモに「占いごっこは終わりだ」と、言って、ふたりで、向かいます。

ピョンガンは、タラ・ジンの話しから、王宮に呼ばれたのは、トゥ・ジュンソだと気づき、タルと共に、向かいます。

トゥ・ジュンソによって、毒を飲まされた国王と太子ウォンは、その場で倒れ動けなくなります。間一髪、ピョンガン達がやって来て、マ・テモは、タルに殺され、トゥ・ジュンソは投獄されます。

しかし、そのトゥ・ジュンソは、何のものかによって、連れ去られます。

モヨンも恋心ゆえ、偽りを新羅に報告をしたからか、何者かに連れ去られます。

トゥ・ジュンソに「モヨンをどこへやった?」と、聞く人物が・・・。それは、コンでした。コンが、トゥ・ジュンソを捕らえていたのです。

幼い時のことを思い出したピョンガンは、コ・ウォンピョと、チン王妃が密通しているのではないかと、考えます。それを、ピョンガンがコンソン夫人に聞くと、口では否定しても、明らかに動揺を見せます。

ピョンガンはタルに「今まで、気遣えないでごめん、これを調べていたの」と、チン王妃が、コ・ウォンピョに宛てた恋文を見せます。ピョンガンは、証拠にもなりうるその手紙を、手に入れていたんですね。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2022/2/6  22:02 | 投稿者: Author

ウ・ヨン役:チ・ソンファン 『花道だけ歩きましょう〜恋の花が咲きました〜』『愛はビューティフル 人生はワンダフル』

ピョンガンは、コンが率いる桂婁(ケル)部族の陣地で、人質に。タルが、ピョンガンを救いにやって来ます。そこに、北周が高句麗(コグリョ)に、攻め入ってきたと、情報が入って来ます。都に引き上げるコンは、ピョンガンも連れ帰ろうとしますが、ピョンガンは「私の居場所は、自分で決める」と、言います。

ピョンガンは、自分達も出陣して、手柄を上げれば順奴(スンノ)部族の復権を王が認めてくれるだろうと考え、皆に話しますが、流石に、そう、たやすいことでないと、言われてしまいます。

王、自ら、太子ウォンを引き連れて、出陣します。チン王妃には好都合。

コ・ウォンピョは、コンに「借刀殺人だ」と、北周軍でも、凶暴な部隊に、ピョンガンを始末させようと考えていました。

ピョンガン率いる軍は、北周軍に投降します。その軍は、ピョンガンを本陣に向かわせます。タラ・サンが敵陣の会話を聞いて、ピョンガンも自分達も殺されると知り、タル達に伝えます。袋の鼠とわかったタルは「袋を破れば良い」と、戦うことにします。そして、ピョンガンには、赤い煙が出る矢を、タルは放ち、危険を知らせます。

戦うタル達。戻るピョンガン。ここなんですね。1話目の冒頭に出て来ていた部分は・・・。タルが相手の将軍の首を取ったので、勝利をおさめます。ただ、タラ・サンが、戦死してしまいました。

王宮にやって来たピョンガン達。オン・ヒョプ将軍の鎧を身につけているタルが、コ・ウォンピョには、オン・ヒョプ将軍に見えたようです。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2022/1/30  22:07 | 投稿者: Author

医員役:ソン・ソングン 『王は愛する』『棘トゲと蜜』『白詰草シロツメクサ』『漆黒の四重奏カルテット』

人を初めて斬って、落ち込むタル。あんまり、こう言う場面ってないので、興味深いです。

幽霊谷の村では、コ・ウォンピョの策略による、次の襲撃の備えることにします。順奴(スンノ)部族の人達は散り散りになっていたんですね。その人達を、村長、サ・ウナムは、集めようと考えていました。

ピョンガンは、タルをある場所へと連れていきます。そこは、おそらく、タルの母のお墓でしょう。幼い時、タルは、父、オン・ヒョプ将軍と、行ったことがあるお墓。そこで、タルは亡父から「国を守るのではない。愛する人を守るのだ」と言う言葉を聞きます。これで、タルは覚醒したようです。

ところで、サンチョルは死んでなかったので、深手を負ったまま、帰りましたわ。

それと、相変わらず、コンの立ち位置わからないわ。父、コ・ウォンピョ側になった訳でも無いのね。まだ、ピョンガンに未練があるみたいだし。

モヨンは、コ・ウォンピョから、国王を毒殺する毒薬を作るよう脅されます。流石に、それは、嫌な、モヨンは、コンに相談します。コンに「毒薬が作れるなら、解毒剤も作れるだろう?」と、言われたモヨンは、内密にトゥ・ジュンソに解毒剤を渡します。

占い師を装っているトゥ・ジュンソは、密かに、解毒剤を、国王に飲ませます。トゥ・ジュンソとしては、簡単に国王を死なせたくないと言う気持ちがあるようです。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ