ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2021/5/3  19:01 | 投稿者: Author

瓔珞が現れ、驚く皇后。そして、完全にあとが無くなった皇后は「私は、陛下を愛していた」と、言います。「富察皇后は自由を求め、高貴妃は家族のため、純貴妃は他の人を思っていた。確かに私は、悪の限りを尽くし、父が死んでから、権力の大事さを知った。でも、陛下には、誠実にあたってきました」と、言って、髪を切ります。連行される皇后。

皇后の侍女は、袁春望に騙されたと、刺そうとしますが、逆に刺され、殺されます。そして、袁春望は、自分は、あくまで、皇后に命じられてやってきた事なんだと、膝をつき、皇太后と、乾隆帝に言い訳をします。しかし、瓔珞に「策を弄した張本人のくせに」と、冷ややかに言われます。

そして、瓔珞は、袁春望に言います。「ここ最近考えていたの。あなたが、辛者庫で言っていた事。あの時は、私も傷ついていて、深く考えていなかったけど、調べたの」要するに、袁春望は、乾隆帝の弟だと、言いたげでしたが、違うと言う事ですね。本人は、兄弟だと、主張しますが、それを、皇太后自ら否定します。

瓔珞は、第五皇子についた毒虫を取った時、毒に侵されていたんですね。

皇宮に戻った瓔珞ですが、葉天士もお手上げ状態。意識を失っていた瓔珞ですが、目を覚まします。海蘭察が戦地から戻ってきていたのでした。そして、海蘭察から聞かされます。傅恒は、瓔珞の解毒剤を探しているうちに、毒に侵され、その状態で、戦い、亡くなってしまったのでした。亡骸は、紫禁城に送られたと・・・。

それと、海蘭察は、傅恒からの言伝が、有ると。“瓔珞、生涯をかけて私は、君を守ってた。今度は君が、守ってくれ”と。海蘭察が帰ると、ひとり、瓔珞は「約束するわ」と、言います。最後に、傅恒の笑顔と、歩く後ろ姿の映像が見られてよかったです。

牢屋にいる弘昼を、海蘭察が訪ねます。弘昼は毒薬を賜った様ですね。

皇后を訪ねる瓔珞。「なぜ、私の命を助けるの?」と、皇后。「私が辛者庫にいた時、病気で行き倒れそうになるのを、皇后は助けてくれたから」と、瓔珞。皇后は「そんな事あったかしら?」と、言っていたけど、覚えているはず。皇后は「あなたは、和親王を死なせたかったのね」瓔珞「深読みし過ぎ」と。

瓔珞は、皇貴妃に。忖度間違えまくりの舒嬪は、出番少なくても、最初から最後までいたわね。傅恒に夢中になっていたけど、海蘭察もなかなかよかったです。それだけに、明玉の死は悲しいです。富察皇后、瓔珞、明玉の3人が、わちゃわちゃしてた頃が一番楽しかったかしら?

70話が67話って、どの辺がカットされているのかしら?傅恒のところだったら、悲しいわ。


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ

2021/4/30  19:56 | 投稿者: Author

瓔珞を見かけると、傅恒は近寄り、弘昼に気をつける様に言います。

そして、南巡に向かう船上。途中から妓女が乗船し、皇后は不機嫌。宴会時、それを、皇后が、乾隆帝に言っても、彼は歯牙にもかけません。瓔珞は、話を聞いて、むしろ面白がります。そんな時、葉天士が見つかったと瓔珞に連絡が入り、乾隆帝はいく様に言います。

葉天士に、第五皇子の治療をお願いする瓔珞と、乾隆帝。

葉天士は、船上で、施術をするらしいけど、船上だと、揺れるだろうし、大丈夫なの?治る確率は四割という葉天士。それに、麻酔が切れると相当痛いと葉天士は、第五皇子に説明をします。それでもやることを決意した第五皇子。

第五皇子の足の壊死した場所に虫をやる葉天士ですが、それが、予定していた虫では無かったのです。これも、何か、はめられた模様。

船の皇太后の部屋が火事になり、乾隆帝は助けに行きます。

弘昼の予定通り、逆賊が、船を襲撃。

船上は大混乱となり、弘昼は皆に、皇太后と乾隆帝が崩御したと、話します。すると。ばば〜んと、階段が開き、現れる皇太后と、乾隆帝。

乾隆帝は、弘昼達に、船に抜け道があると、建設した傅恒がおしえてくれたのだと、話します。


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ

2021/4/29  20:42 | 投稿者: Author

第十二皇子は、皇后を南巡にいかせてもらいたいと、乾隆帝の居所の前で、跪きます。

乾隆帝の元に、第五皇子がやってきて「皇后を南巡に行かせてかげてください」と、頼みます。それと、第五皇子は、怪我した足を、葉天士に診せたいと、瓔珞が話していたことも、乾隆帝に伝えます。

第十二皇子は、喜び勇んで皇后に「南巡に行けますよ」と、報告をします。皇后は、その事には喜びましたが、第十二皇子が三刻跪いても乾隆帝からの許しが出なかったのに、第五皇子は、口添えをしただけで、許してもらえたのだと知り、激怒します。第十二皇子を皇后は、使えない息子扱いをし「喜んでいる場合では無い」と、言います。

瓔珞の息子第十五皇子の筆が、太監にすり替えられます。そこに、毒が仕込まれていましたが、命を取り留めます。

皇后は、皇太后から最近の出来事に対して「皇后の仕業で無いとしても、監督不行き届き」と、叱責をされてしまいます。

袁春望は、このままでは瓔珞が、皇后にとってかわることになるとばかりに、弘昼に、謀反をけしかけます。弘昼にとって憎い相手の瓔珞の名を袁春望は、あえて出している訳よね。

傅恒は、弘昼に「太監と親しくしてはいけないことになっている」と、忠告します。これが、気に入らない弘昼は、傅恒と、拳での争いに・・・。そこに乾隆帝が通りかかり、二人を咎めます。二人は「口論していたら、手合わせに発展してしまい」みたいな感じで、言い訳。傅恒が減俸にされてしまいます。

乾隆帝は、皇太后に、皇后は病気だし、瓔珞を皇貴妃にしてはどうかと、話します。盗み聞きをしている弘昼。これを、袁春望を通じて、皇后に知らされます。皇貴妃とは皇后代理。いよいよ崖っ淵の皇后に、弘昼は謀反を持ちかけます。


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ

2021/4/28  19:56 | 投稿者: Author

第五皇子の事故の件で、皇后から「関係ないのか?」と、聞かれて、「皇后様から指示がなければできません」と、白を切る袁春望。以前も、皇后から指示が無く、袁春望は動いたりしているので、皇后としても、完全に信用をしている訳では無いでしょう。

傅恒は、乾隆帝に、第四皇子の太監が、武備庫に出入りをしていた事を報告します。

乾隆帝に「私ではありません」と、言う第四皇子。そこに、皇后がやってきて、第四皇子を引っ叩きます。第四皇子は観念したように、第五皇子に恥をかかせようとしただけで、怪我をさせるつもりは無かったと、話します。そして、皇后に命を狙われていると、話す第四皇子。

第四皇子は「皇后の侍女が持ってきた団子に、毒が入っている」と、いいますが、調べてみると、入ってはいませんでした。収監される第四皇子。

乾隆帝は、傅恒に「どう思う?」と、聞きます。最初は「わかりません」と、答えた傅恒ですが「第四皇子の言っている事は、本当だと思います」と、言います。私も、そう思います。乾隆帝は、遠慮してそう言っているのだろうと、言った後「大事なことは、刀一振りで、朕の大事な息子を二人を失わせた」と、言います。

袁春望の狙いはまさに、そこよね。皇后は皇后で、この事態は自分に疑いの目が向けられる訳で、体調がさらに悪化。だけど、袁春望は、他にも、皇后が疑われる様な事をしているし、一体何を考えているのかわからないわ。

南巡に、皇后が行かないと、紫禁城に残る皇子らが危ないため、瓔珞は、なんとしても、皇后に南巡に参加させようとします。


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ

2021/4/27  20:47 | 投稿者: いい加減人

第四皇子は、皇后が育てた嘉妃の子かしらね。

第四皇子が、皇后に会いに行くと「具合が悪い」と、断られ、一度は出たものの、もう一度戻ると、他の皇子がいた事に、第四皇子は、嫉妬と、不安を感じます。

けど、これ袁春望の策略なんだけど。

第四皇子は第五皇子への嫉妬心もあり、おつきの太監を武備庫へ。これを別の太監が確認し、袁春望に報告をします。

銃の演習で、第五皇子は、乾隆帝の前で撃って見せます。すると、事故で、第五皇子は、怪我をしてしまいます。

瓔珞ですから、これがただの事故では無いと感じ、第五皇子のお見舞いもせず、演習場へ。瓔珞に事故だと説明をする傅恒ですが、瓔珞の話から、ただの事故じゃないと、思い始めます。ちなみに、傅恒が「瓔珞」と、言うので、瓔珞は睨み、傅恒は「令貴妃」と、呼び直しました。傅恒としては、寂しいでしょうけど、様々な事から、やはり、令貴妃と呼ぶのが無難でしょう。

意識がないと思われた第五皇子ですが、瓔珞が声をかけると、目を開けます。この辺も、ふたりの息がぴったりですね。優秀な第五皇子ですが、足の怪我が治らないとなると、後継者からは脱落になるので、嘆きます。

乾隆帝もお気に入りの第五皇子の怪我は、衝撃で、何がなんでも治そうと思った様で、西洋の医師さえも集める様、命令を出します。

第四皇子は、屋敷に帰れず、紫禁城に閉じ込められているので、自分に疑いがくる事を、恐れます。


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ

2021/4/26  21:10 | 投稿者: いい加減人

冒頭は、前回のちょこっと続き。延禧宮の前で、跪いている袁春望に、皇后は「私を憎んでる?。これから、紫禁城は平穏に暮らせる」と、言います。倒れる袁春望。

で、なんか、10年経ったって感じなのかな?皇子がたくさんいて、誰が誰だか、わかりません。誰が、誰の子はわかりません。第○皇子とか言ってるから、わからないし。みんな永の字がついているから、わからないし・・・。出てきてないけど、話の感じだと、皇太后は、ご健在の様ですね。傅恒は出てきました。

ただ、皇后は、自分の老いに我慢できない感じの様ですね。もしかしたら、更年期障害かな?侍医は「精神的なもの」と、言っていたけど。まぁ、それも、あるでしょうね。

一応は、休戦中の瓔珞は、いまだ衰え知らず。皇后とは年齢が違うはずだから、ある程度は仕方ないとは思うのですが、それが、皇后の悩みと言うのは、後宮と言う特殊な場所だと言うことでしょうね。

多分ですが、愉妃の皇子は、ちゃんと、瓔珞を、お義母として、敬っている様ですね。ただ、瓔珞としては、真面目なこの皇子から説教をされる様で、自由奔放の彼女からすると、それが、鬱陶しい様です。だから、皇子が来ると、衣装箱(?)の中に瓔珞は入って隠れるんだけど。

その後来た乾隆帝は、瓔珞が中に入っていると予測した上で、わざわざ。その上で、皇子と囲碁をします。ふたりがもう一局やろうとするので、瓔珞は窒息しそうだと、自ら、箱から出てきます。なんか、この辺の場面でも、あの、音楽がかかっていたな。

袁春望は、皇后を心配してなのか、何か企んでいるのか、皇后と、弘昼をけしかけ、第十二皇子を帝位につけようと、けしかけます。ただ、皇后は、瓔珞との約束は守りたいのよね。自分の皇子を守りたいのもあるでしょうけど。


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ

2021/4/23  19:52 | 投稿者: いい加減人

桶(桶ってより樽って感じ)を開けてみると、出てきたのでは、盗人太監。この時点で、順嬪は、想定外。「お前は誰だ」と、乾隆帝。「私の主に、入れと言われました。私の主人は令妃です」と、言います。乾隆帝「令妃を呼べ」と、言い「ここにいます」と、瓔珞が出てきます。え?具合悪いのに、良く瓔珞出て来られたわね。

傅恒がやってきます。順嬪は「傅恒殿は待っていたはず」と、言いますが、他の人が「からの馬車だけがありました」と、言います。傅恒は「何かあるはずと思い、陛下にも言おうとしましたが、証拠なく、寵妃のことを言うことはできませんでした」と、言います。

「二度も、令妃のことを裏切るのね」と、傅恒に言う、順嬪。乾隆帝、実は、海蘭察に順嬪のことを調べてもらっていたのです。順嬪は既婚の上、子供までいたのです。瓔珞が「どうやって検査を通ったの?」と聞くと「擦り抜ける方法はいくらでもある」と、順嬪。

順嬪は命の恩人と傅恒の事を言っていましたが、入内したくなくて死のうとしたのに、助けられたため、憎んでいたのです。抜いたかんざしで、乾隆帝を刺そうとする順嬪。しかし、傅恒が立ちはだかり、傅恒が怪我をします。乾隆帝は、順嬪を麗景軒に監禁する様命じます。

乾隆帝に私を試したであろうと、話す瓔珞。否定する乾隆帝に、瓔珞は「怖くて、桶を開けられないのを見ていましたよ」と、言います。乾隆帝は、瓔珞の手の上で転がされているのですから、無駄な抵抗は、おやめなさい

騙されたと知った皇太后は瓔珞に激怒。乾隆帝も現れ、自分も乗ったことを話します。謝る瓔珞は倒れます。葉天士が診察すると、瓔珞はおめでたでした。皇太后は瓔珞を許す気はありませんが、瓔珞が懐妊した以上、もう何も言いませんでした。

麗景軒を訪れた瓔珞は、順嬪に「狂った振りして、生きながらえたわね」と、言います。順嬪は、子供を人質に取られ、美貌を利用して、入内させられそうになって、母を追った子供が亡くなり、死のうとした境遇を話します。帰り際瓔珞は「夫の事を聴いてなかったわね」と、言います。

すると、順嬪は「夫なんていない。美貌が有っても幸せとは限らない」と、言います。辱めを受けたと言うことでしょうか?順嬪には、同情の余地あれど、善人を陥れる理由にはなりません。まして、傅恒は、富察皇后の弟にして、乾隆帝の腹心。一度は死のうとした人で無いと、危険度高くて陥れるなんてできませんね。

瓔珞に、おかゆしか与えなかった袁春望は、杖刑に。

瓔珞が皇后になろうとするのでは無いかと、牽制する皇后。瓔珞は「私に野心はありません。安寧であればいいのです。遠回しに言わず休戦でしょう?」と、言います。認める皇后に、瓔珞は「条件があります。後宮が安泰、平和であること。子供にを出さないこと」と、言います。

「子供とは、令妃の?」と、聞く皇后。瓔珞は「子供、全部です」と、言います。皇后にとっても悪く無い条件でしょうね。その条件を飲みます。皇后も馬鹿じゃ無いんだから、自分から仕掛けさえしなければ、瓔珞が自分に刃を向けないことは、わかりきっていますからね。心理戦は疲れますから、角突き合わせるのを止めるのが、お互いに得策でしょうね。


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ

2021/4/22  14:57 | 投稿者: いい加減人

この話の中で、初めて、順嬪がいらっとする人だわ。

順嬪は、傅恒の傷をえぐり瓔珞との駆け落ちを勧めます。順嬪を“扉どん”する傅恒。怒っている傅恒だけど、顔がどあっぷで、よかったわぁ〜。話の内容なんかどうでも良いわ。

寵愛を失い、衰弱し、水を欲しがる瓔珞に、盗人太監が渋々持ってくると、突然、袁春望が現れ、阻まれます。

弱っている瓔珞に、警備が手薄になる日まで教えて、傅恒との駆け落ちを唆す順嬪。

水をかけられ、乾隆帝の前で起こされる海蘭察。さすがに、海蘭察としても、明玉の死は傷心の様で、やけ酒飲んで、宿直なのに、寝ていた様です。「無骨者で何も知らない私が、ここまで失意になるのは、初めてで」と、海蘭察。そんな海蘭察だから、明玉は好きになったのよ。

乾隆帝は、海蘭察に、戦さ場での仕事を与えたのでした。乾隆帝は「そんなんでは、明玉に馬鹿にされるぞ」と。いいこと言う乾隆帝。

傅恒が、乾隆帝に拝謁すると、順嬪が現れ「令妃は心を決めた様よ」と、耳飾りを見せます。

乾隆帝に拝謁した傅恒は、本当に言いたいことが何かあるのに、言わず、戦況だけを伝えて、出て行きます。乾隆帝は、海蘭察に「傅恒の記憶力は?」と、聞きます。「抜群です」と、答える海蘭察。乾隆帝は「傅恒は、昨日の奏上を持ってくるのを忘れた」と、言います。傅恒の様子がおかしいことに、乾隆帝は気づいているんですね。

善人ぶって、乾隆帝に、傅恒と、瓔珞の駆け落ちを教える順嬪。


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ

2021/4/21  18:15 | 投稿者: いい加減人

策士、順嬪。

順嬪は、傅恒に「令妃が失踪したの」と、言います。

瓔珞は、富察皇后が祀られている場所にいました。瓔珞は傅恒に「私は富察皇后に、お嫁にで行くのを見送ると言われた。しかし、私はそれが、叶わなかった。明玉にそれをさせようとしてしまった」と、号泣します。やってきた乾隆帝は、二人の後ろ姿を見て、立ち去ります。

余談ですが、傅恒が「富察皇后が亡くなり、明玉も亡くなった」って、爾晴の名前は出てこないのね。

瓔珞はそこから出ていく際にふと傅恒に「どうして、私がここにいるってわかったの?」と、聞きます。「順嬪に令妃が失踪したと聞かされたんだ。いるとしたらここだろうと、思った」と、傅恒。明玉の死に悲しみに打ちひしがれながらも、聡明な瓔珞ですから、順嬪の策だと、気づいた様ですね。

順嬪から明玉へ贈られた祝儀を見た瓔珞は、明玉は順嬪に唆されて死んだことを、悟り、順嬪の元へ。順嬪は「令妃。なんで、そこまで?たかが奴婢でしょう?明玉は嫁いでも、そんなに生きられない」と、言い、明玉に贈ったはさみを手にとります。

瓔珞と揉み合いになると、そのはさみで、自分を刺す順嬪。そこに、皇太后が現れ、瓔珞は順嬪をさしたと濡れ衣を着せられます。

皇后が、順嬪のお見舞いをしていると、乾隆帝が現れます。乾隆帝は瓔珞の処罰をどうするかを、順嬪に聞きます。皇后は順嬪に言い様されては困る思惑もあるでしょう「令妃は、これまでの功績がある。謹慎がいいのでは?」と、言います。謹慎になる瓔珞。


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ

2021/4/20  19:14 | 投稿者: いい加減人

自分の具合が悪い事を「誰にも言わないで」と、順嬪に話す明玉。順嬪も「言わない方が良い」と、言います。

明玉の事情を知らない瓔珞は、明玉のために、花嫁支度をします。「ずっとここにいる」と、明玉。

順嬪たらやーね。皇太后に、瓔珞はいやいや、血の写経をやってるとか、嘘吹き込んでいるのね。順嬪は、皇太后と、瓔珞を離間させる作戦かしら?

順嬪は、明玉に祝儀の品として、はさみを贈ります。

傅恒が爾晴の子供を連れて、紫禁城にやってきます。子供、爾晴に似て、生意気だ事。ちょうど、そこに、順嬪がやってきて、手巾を落として見せる順嬪。その刺繍が、瓔珞からもらった香り袋と同じで、反応する傅恒。

結婚間近だと言うのに、つれない態度の明玉に、困る海蘭察。

海蘭察が、宿直室に入ると、傅恒がいて、傅恒は、家が都から遠い海蘭察のために、都の家を贈ってくれました。

傅恒は、順嬪に会うと、手巾の刺繍について聞きます。「令嬪のを真似たんです」と、順嬪。順嬪は「傅恒殿に助けられた事があります」と、言います。傅恒の回想・・・人助けをした時、瓔珞からの香り袋を落とし、慌てて拾っていたのでした。

明玉に花嫁衣装を着てもらい、満足げな瓔珞。明玉は、花嫁衣装を着たまま、ひとり順嬪に贈られたはさみを見ています。

明玉は、はさみを胸に刺し、亡くなります。

乾隆帝と海蘭察は、葉天士から、明玉の銀針の話を聞かされます。


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ




AutoPage最新お知らせ