ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2021/4/15  20:55 | 投稿者: いい加減人

建設会社で営業のジュンロンは、ビルを新築する大家を説得するために、まず家族を説得したようですね。大家は、仕方無しに売る決意をしたような感じでした。よくやったと、ジョンロンは、上司からも褒められ、部長への昇進の話も持ち上がります。飲めないのに、ジュンロンは飲んだようで、トイレの個室でリバース。

そこに、上司には家族から電話が来て「子供が具合悪いぐらいで、電話をするな」と、言っているのがジュンロンは聞こえてきました。

その後、ジュンロンはタクシーに乗っていると、結婚写真を籠に入れ、バイクに乗る大家を見かけ、追います。大家は「全てを手に入れても、幸せじゃない」と、言います。ジュンロンは、大家が頭身自殺をしようとしているのだと、勘違いし、助けようと、海にドボン。自分が、大家に助けられます。

こうして、ジュンロンは30にして、会社をやめて、ジンダーのよろず屋をやる事に。

ジンダーは峠を越えたと、病院から連絡がきて、お見舞いに行くジュンロンですが、まだ、意識は戻りません。

余談ですが、ジュンロンのスマホはiPhoneだわね。

あと、気になったんだけど、ジュンロンの部屋かな?に貼ってあるポスターは松たか子?

幼なじみのリャンジンかな?ジュンロンに名刺を渡す時「よろしくお願いします」って、日本語で言ってたな。


人気ブログランキング




0
タグ: 台湾ドラマ

2021/4/1  20:54 | 投稿者: いい加減人

ヤン・ジュンロン役:デレック・チャン 『年下のオトコMy Dear Boy』
上司役:張克帆 『泡沫うたかたの夏 Summer's Desire』

主役の俳優さんが、以前の作品とは違う雰囲気です。

中華圏では、ノスタルジックなのが、流行っているのでしょうか?

こちらも回想があります。と、言うより、主人公ジュンロンの祖父の、若い時なんですね。ただ、第1話では、そうですが、この先、例えば、ジュンロンの子供の時とか、そう言うのも出てくるのでしょうか?

台北で、建設会社に勤める30歳の青年、ジュンロンは、祖父ジンダーが倒れたと聞いて、帰郷します。祖父のよろず屋を畳もうととするジュンロン。

祖父、ジンダーは若い時、高嶺の花インユェイと、駆け落ち。インユェイは、お嬢様の様ですね。それと、すでに、インユェイは妊娠してたんですね。「よろず屋をやりたい。そうすれば、お店をやりながら子供も見られる」と、インユェイは、ジンダーに言います。生活費のため、夢のために、母の形見のネックレスを質に入れるインユェイ。

ある時、電球をしっかりしめようと、インユェイは台に乗ります。それが、終わると、虫に驚いたインユェイは、落ちてしまいます。町医者には「子供は諦めるしかない。母体も病院に行ったほうがいい。病院はお金がかかるから、多めに持って行ったほうが良い」と、ジンダーは言われます。

インユェイの父は、有名な医者のよう。現実が立ちはだかったジンダーは、インユェイが嫌がっても、彼女を彼女の実家で診てもらうしか有りませんでした。もしかして、これで、二人、別れる事になるのかな?


人気ブログランキング




0
タグ: 台湾ドラマ




AutoPage最新お知らせ