2005/10/7

だるまの絵  

今日で三度目の正直だが
途中で変な所をクリックしたりしないで
今日こそちゃんとUPできますように。

さて、先日だるまの絵について質問を受けた。
このだるまを描こうと思ったのは
私がしゃべっては差し障りがある言葉でも
だるまにしゃべらせればいいなと思ったことに始まる。
しかしながら手も足もないだるまさんなので
顔の表情だけで表現するのは私の技量ではおぼつかないが
ここに来てくださる皆さんのやさしい気持ちに甘えて
あつかましくUPしている。
クリックすると元のサイズで表示します

優柔不断な私のだるまは↑のように根性なしだったり
↓のように変に突っ張っていたりする。
クリックすると元のサイズで表示します

ついつい、いろんな言葉をしゃべらせたくて
一気に何枚も描いてしまったが
Blogに出番も来ず、誰かに送りもならずで
私のファイルに収まって登場を待っているだるまがまだかなりある。

さてさて、肝心のご質問の描き方であるが
ワイルドな線を引きたくて
使い古してパサパサになった筆を使っている。
まず外側の輪郭をかき、次に顔の輪郭を描く。
髭は割筆にしてかき、さらに水分のなくなった筆で
周囲に加筆する。最後に顔彩で色をつけている。
どのだるまも先に言葉があって
言葉に合わせて顔の表情を作っている。

さて!明日からは連休ですが
皆さんはどんなご予定でしょうか。
いいお天気になるといいのですが・・・
クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ