2006/3/1

ケアハウスその2  

ケアハウスに入居されているT子さんは
ご主人が戦死されて23歳で未亡人になられた。
その後再婚された相手も10年間連れ添って
お亡くなりになたっとか・・・・・
それから3人のお子さんを一人で育てられたそうだ。

オリンピックで金メダルを取る人生もあり・・・
T子さんのような人生もある。
クリックすると元のサイズで表示します

お辞儀した猫の置き物を描いてみた。
むずかしいよ〜〜〜〜〜
0

2006/3/1

ケアハウス  

クリックすると元のサイズで表示します
2月のケアハウスはお雛さまをやった。
準備にちょっと時間がかかったけれど
色を塗ってから立てて飾れるようにした。
絵手紙というよりはクラフトの教室みたいだけれど
絵を描けなくなった人が多いので
筆を持って色をつければよしとしている。

いろいろ指図をしてふっとKさんの手元を見れば
顔は顔、着物は着物と別々に塗っているんだけれど
ぜぇ〜んぶ大好きなオレンジ一色で塗っている。
外人さんのように見えなくもない。
・・で「このお雛さまジョンとメアリーという名前かもしれない」
などどおどけたコメントをした。

次にとなりのNさんを見れば
お姫さまの顔を真っ赤な色に塗っている。
じゃあ、お殿様はどんな色になるんだろうと思っていると
これが青い顔で、まるで節分の鬼のよう。
さてどんなコメントをしたものかと迷っていると
若い職員さんが来て言った。
「まあ!このお雛様酔っぱらってる〜!
お殿様はもう飲みすぎよぉ〜〜〜」

一緒にボランティアに行って下さった人は
今回が2回目なので
「摩訶不思議な世界を垣間見たような気がする」・・・と。
ソーダローナァー・・・・・・・・・



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ