2006/4/7

平岩弓枝さんの本  

クリックすると元のサイズで表示します
今回は表紙の絵で本を選んでしまった。
桜の絵が丁度今の時期にふさわしく思えたので。
一人の女性の生涯を桜の花の24時間にたとえて書いてあって
期待を裏切らない1冊でした。
小説だから作者の空想ではあるものの、主人公はあまりに波乱に満ちた一生で、私の人生なんてちょろいちょろい、もっと頑張って生きなければと、本から元気を貰った気がする。
クリックすると元のサイズで表示します
今日届いた小型印は、またむつみさんから。
近畿の花と言うふるさと切手が発売された記念らしい。


クリックすると元のサイズで表示します

絵手紙は、スパッタリングと消しゴム印を組み合わせて。
桜の印の位置を逆にすればよかったね。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ