2006/6/12

夕刊の楽しみ  

クリックすると元のサイズで表示します

夕刊に堀切和雅さんという方のエッセイが載っていて
読むのがとても楽しみだったが
9日で終了してしまった。
ミトコンドリア病のお嬢さんとの日々を綴ったもので
命とか生きるとか愛ということについて
とても考えさせられるエッセイだった。
本にまとめられたら買って再読したいと思う。
「歩くように・話すように・響くように」というタイトルでした。
その時は皆さんも是非読んでみて下さい。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ