2006/10/8

元気村  お出かけ

クリックすると元のサイズで表示します

「旭高原、元気村に行こう」と朝夫に言われたとき
それが岐阜県に近い高原だという事をすっかり忘れていた。

10月とはいえ家では半袖で十分過ごせるし
暑がりの私は季節の先取りが苦手ときている。
さらに「ピンクの京子さん」を自認する私は
秋らしい色の洋服もない。
考えた末半袖のTシャツの上に
綿のブラウスをはおって出かけた。

夫が近道と称して走ったのは
まるで熊が出没するような道で
風にあおられてワラワラと木の葉が舞い落ち
その風景を見て、着てくる洋服を間違ったと滅入ってきた。

はたせるかな、現地のスタッフはみなジャンパーを着ているし
遊びに来ている人もそれなりの格好で
私は見事に浮いてしまった。

夫がここに来たかった理由は
竹の楽器の演奏会があるという事を
テレビのニュースで知ったからで
夫はフォルクローレなどの演奏が聞きたかったらしい。
そういう演奏もあることはあったのだが
風邪も非常に強くて、屋外に座って聞くのは
忍耐のいる事のように思われて
演奏を聴かないで帰ってきてしまった。

今日は「旭 元気もり森祭」という事で
いろんなイベントが行われていて、
いい香りが漂ってくると思ったら
5メートルのバームクーヘンに挑戦ということで
みんな真剣な顔で頑張っていましたよ。
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ