2007/3/23

読書  絵手紙

クリックすると元のサイズで表示します

最近、更新やレスが遅れ気味でごめんなさい。
しいて理由をあげるなら本を読んでいることかな?

19日に娘が本を売りに行くと言った。
安くて本が手に入れられるかも?と、のこのこついて行って
平岩弓枝さんの本を2冊買ってきた。(2冊で210円)
どちらも推理小説で、読み始めたら止まらない。
それぞれを一日で読破して、
まだ何か読みたいと思っていたところへ
夫が白洲次郎と白洲正子の本を買ってきた。

これは先日近江八幡に行った時
夫が「白洲正子が近江が素晴らしいと言っていたので
一度本を読んでみないとね」と言っていたのを
実行しようとしたものだ。

それで夫より先に私が読み始めて、
並行して2冊読んでいる。
え?そんなに難しく考えないでください。
居間で休憩するときは次郎さんのほうを
寝る前に布団の中で正子さんのほうをという具合です。
自伝とか伝記なのでどちらをどこまで読んでもいいし、
のめりこむというほどではありません。
このような人生を歩んだ人もいるんだという
私たちとは全く違う社会のお話に
興味しんしんで読んでいるところです。

絵手紙は梱包などに使うプチプチのついたビニールに
顔彩をつけてポンポン押したもの。
先日ケアハウスでやったら、ある男性の作品が
御木幽石さんの作品によく似ていて面白かったので
反対に私がそのまねをしてみた。
でも仕上がった作品はもって非なるものですね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ