2008/4/11

山菜  絵手紙

クリックすると元のサイズで表示します

春の山菜が店頭に並ぶようになってきた。
香りの良いウドを見つけて思わず手を出しかけてやめた。
なぜなら夫をはじめ家族があまり喜ばないから・・

夫と私の育った環境の違いを感じるのはこういう時で
私は食べるのもさることながら
蕨狩りをしたい、セリを摘みたいと、採取も楽しみたい。
でも夫と春の野山を散策しても、夫はとんと関心がない。

一方、関西で春の味覚とされるいかなごだが
私はくぎ煮はともかく、蒸したものはそう好きではない。
夫にこれを出すと「おっ!!」と相好を崩し
「熱燗にして!」と注文が出る。

そう、夫は海のそばで、私は山の中で育ちました。
クリックすると元のサイズで表示します

新入社員を見かけることはほとんどありませんが
真新しい制服を着た一年生はよく見かけます。
ういういしくていいですね。
エールを送ります。
転んだって心配することはないんだよ。
寝ころんだら空がとっても広く見えるもの。
視点を変えて頑張りましょう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ