2008/5/13

言葉づかい  絵手紙

クリックすると元のサイズで表示します

上げ足を取るつもりはないけれど
大河ドラマを見るたびに首をかしげる。

こういうものは昔の扮装をした
現代劇だと思うことにしているから
篤姫が傍若無人な振る舞いをしたり
若い男女が二人きりで碁をさしたりするのは
ドラマを面白くするためだと思いたい。

だけど、篤姫が江戸城大奥に初めて入って
「すごいのう」という感想を漏らしたのは
おかしくないだろうか・・・・
年よりが篤姫に向かって
「本日はご苦労さまでございました」というのは
間違っているのではないだろうか・・・

それに原作とはずいぶんかけ離れた展開になっているのに
原作者はどう思っているのだろうか。
ドラマとして楽しめるように脚本を書いているのだから
これでいいのだろうか。

そんな突っ込みを入れながらも
ペルーがやってきたころの人々の動揺を想像したりして
結構楽しく毎回見ている。

絵手紙はモチーフがなかったので
ワニのお香立てを描きました。
ちょっと、でぶっちょになったので・・・・
0

2008/5/12

さいのおさん  絵手紙

クリックすると元のサイズで表示します

珍しい名前の方に会いました。
「さいのおさん」という方で「道祖尾」と書きます。
母の入所する施設のケアマネージャーさんですが
悲しいかな、なかなかその名前が覚えられなくて
相談に行くたび玄関の前で名前を復唱しました。

中学の同級生にこれはそのまま読む
「道祖」(どうそ)という苗字の人がいました。

音楽の時間、偕名で歌ってみましょうということで
(タイトルが思い出せないのですが)
「♪ドソミ・ドソミ・ファレファレファレファレ♪」
と歌うとき、ひょうきんな男の子が
「これは道祖君のテーマだ」といって
ドーソミのの時、皆一斉に道祖君を振り向いて見るのです。
「道祖 見!・道祖 見!」というわけです。

道祖尾さんのおかげで、懐かしいことを思い出しました。
0

2008/5/11

殺し文句  絵手紙

クリックすると元のサイズで表示します

乳飲料のセールスマンが来た。
試供品を何種類か持参していて
「これはコラーゲン入りだから美容にいいです」
「こちらは関節痛などの人に良いです」
「これは・・・・」と説明を聞いていると
ターゲットは私たちのような年齢で
美容も関節痛もついひかれてしまう殺し文句ではないか・・

昔は、子供の成長のためにと買って飲ませたけれど
最近はもっと上の年齢層を狙うようだ。

連休の前だったので
試供品は「いりません」と断ったのだが
「無料ですから」と強引に置いて行った。

さて、その空きビンを引き取りに来た時
まだそのまま冷蔵庫にあった。

「賞味期限が・・・」と言われて見てみると
おぉ〜〜かなり過ぎておりましたぞよ。

絵手紙は誕生日のお友達に送りました。
0

2008/5/10

つつじ三昧  絵手紙

もうつつじの季節は終わってしまいましたが
連休前につつじの花で遊んだものをUPします。

これはノーマルに筆で描きました。
クリックすると元のサイズで表示します


これも筆ですが薄墨を使いました。
クリックすると元のサイズで表示します


庭に生えている竹の切り口を斜めにしたもので描きました。
クリックすると元のサイズで表示します


PI○MAの2ミリペンを使いました。
クリックすると元のサイズで表示します


竹ひごで
クリックすると元のサイズで表示します


割り箸をそのままで
クリックすると元のサイズで表示します


割り箸を折ってその切り口で
クリックすると元のサイズで表示します


タオル筆で
クリックすると元のサイズで表示します

私の気まぐれにお付き合いくださって
ありがとうございました。
0

2008/5/9

ちゅらこ  絵手紙

クリックすると元のサイズで表示します

それぞれの家庭のなかで、ベースになっている話し言葉は
なんだろうと考えることがある。

ご夫婦ともに九州の出身の友達は、
長くこちらに住んでいるのに
いまだに九州弁のアクセントが残る。

だけど夫婦のどちらかが他県の出身者の場合は
あまり訛りが残っていない。

我が家は・・?
私は岡山県の出身であるものの
独身時代大阪で働いていた。
夫は兵庫県出身なので、家庭での言葉のベースは
おおむね関西弁で、かなりの部分はこちらの言葉が入る。

いとこ夫婦の場合、30年以上もこちらで暮らしていながら
同郷で育ったので、夫婦の会話はほとんど岡山弁だ。
「きょうさめえ」とか「どひょうしない」「ちいたあ」「いけん」
「だちや」「ひいさ」「さばりつく」「もぶる」「やんちゃご」など
ポンポンと飛び出してくる。

先日「冬に帰省した時、ちゅらこができた」と言われて
「ちゅらこって何?」と聞き返した。
すっかり忘れていた・・・

冬、雪が積もっている時に、雨が降ったり
昼間良いお天気で雪の表面が融けて
夜間がグーーーっと冷え込んだとき
雪の表面が凍ってしまう。
そうすると翌朝は雪の表面が歩けるようになる
それをちゅらこと言うそうだ。

呼び方は忘れてしまっていたけれど
子供の時、このちゅらこの朝は嬉しかった。

学校へ行く時は大人に雪をかき分けてもらい
道を作って先導してもらうのだけれど
この日だけはそんな心配もなしに好きな場所を歩けて
最短距離をツルツル滑りながら学校へ行けた。

太陽が高く上がってしまうと融けて
ズボズボはまってしまうから
つかの間の楽しい時間だった。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/5/8

せっかく一人になったのだから・・  絵手紙

クリックすると元のサイズで表示します

お久しぶりです。
母の顔を見に実家へ行って来ました。
実家は岡山県の蒜山ですが、桜が満開でした。
寒いとは思っていたものの
6日の朝には霜が降りてびっくりしました。
その日の道の駅には「今朝の霜でやられました」と
譜箋がつけられて、葉の先がチリチリになった
ウドなどが並べられていましたよ。

その帰省中にいとこのおじ様が亡くなられました。

数年前のお祭りの日、
このお家におよばれしたことがあります。
私たちは初対面だったのですが
何の違和感もなく受け入れてくださり
その親戚の方々に交じってごちそうをいただきました。
長男が「まるでダーツの旅のようだ」と大喜びしました。

そういう温かい方だったので
夫婦の仲も推して知るべしなのですが
周囲の人が奥様を慰めようとすると
「せっかく一人になったので、未亡人を楽しんで生きるよ」と
かえって周りの人を気遣って笑わせられたそうです。
               合掌
0

2008/5/2

お休みします  絵手紙

クリックすると元のサイズで表示します

暖かくなると私は働き者になる・・・・・・・・・・・・・・と思う
(ほんとに働き者の方からは「その程度で!」と言われそうなので・・・)
冬は寒くて動けない。
いつまでも炬燵でグズグズと新聞を読んでいたりする。

明るい春の日差しが家の中に差し込むと
あちこちの汚れが目立って掃除をやる気が起きてくる。

昨日は予定がないしお天気も上々で家の掃除に励んだ。
水仕事も苦にならなくなったので
お風呂の壁タイルも念入りに洗った。

おりから五十肩の私は
雑巾が絞りにくいな・・・高いところが拭きにくいな・・・
そう思いつつ「リハビリ、リハビリ」と思いながらやった。

さて夜、布団に入ってから痛むこと痛むこと・・・
夜中に痛くなるんですね〜〜〜
昼間は、今だってキーを打ちながらなんともないんですよ。
不思議ですね五十肩って・・・

いろんな人に聞くと「知らない間に治ってた」ですって。
私の知らない間はいつ来るんでしょうね?
クリックすると元のサイズで表示します

昨年紙粘土で金太郎人形を作ったことを忘れていました。
ふと思い出してやっと一枚絵手紙にしましたよ。
アハハ・・・この形にしか作れなかったんです
お地蔵さまにも兜をかぶせてあげましたよ。

さて、明日から一週間ほど
更新をお休みさせていただきます。
皆様、良い連休をお過ごしくださいませ
0

2008/5/1

アザレア  絵手紙

クリックすると元のサイズで表示します

昨日に引き続いて白抜き文字の作品です。
これは顔彩を使いました。
全色を試したことはないのですが
濃い色ほど文字が綺麗に浮いて出るかというと
そうでもないようです。
モチーフはアザレアです。

泉佐野では素晴らしい方たちと新たな親交を結び
今まで交流していた方たちからも
気がつかなかった良いところを発見しました。
それらの方たちから学びとって
少しでも自分を向上させたいと思っています。
クリックすると元のサイズで表示します

↑これは薄墨で徳利を描いて
乾ききらないうちに顔彩で模様を描き入れたかったのですが
ちょっと失敗です。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ