2008/9/12

読書  絵手紙

クリックすると元のサイズで表示します

久しぶりに小説を読んだ。
林真理子の「みんなの秘密」

短編集かなと思って読み始めたのだが
12話がリレー形式になっていて
1話目で脇役だった男性が2話目では主人公となり
2話目で相手役の女性が3話目ではヒロインとなる。
(解説の藤田宣永さんの文を拝借)

では、夏木静子の推理小説のように
最後に何らかの形でこの話が関連して来るのかと
一気に最後まで読んだけれど
一人の主人公は一回きりしか出てこない。
クリックすると元のサイズで表示します

見事にバトンタッチされているが
微妙に関連しているという、こんな小説は初めて読んだ。

次に読み始めたのは「山本一力」…おもしろそう
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ