2008/9/21

ナンシー関・大ハンコ展  お出かけ

クリックすると元のサイズで表示します

名古屋パルコで「ナンシー関・大ハンコ展」を見て来ました。

5000個以上の作品をすべて展示して
アトリエも再現してありました。
小さなものは、鉛筆の上についてる消しゴムに彫った
鉄腕アトムから大はジャイアント馬場のものまで。
私が知っている一番大きな消しゴムは
はがき大のものですが、これはもっと大きかったです。
クリックすると元のサイズで表示します

大部分はコラム用の5p角位が占めていたように思います。
細い線も迷いなくスーーっと彫ってあるし
余白の部分が芸術的にきれいでした。
クリックすると元のサイズで表示します

似顔絵も上手でなければいけないし、
それをうまく彫らないと似ないわけだから
すごいというほかありません。
さらに文章を書くのもうまかったわけですから
すべてが天性のものだと思いました。

今、生きていたら彫りまくっているでしょうね。
(報告を待ってくださっていた方この程度でよろしいでしょうか(笑)

ずっと週刊文春を読み続けていますから
彼女が生きていたころはエッセイを
ハンコに添えられた短い言葉に
ニンマリしながら読んでいました。
でも、夫は同じ本を読みながら全く知らないんですって。
私がパルコにいる間、夫は右側にある
松坂屋で待っていてくれました。

ところで、パルコに私のようなおばさんが入るのは
ちょっと勇気がいりますね。
ギャラリーが8階だったので乗ったエレベーターに
3組のベビーカーを押した若夫婦が乗り合わせましたが
「え〜〜〜!!この人たちがパパとママぁ?!」
という、ナウいファッションなんです。
もちろんベビーカーに乗せられた赤ちゃんも。

それにつけても、街の雑踏の中を歩くのって
どうしてこんなに疲れるんでしょう・・・・・・・・
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ