2008/9/28

コーヒーメーカー  絵手紙

クリックすると元のサイズで表示します

一度にたくさんの量を入れることができる
コーヒーメーカーが欲しくて買い換えた。

以前使っていたものに比べて
良いところも悪いところもあるけれど
良い点の一番目は
入れ終わったら自動的にスイッチが切れること。

コーヒーを魔法瓶で受けるようになっているので
保温のためのヒーターが必要ないからだ。

今までのもは何度かスイッチを切り忘れたことがあって
悔しい思いをしたり、出先で心配になったりした。

ところが今日、この魔法瓶がわざわいして
コーヒーをカップに注ごうとしたらただのお湯が出てきた。

何のことはない、これは私の不注意で
コーヒーの粉を入れ忘れて
スイッチを押しただけの話なのだが
今までの透明耐熱ガラスの容器なら
途中で気がついてスイッチをとめることができたんですがね。

自分自身の脳みそを買い替えることはできないようです。
クリックすると元のサイズで表示します

これは昨日畳職人のブースで買ってきました。
作った人の思惑では、壁にかけてドライフラワーを入れたり
状差しにしたりということのようですが
私は絵手紙を飾ったり
横にして置いて人形を段違いに飾ったりできないかなと
思って買いました。

ま、一番の決定打は、いちばん長いところで
27センチという大きさに対して
たったの100円という値段の安さでした。
「安い」という言葉には弱いです
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ