2009/1/15

氏神様  絵手紙

クリックすると元のサイズで表示します

一月ももう半ばになりました。
お正月には初詣に行かれた方も多いのではと思います。

情報がちょっと古いのですが
昨年12月に桑名に行きました。
街を散策中、神社があったので参拝したんですよ。
クリックすると元のサイズで表示します

そこでは先に一人の男性が参拝されていて
その方の参拝の仕方を見て
私たちはびっくり仰天しました。

普通、神社の参拝は2礼2拍手1拝と聞かせてもらいます。
ところがその方は柏手を四つ打たれました。
その方の参拝が終わるのを待って私たちは質問させてもらいました。
クリックすると元のサイズで表示します

「どうして柏手を四つ打たれたんですか」
その方が言われるには「いくつでもいいんですよ」
「柏手は神様を呼び出すものだから、いくつでもかまいません」

その後私たちはその方に習って
柏手を四つ叩いてその方がされたように参拝し
後ろを振り返りました。

驚いたことに、そこには先ほどの男性が待っていてくださって
次のようなお話をしてくださいました。

神様が人間を作られた時に神様の人間に対する思いがあった。
だから、神社にお参りする時には
自分がまだ神様の思いに添えるような人間でないことをまずお詫びするんです。
その後、こうして暮させてもらってることのお礼を言います。
お願い事があればそのあとに言います・・・と。

また、お参りするのは自分が生まれた場所の
氏神様が一番いいんですよ。
氏神様はずっとそこにいて、
その家の祖先のこと、自分が生まれてから今までのこと
ずっと見守ってよく知っていてくださるから
氏神様にお参りしてください・・と。

それから半月ほど後、私の実家に行ったとき
あちこちで用事をすますべく動いていると
偶然その店は氏神様のすぐ前でした。

参拝した氏神様は雪の中のたたずまいでした。
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ