2009/1/17

遊印アート展に行く  お出かけ

クリックすると元のサイズで表示します

遊印アート展に出かけてきました。
時節柄、これは笹木さんに届いた年賀状。
クリックすると元のサイズで表示します

そしてこちらが深澤先生の年賀状。
こういうのを見ると
「わぁ〜〜!こんなアイディアがあったんだ〜!」と
もう、頭の中は来年の年賀状に飛躍しています。
(オイオイ!歳をとるんだよ・・・・←影の声)
そして目を引くのが扇の作品。
クリックすると元のサイズで表示します

扇面に印を押されたものかと思ったら
先に紙に押して、気に入った場所を扇面に切り取って
作品に仕上げるのだそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

和布とハガキに押された印のコラボレーション。
A4くらいの大きさでした。
クリックすると元のサイズで表示します

もっと大きな布を使ったのがタペストリー。
布に印を押してから切り取って表装してあります。
クリックすると元のサイズで表示します

こちらは陶器。
印を押してから透明な釉薬をつけて焼いてあるそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

これは書とのコラボ。
クリックすると元のサイズで表示します

次は蝋字とのコラボ。
蝋字とは、溶かした蝋で文字などを描き
彩色したり印を押してから、アイロンで蝋を取るのだそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

これは印ではありませんが、陶板。
細かく彫ってあって綺麗でした。
クリックすると元のサイズで表示します

そしてなんといっても圧巻は
畳二畳分もあろうかと思われるタペストリー。
地模様があるので何で作ってあるのかと尋ねたら
壁紙だとか・・・
つるしても重さに耐えられるのだそう。
これはほんの一部分です。

以上駆け足での報告でしたが
最後に笹木さんから伝言を頼まれてきました。
案内のハガキに書くのを忘れたそうですが

月曜日は定休日だそうです。

これからお出かけになる予定の皆さん間違えないでね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ