2006/10/3

陶器祭り その2  お出かけ

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは駄知の画像。
ここの窯は女性が絵付けをされているそうで
絵柄がみな花で、ピンクが基調になっており
とても優しい雰囲気のものばかりだ。
こんな陶器を使って食事をしたりお茶をいただくと
ほっこりとして優しい気持ちになれる気がする。
お庭のみどりに囲まれてきれいに陳列してあった。
クリックすると元のサイズで表示します
窯めぐりの道端には彼岸花やコスモスが揺れて、里の秋が満喫できた。

ここ駄知で面白かったのは、袋に詰め放題で1000円のお店があった事。
スーパーのビニール袋を想像していただけばよい。
もちろんすべて半端ものだから
単品でも使用できるように、鉢物とか大き目のお皿を選んだ。
いっぱいにすると持てないくらい重かった。

帰宅して夫と数えてみたら大小あわせて39品あった。
これらはすべて佳世さんにいただいた沢山の冬瓜とともに
関西の友人知人に貰われていった。
楽しかったァ〜〜〜〜〜〜♪
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ