2006/10/20

写真  絵手紙

クリックすると元のサイズで表示します

絵手紙の作品展ではたいていOKだけれど
「撮影はご遠慮ください」というところもあるので
先日出かけた作品展でも一応たずねてみた。
講師の方は手が離せないようだったので
交流のきっかけとなったKanさんに聞いた。
「写真を写させてもらってもいいでしょうか」と。
こういう時たいていの人は
「ハイ、どうぞ、どうぞ」と応じてくださる。
が、Kanさんは違った。
「はい、どうぞ。光栄です」という返事だった。
始めて聞いた返事で印象に残った。

一度だけ誤解された事がある。
私の質問に「まあ!どうしましょう恥ずかしいわ・・」
と言われて、勘違いだと分かったので
「いえ、作品の方なんですけど」と答えたけど
勘違いに気がつかないふりをして
講師の顔を写してくれば良かったかな?
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ