2005/7/11

またファッションの話  

我が家の近くのスーパーに買い物に行ったとき
一人の女性から目が離せなくなってしまった。

私が少女と呼ばれたころ、お祭りの日などに頭につけてもらったような
白い大きなリボンの髪飾りが彼女の頭にあり
白い上着、あとはネックレス、スカート、靴、バッグにいたるまで
すべてが明るいピンク色だった。
お年のころは35〜40歳かなぁ・・・・・・

私もピンク色が好きで「ピンク色の京子さんよ」と
人にも言ったりしているけれど
その時の持ち物といえば携帯電話がピンク
あと化粧品を入れる小さなポーチと手帳の表紙がピンクなだけだ。
すべてバッグの中にあって他人からは見えない。

いやあ〜参りました!!
彼女は私を上回る「熱狂的桃色愛好者」なのに違いない!

クリックすると元のサイズで表示します

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ