2008/4/9

アクセント  絵手紙

クリックすると元のサイズで表示します

実家のほうの役所に電話をする用件ができた。

30年も住めば、こちらは尾張弁風の標準語。
あちらは、バリバリの岡山アクセントの標準語。

話していても間に何かが挟まっているようでもどかしい。
必要なことがちゃんと伝わっているのかどうか
疑問がわいてくる。

これがもっと親しい間柄なら
すぐさまこちらが岡山弁に戻って話ができるのに
なんだか苦笑してしまった。
クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ